マイホームを夢見て、意気揚々と事前審査を申し込んだ住宅ローン。不動産会社からも「大丈夫ですよ」なんて言われて新居での新しい生活を夢見ていたら、肝心の審査に通らなかった・・・。こんなショッキングなできごとがあったら、どうしますか?

今回は、実際に審査に落ちたという体験をしながらも、結果的に乗り越えて住宅ローンを借りることができた300人に、審査に通らなかった理由や金融機関からどういう説明があったかを聞きました。キャッシング、車のローン、それとも勤続年数、年収? 一体何が問題となるのでしょうか。

関連記事
年収が低くても、自由業でも住宅ローン審査に通った方法とは【住宅ローン調査2】
審査に通らなかった人は、結局どの金融機関から借りた?【住宅ローン調査3】

そもそも住宅ローンの審査に落ちてしまいやすい条件はあるのでしょうか。実際に審査に通らなかった理由の上位を見ていきましょう。あなたはいくつ当てはまりますか?

 

1位 年収が少なかったから(30.0%)

 

2位 勤続年数が短かったから(22.0%)

 

3位 自営業だったから(10.0%)

 

4位 クレジットカードのキャッシング経験があったから(9.3%)

 

5位 年齢が若くなかったから(8.3%)

 

こちらは住宅ローンの審査に落ちた経験のある人に、思い当たることを聞いた結果です。

 

しかし「思い当たることはまったくない」という人も23.0%いました。心当たりがなくても審査に通らない人もいるようです。

 

クレジットカードのキャッシング。あなたは大丈夫?

クレジットカードのキャッシング。あなたは大丈夫?

 

5位以降はこちらの表をご覧ください。

順位 審査に落ちた理由  
1位 年収が少なかったから 30.0%
2位 勤続年数が短かったから 22.0%
3位 自営業だったから 10.0%
4位 クレジットカードのキャッシング経験があったから 9.3%
5位 年齢が若くなかったから 8.3%
6位 勤務している会社の規模が小さかったから 8.0%
7位 雇用形態が派遣社員やパート、アルバイト等だったから 7.7%
8位 不安定な職についていたから 6.7%
8位 車のローンを借りていたから 6.7%
10位 消費者金融からの借り入れ経験があったから 5.7%
10位 健康状態に不安があったから 5.7%
12位 国民年金保険料の未払いがあったから 4.3%
13位 過去にクレジットカード等の未払いがあったから 3.0%
13位 税金を支払っていないことがあったから 3.0%
13位 自己破産したことがあったから 3.0%
13位 リフォームやリノベーションも同時に実施する予定だったから 3.0%

住宅ローンの審査に落ちた理由【複数回答可】(n=300)※上位13位まで 

 

こんな理由で落ちてしまうことがあるの?と驚くような項目もあったのではないでしょうか。金銭的に余裕があったとしても、過去のキャッシングや国民年金、健康状態などの理由で住宅ローンの審査に落ちてしまうこともあります。

 

もし少しでも心当たりがあれば、事前に対策を講じておいた方がよいかもしれません。

金融機関から住宅ローンの審査に通らなかった理由は明かされなかったという話を耳にしますが、実際には教えてくれるケースもあるようです。審査に通らなかった際に「説明があった」という人は17.7%でした。実際にどのような理由か見ていきましょう。

 

「土地前の私有地道路の持ち主が不明だったため」(31歳女性)
「保留地で貸し出し対象外」(41歳男性)
「家の立地の問題」(38歳男性)

 

実は本人の問題ではなく、購入しようとしている物件や土地に問題があるケースもあるようです。

 

ひょっとしたら土地の問題かも・・・。<br>私道のためNGというケースも

ひょっとしたら土地の問題かも・・・。
私道のためNGというケースも

 

「持病」(52歳男性)

 

持病があったり、健康状態に不安がある場合にも、住宅ローン審査に通らないことがあります。

 

これには通称「団信」と呼ばれる、「団体信用生命保険」が影響しています。団体信用生命保険とは、住宅ローンの返済中、もし死亡してしまったり重度の障害になった場合、生命保険会社が保険金として金融機関に残りの住宅ローンを支払ってくれるという制度です。

 

住宅ローンを借りるにはこの「団信」への加入を条件とされる場合が多いですが、通常の医療保険と同様、持病などを理由に加入できないこともあります。それを理由に審査に通らないケースもあるのです。

 

持病のため、団体信用生命保険には入れないケースも

持病のため、団体信用生命保険には入れないケースも

 

他にはキャッシングや車のローンが影響した人もいました。
「リボ払い利用がダメ」(53歳女性)
「車のローン」(44歳男性)

 

多かったものとしてはアンケート結果と同様、以下のような説明でした。
「ローン総額と年齢との兼ね合い」(51歳女性)
「勤続年数の不足」(37歳男性)
「年収が足りない」(43歳男性)

 

しかしそれでも乗り越える方法があったのです。次回は、住宅ローンの審査に通らなかった人が、見直したことや対策などをご紹介したいと思います。

 

【調査実施期間】2016年8月15日~8月24日
【調査対象者】事前調査で「住宅ローンの審査に通らなかったことがあるが、住宅ローンを借りられた」と回答した人

 

【調査方法】インターネット調査
【有効回答数】300サンプル

 

記事の利用や掲載についてはこちら→ info-media@LIFULL.com

公開日: / 更新日: