西日が入る西向きの部屋の特徴

西日が入る西向きの部屋の特徴
西日が入る西向きの部屋の特徴

部屋選びの際、重要なポイントの一つであるのが窓のある部屋の向きです。賃貸物件の部屋の方角が「西」と明記されている場合、窓のある部屋が西であるということを指しています。一般的に南向きの部屋の人気が高いのは、日中の日当たりのよさと日照時間の長さにあります。部屋の中でも明るく過ごしやすいということが、多くの人々の希望条件に当てはまっているのでしょう。

西日が入る西向きの部屋では、南向きほど日照時間は長くありませんが、午後から夕方にかけて西日が部屋の中に入ります。日中最も気温が高くなる時間帯に住戸に光が入ってくることに。西向きの部屋の窓によしずや簾を取り付けている光景を目にすることがありますが、日の入り方が強い西日の日よけ対策に有効だからです。

西向きの部屋からは西日が入るということで多くの人が気になるのが、夏場の強い日差しです。どれほど室内が暑くなるのかはバルコニーから窓までの幅や、物件の断熱性にもよって差があるといえます。

しかし、極端に暑いと感じるのは夏場の期間だけで、逆に冬場は他の方角よりも暖かくなるので、無理なく光熱費が抑えられます。

西向き部屋のデメリット

冬場はポカポカと程よく室内を暖めてくれる西日も、夏場には強すぎる日差しとなり室内の温度が過度に上がる要因となるため注意が必要です。日照時間自体は南向きよりも短いのに、西向き部屋の夏の暑さが長時間続くのはなぜなのでしょうか。その原因は、西日だけでなく日中建物や地面などに蓄積された熱が加わるせいでもあります。
建物に蓄積された熱を逃すことは難しいですが、窓から入ってくる強い日差しを防ぐ対策で夏場の過ごしやすさも変わります。

工夫次第で西向き物件も快適に!

西向き部屋のデメリットである夏場の西日対策に有効な方法を紹介します。

・遮光・遮熱カーテンを設置する
遮光・遮熱効果の高いカーテンを西向きの窓に取り付けると、外からの熱を遮断できます。通常のカーテンよりも割高ですが、冷房効率が良くなる分、光熱費が抑えられます。暗くなるのが気になる場合、ミラーカーテンやレースカーテンなどを選ぶと部屋の明るさも調節可能。

・ガラスフィルムを窓に取り付ける
窓に取り付けられる透明のシートのような紫外線カットフィルムは、ホームセンターなどで気軽に購入できます。見た目は透明で目立たないですが、光を室内に入りにくくする効果があります。

・性能の良いエアコンを付ける
引越しの際、10年以上使用しているような古いタイプのエアコンを新居に持っていくのではなく、新しいエアコンに買い替えることをおすすめします。近年のエアコンは年々性能が向上しているといいます。

このように西向きの部屋でも家電や紫外線グッズなどを活用することで、快適に過ごすことが可能になります。

西向き部屋のメリット

西向き部屋のメリット
西向き部屋のメリット

西日が入る西向き部屋にはデメリットだけではなくメリットもあります。

・午後の日当たりが良く、冬場も暖かい
本格的に日が差し込むのは午後から夕方にかけてなので、遅い起床の人は洗濯をやり始めるのが午後からでも十分乾きます。朝はゆっくり休みたいというタイプの人は、案外西向きの物件が合うのではないでしょうか。

・夕日が楽しめる
南や東向きからの部屋からは朝日が望めますが、キレイな夕日を楽しむことができるのは西向き物件ならではのメリットといえます。

賃貸で過ごしやすい西向き物件のポイント

日当りを重視して賃貸物件を選ぶ人は少なくありませんが、南向きが良いというイメージだけで西向き物件を除外するのはおすすめしません。西向き物件だからといって見る前にやめておこうではなく、実際に現地に出向いて日当たりや周囲の環境も含めて判断しましょう。

低層階の場合は南向きでも、目の前に日差しを遮る高い建物が建っているという環境では期待していた日当たりのメリットは生かせません。逆に西向きでも階数が高く、周囲に視界を遮る建物がなければ住んでみると意外と日当りが良く快適に過ごせる可能性も。いずれにせよ物件情報だけで判断しないことが大切です。

部屋の向きよりも大事なことを忘れずに

「住戸は絶対に南向き」という固定観念にとらわれていては、本当に自分に合った物件を逃してしまうかもしれません。西向きのデメリットは、時期や生活スタイルによってはメリットになることもあります。日当たりだけではなく、風通しや周囲の環境、立地、一緒に住む相手のことなど総合的に見たうえで、住みやすそうな部屋を選びましょう。

まとめ
・西向き部屋の特徴は午後から夕方にかけて日光が室内に入るということ
・西日の入り方はバルコニーの幅や建物の構造、周囲の環境によっても変わる
・午後を中心に明るいため昼から家事をするという人におすすめ
・西日により冬場は暖かいが、夏場は強い日差しで室温が高くなるため対策が必要

おすすめ特集から賃貸を探す全国の賃貸を探す