ベランダは洗濯物を干すとき以外、ほとんど使用する機会がないという方もいるかもしれませんが、実はさまざまな活用方法があります。ベランダをうまく利用することで、より快適なマンションライフを送りましょう。

しかし、ベランダを使用する際はいくつか注意点があります。今回は、マンションにおけるベランダの活用術や知っておきたい注意点を紹介します。

 

はじめに、ベランダを利用する際は必ずマンションの管理規約を確認しましょう。

 

マンションには室内といった契約者のスペースとして利用できる“専有部分”と、マンション側が利用制限を設けられる“共用部分”があり、ベランダは“共用部分”です。

 

公益財団法人マンション管理センターが作成した“マンション使用細則モデル”では、禁止事項として以下のような事例が挙げられています。

 

【対象物件内での共通の禁止行為】

・騒音、振動、悪臭及び煤煙等を発生させる行為

・引火、発火及び爆発のおそれのある物品の製造、所持又は持込み など

 

【バルコニー及び屋上テラスでの禁止行為】

・煉瓦、モルタル、コンクリート及び多量の土砂による花壇等(芝生を含む)の設置又は造成

・家屋、倉庫、物置、サンルーム、ビニールハウス、縁側、遊戯施設その他の工作物の設置又は築造 など

 

このように、利用方法によっては禁止されている場合もあるため、管理規約を確認し、規約に沿った使用方法を守りましょう。また、ベランダは万が一のときの“避難経路”として利用されるため、動かしづらいものを置くのは避けてください。

 

次にベランダの活用術を紹介します。それぞれのマンションの管理規約を確認したうえで、自分好みにアレンジしてみましょう。

 

手軽に取り入れやすいのがガーデニングです。ベランダに緑を置くことで、ベランダに彩りが出て、季節によって色や形を変える様を眺めるだけでもリラックスできます。

 

大型の観葉植物や花壇を設置することは基本的にできませんが、小型の植木鉢や小規模なプランターであれば問題ないことも。

 

日当たりのいいところでは、花の咲くものや実のなるものなど大抵の植物が育てられますが、場所によっては夏場に乾燥しやすい、温度が上がりやすいという欠点もあります。

 

また、ベランダの排水溝が土や枯れ葉によって詰まってしまうと水が溢れてしまい、下の住戸に流れ込み洗濯物を汚してしまうなどのトラブルが生じる場合も。定期的に掃除をし、排水溝を詰まらせないように注意しましょう。

 

ベランダはコンクリート一色なこともあり、殺風景な印象を抱きがちです。ウッドデッキやタイルを置くことでコンクリートが隠れ、おしゃれな雰囲気に変わります。

 

また、“ガーデニングは苦手だけど緑が欲しい”という方は人工芝を敷くのもいいでしょう。

 

ホームセンターやネットショップなどで販売されているスクエア型のタイルや人工芝なら、素人でも取り付けが簡単にでき、取り外しがしやすいため原状回復も楽に行えます。

 

しかし、タイルなどをベランダの床に敷き詰める場合は、ガーデニング同様、排水溝部分をふさがないように注意しましょう。

 

簡単に移動できる庭園用のテーブルやイスを置いて休憩スペースをつくれば、カフェのテラス席のような開放感が味わえ、息抜きがてら楽しめるスペースに早変わりします。

 

天気のいい日には朝食を取ったり、お茶を飲みながら読書をしたりなど、外の空気を吸いながら過ごすことでピクニック気分が味わえたり、室内とはまた違ったリラックス効果が得られたりします。

 

ただし、高層階の場合は、軽量すぎると風に倒される危険性があり、階数によってはベランダにテーブルやイスが置けない場合もあるので注意が必要です。

 

マンションでベランダを使用する際は、いくつか注意点があります。他の住民に迷惑がかからないよう、気をつけてベランダを利用しましょう。

 

マンションによっては、ベランダでの喫煙を禁止しているところがあります。ベランダで喫煙をすると、上階の住人の洗濯物ににおいが付いたり、室内に煙が入ったりと近隣トラブルの原因となる場合があります。

 

マンションの管理規約に記載がされていない場合にも、他の住民に悪影響を及ぼす可能性があるので、喫煙は避けるようにしましょう。

 

布団を干す際はしっかりと固定しましょう。固定できていないと風で飛んでいってしまい、布団の落下により誰かにけがをさせてしまったり、下階のベランダのものを破壊してしまったりする場合があります。

 

布団を干す行為自体を禁止しているマンションもあるので、布団を干してもいいかを確認したうえで、ストッパーなどを使用して必ず固定するようにしましょう。

 

ベランダにゴミ箱を設置して、次のゴミ回収日までのゴミ置き場として利用することもできます。

 

ただし、ただゴミ袋を放置していると、カラスなどにゴミを荒らされてしまい、ゴミが散らかるのはもちろん、悪臭が周りに広がったり、風によってゴミが他の部屋に飛んでしまったりする場合があります。

 

ベランダにゴミ箱を置く際は、必ずふた付きのゴミ箱を設置するなど、荒らされないように対策を取りましょう。

 

ベランダを活用することで、室内では味わえない新しい楽しみが生まれるかもしれません。ただし、繰り返しになりますが、ベランダは共用部分であることを忘れず、マンションの管理規約に沿って活用することが大切です。

 

周辺の住民に迷惑がかからないようルールを守り、自分好みのベランダづくりにチャレンジしてみましょう。そうすることで、マンションライフがより充実したものになることでしょう。

公開日: