Bさん(42歳)のプロフィール

職業:大手物流会社の正社員
年収:約500万円(夫も約500万円)
家族構成:夫44歳(自営業)

【住宅ローン】
審査を依頼した金融機関:3社(都市銀行1社、信託銀行1社、ネット銀行1社)
借りることができた金融機関:ネット銀行
頭金:700万円
借入金額:5200万円
金利タイプ:全期間固定型(フラット35)
返済額(月):14万円
返済年数:35年

【購入した住まいについて】
エリア:東京都新宿区→東京都新宿区
立地:最寄り駅から徒歩3分
購入した物件:新築分譲マンション
間取り/専有面積:3LDK・70m2
物件の名義:Bさんと夫の共有名義
購入価格:5900万円
購入した時期:2014年12月

モデルルームを見学して、新築分譲マンションを購入することに

銀行に断られてしまった
銀行に断られてしまった

大手物流会社で事務職に従事するBさん。37歳のときに結婚し、夫と2人で東京都新宿区内の1LDKの賃貸マンションで暮らしていました。最寄り駅から徒歩1分、買い物にも便利な場所にあったマンションでしたが、40m2と狭いうえに日当たりが悪く、冬は底冷えのする寒さだったといいます。
「なのに家賃は月14万円と高かったんです。周辺環境は気に入っていましたが、このマンションに住み続けるつもりはなく、いい物件があれば買って引っ越したいと思っていました」。

そんなある日、すぐ近くに新築分譲マンションが建つと知り、夫と一緒にモデルルームを見学。間取りがとても気に入り、3階南東にある3LDKを夫婦共有名義で購入することに決めました。それは2年前のことで当時Bさんは40歳、夫は42歳。
「年齢的にも今買わないと、住宅ローンを返していくのが難しくなるなと思ったんです」と話すBさん。購入価格5900万円に対して頭金500万円を用意し、残りの5400万円について住宅ローンを組もうと考えました。

会社の福利厚生で提携している都市銀行なのに、 審査に通らなかった…

Bさんは大手企業の勤続約20年の正社員なので、「住宅ローンの審査なんて簡単に通る」と考えていたのですが、夫自身は不安を感じていました。というのも、夫は士業事務所を構える自営業。当時はまだ開業して3年めと業歴が浅く、「審査のうえでマイナスになるのでは」とひそかに懸念していたのだそうです。

都市銀行に審査を依頼。ところがBさんの楽観的な予想に反し、予審の書類審査で落ちてしまいました。

その都市銀行を審査依頼先に選んだのには、こんな理由がありました。「私が勤める会社の福利厚生で、提携する銀行で住宅ローンを組むと金利が安くなるという制度があって、その提携銀行のなかから選んだ都市銀行だったのです」。
さらにBさんはこう続けます。「だから審査に落ちるわけはないと思っていたのに通らなかった…。審査結果通知書には、『住宅ローン融資ができる対象に該当しません』などと書いてあって、銀行って冷たいところだと思いました」。

通知書には、通らなかった理由も書かれていて、「夫が業歴の浅い自営業者だったこと」と記されていました。「自営業者だと直近5年の決算書の提出が必要だったのですが、当時、夫は開業3年目。それで開業して3年間の決算書を提出しましたが、開業初年度は顧客も少なく、収入がほとんどない状態でしたから不利ではありました。でも、私の勤め先の福利厚生で提携している銀行だからなんとかなるかなと思っていたのに落ちてしまって…。審査対策を考えないとやばいかもと思い始めました」。

自営業、業歴が短いという条件に加えて 過去のキャッシングが審査のマイナスに

都市銀行の審査に落ち、次に住宅ローン審査を申し込んだのは信託銀行。ここもまた、Bさんの勤務先の福利厚生で提携している銀行でした。

が、2社目の審査にも通りませんでした。1社目の都市銀行と同じく、夫が業歴の浅い自営業者であることが落ちた理由でしたが、加えてネックになったのは思いもよらぬ過去の出来事だったのです。
「その信託銀行からの審査結果通知書には審査に通せない理由として、夫にクレジットカードのキャッシング経験があったと書かれていました。夫に確認してみたら『キャッシングを利用したことはあるけど、そう高額ではないし、きちんと返済している』と。それなのに住宅ローン審査にマイナスの影響を与えるとは…。夫は『俺のせいで借りられないなんて』と落ち込んでいました」。

2社の審査に落ち、不動産会社のアドバイスで頭金を増額することに

銀行2社の審査に落ち、Bさん夫婦が頼ったのは購入予定の物件を仲介した不動産会社の担当者Cさんでした。次なる審査申し込み先としてCさんが提案したのはネット銀行のD銀行。「審査基準がゆるいのでおすすめです」と、Cさんはいうのです。
「D銀行の名前は知っていたけど、使ったことは一度もありません。でも、審査が通るのならどこでもいいと思ったので、D銀行に審査を申し込むことにしました」。

D銀行の審査対策として、Cさんの助言で見直したのは頭金の額。当初頭金500万円で考えていたのを貯金から工面して700万円に増額し、残りの5200万円について住宅ローンを組む計画に変更しました。

また、夫の仕事状況について話を聞いてくれたCさん。開業初年度の収入は少なかったものの、2年目からは顧客が増え続け、取引先企業の顧問料の形で定期収入が増えていると知り、こんな斬新なアドバイスをしてくれたのです。
「D銀行の審査に通るために、少しでも年収を増やす努力をしましょう」と。
それに対してBさん夫婦は「今からなにができるの?」と思ったそうですが、Cさんの話を聞いているうちに頑張ってみようと思うようになったといいます。

では、Cさんの考えた「年収を増やす努力」とはどんなことだったのでしょう?

次ページ→年収を増やすための自営業者ならではのある“秘策”とは