家賃6万円の部屋に住むことを考えるときに、「今の収入で大丈夫だろうか」と気になってしまうこともあるでしょう。無理のない生活を送っていくためには、手取り金額をもとに家賃を含めた毎月の生活費をシミュレーションしていくのが、有効な方法です。具体的な目安を知ることで、安心して部屋探しを進められます。今回は、家賃6万円の部屋に住むときのポイントについて解説していきます。

6万円の家賃は高い?

家賃について考えるときには、毎月の収入を手取りベースで捉えていくと安心です。手取りとは、勤務先から支払われた給与(総支給額)から所得税・住民税・社会保険料などを控除したものを指します。

 

総支給額の75~85%くらいが手取りにあたるため、たとえば月収が20万円だとすれば、手取りは約15~17万円です。一般的に家賃の目安は「手取りの3分の1」といわれており、そこから家賃を考えていくと以下の表のようになります。

 

手取り

家賃の目安

15万円

5万円

17万円

5万6,000円

18万円

6万円

20万円

6万6,000円

25万円

8万3,000円

 

この表から、家賃6万円の部屋を借りようとすれば、手取りとしては18万円以上が目安のラインとなることが分かります。実際には賃料のほかに管理費についても考える必要があるので、管理費込みの物件を探すなど工夫してみましょう。

 

ただ、人によってライフスタイルも異なるので、家賃以外の生活費にも違いがあります。毎月の生活費がそれほどかからないのであれば、その分だけ家賃や貯金に回すこともできるでしょう。

 

いずれにしても、無理のない生活を送っていくためには、家賃の目安と捉え方を押さえておくことが大切です。

家賃6万円の物件で問題なく暮らしていくためには、家賃も含めた生活費全体を把握することも大切です。総務省統計局が2018年に公表した「家計調査報告(家計収支編)」をもとに、手取り18万円で家賃6万円としたときの暮らしをシミュレーションしてみましょう。

 

家賃

6万円

食費(外食費6,000円を含む)

3万6,000円

水道光熱費

1万2,000円

通信費

6,000円

交際費・娯楽費

1万6,000円

日用品費・被服費・理美容代

1万3,000円

医療費

7,000円

交通費

8,000円

貯金

2万2,000円

合計

18万円

 

手取り18万円で家賃6万円であっても、上記の例のように食費など生活に必要な支出を抑えれば、毎月2万円程度の貯金が可能となります。無駄遣いをしなければ、無理なく暮らしていけそうです。

 

ライフスタイルの違いによって特定の支出が多かったり少なかったりもするため、上記の表を参考にして毎月の生活費を割り出してみましょう。

6万円ならどんな間取りに住める?

家賃6万円で住むことができる物件は地域によって異なるものの、都内であれば1R(ワンルーム)や1Kの物件が多い傾向にあります。

 

実際に、LIFULL HOME’Sで東京23区、家賃6万円(共益費/管理費含む)で検索したところ、2,077件中、「ワンルーム」824件(39.7%)、「1K」924件(44.5%)でした(2020年7月28日現在)。

 

築年数が経過した物件や、3点ユニットバスの部屋が多いのも特徴です。

 

ただ、新築や築浅の物件は家賃が高めの傾向があるため、なるべく築年数で縛らないほうが家賃に見合った物件を見つけやすいでしょう。駅から少し離れたところであれば、希望に合った間取りや設備を備えた部屋の選択肢が増えるはずです。

 

また、すでにエアコンが設置されていたり、インターネットの費用が管理費に含まれている物件なら、入居してからかかる費用を抑えやすいでしょう。

家賃が適切な水準であっても、新しく一人暮らしを始めるには、初期費用や引越し代、家具購入費なども念頭においておく必要があります。また、家賃のほかにも毎月かかる管理費や駐車場代も考慮しておきましょう。

 

物件のなかには、仲介手数料を無料としていたり、敷金や礼金がかからなかったりするところもあります。入居後にかかる費用を抑える工夫も必要です。

 

また、荷物の量によって、部屋の広さや間取りを選ぶことも大切です。荷物が多ければ、収納スペースの多い物件を選ぶほうが快適に暮らせます。そして、物件だけでなく、周辺環境(買い物の便利さ・騒音など)も併せてチェックしておきましょう。

 

  • 家賃の目安は、手取りの3分の1といわれているため、家賃6万円の部屋であれば手取り18万円がひとつの基準となる
  • 家賃以外の月々の生活費も考えて、物件を選んでいく必要がある
  • あらかじめ家賃を含めた生活費をシミュレーションしておくと安心できる
  • 家賃6万円の物件は都内だと1Rや1Kが多い
  • 初期費用を抑えるには、仲介手数料無料や敷金・礼金のかからない物件を探してみるのも有効

公開日: