アパートやマンションなどの賃貸物件を決める際には、少しでも多くの物件の中から厳選したいと思ったり、少しでも費用を抑えたいと思ったりするものです。

しかし、これらの希望を満たす理想的な時期について気にする人は意外と少ないかもしれません。

季節によって物件数や初期費用は大きく変動するので、物件探しの際にあらかじめ決めておくといい条件や、引越しに理想的な準備期間と一緒に覚えておきましょう。

不動産会社

 

同条件の賃貸物件だとしても、不動産会社の繁忙期と閑散期とでは、契約の際にかかる費用が大きく変動します。

 

なるべく安く賃貸物件を契約し、引越しを済ませるためには何月を狙い、反対に何月を避けるべきなのか、理由と併せて説明します。

 

新生活がスタートする4月までに引越しを済ませたいと考える人が多いため、1月~3月にかけてはシーズン真っただ中となり、不動産会社が多忙を極める時期になります。

 

この時期に合わせて賃貸に出したり、売りに出したりするオーナーも多く、不動産会社が取扱う物件数が増え、借り手にとっては選択肢が増えるという特徴があります。

 

ただし、1年で最も引越しの需要が高まる季節であることから、人気のある物件はすぐに埋まってしまううえ、引越し会社の予約が取りづらく、料金も高額になることを覚えておきましょう。

 

世間一般の部屋探しがピークを過ぎ、落ち着きを見せ始める時期です。

 

4月までに引越しを済ませる必要がない場合や、緊急を要さない場合には、この時期を狙うと入居者が決まらなかった優良物件を掘り出せる可能性もあります。

 

ただし、1月から3月の間に部屋を見つけられなかった人や、繁忙期を避けて部屋探しをする人もいるため、若干の忙しさはまだ残っている時期でもあります。

 

費用が安く、より丁寧な対応を受けられる時期を狙うなら、もう少し我慢して時期を変えることがおすすめです。

 

この時期は特に不動産の契約が少なくなる時期なので、不動産会社がキャンペーンを用意する場合もあり、丁寧な対応にも期待が持てます。

 

物件数は繁忙期と比較して減少する傾向にありますが、どうしても早く入居者を見つけたいという希望を持つオーナーもおり、掘り出し物といえる物件に出合える場合があります。

 

また、繁忙期にはまず応じてもらえない初期費用や家賃の交渉に乗ってもらえる可能性が高いのもこの時期です。

 

引越し料金も繁忙期より安くなることが多いので、費用を抑えたい場合に狙い目となるのが7月~8月にかけての閑散期といえます。

 

一般企業では人事異動が始まる時期となるため、このタイミングは第2の繁忙期となります。

 

引越しを希望する人が増えることに伴って、市場に出回る物件数も増加し、希望する条件を満たした物件を見つけやすくなります。

 

ただし、需要が増えることにより閑散期と比較して家賃や引越し代などもろもろの費用が上昇することは否めません。

 

年末年始を自宅でゆっくり過ごしたいと考える人が多いため、引越しを希望する人は少なく、不動産会社は余力を持ちやすい時期です。

 

さらに繁忙期に向けた情報収集や準備を始める季節でもあることから、最も新しい物件の情報が充実しやすい時期にもなります。

 

この時期を狙って賃貸物件を探すと、閑散期ほど安い契約を見込める訳ではありませんが、繁忙期に人気となる可能性が高い物件の情報をいち早く入手でき、他の人に見つかる前に契約を結べる可能性があります。

賃貸物件を探し始める時期

 

それでは、賃貸物件を探す際に必要となるもろもろの手続きを考慮した場合に、引越しのどれくらい前から物件探しを始めるとスムーズで予定どおりの引越しがかなうのでしょうか。

 

結論からいうと、ベストとなるタイミングは入居の2ヶ月前です。

 

LIFULL HOME’Sでもたくさんの物件を取り扱っていることからも分かるとおり、世間に出回っている物件数は多く、どの物件に住むのかを決めることはそう簡単ではありません。

 

1日に内見できる数にも限界があるので、1ヶ月前などギリギリのタイミングから物件探しを始めてしまうと、妥協したり慌てたりしながら契約を結ばなければならない可能性が出てきてしまいます。

 

しかし、準備期間として2ヶ月を見ておけば、納得がいく物件を見つけるための時間を取ることができ、引越し会社を決めて荷造りを進めたり、近所の方々にあいさつしたりする時間にも余裕を持つことができます。

 

慌てずに落ち着いて引越しを完了させたいなら、2ヶ月前頃から物件の情報を探し始めましょう。

 

3ヶ月前など、さらに多くの準備期間を取ればよりゆとりのある引越しを実現できそうですが、期間が長すぎるとかえって問題が起こります。

 

早い段階で気に入った物件が見つかったとしても、引越しを行う予定の1ヶ月以上先の入居日まで物件をキープすることはできず、引越しの時期を早めたり、実際に住む前から家賃を支払ったりしなければならなくなるためです。

賃貸物件を探す前に決めておくべきこと

 

次に、希望する条件の賃貸物件をスムーズに見つけ出すための方法について説明します。

 

これから説明する項目を事前に決めておくことにより、ネット上で理想的な物件を見つけやすくなることに加え、不動産会社にも自分自身で求めている条件が伝わりやすくなります。

 

いくら良い物件を見つけても、手の届かない家賃が提示されていた場合には契約できません。収支のバランスをしっかりと見極め、無理なく支払える範囲の物件に絞り込んでから検索を始めましょう。

 

金銭面で忘れてはならないのが、家賃の他に多額の初期費用が必要となることです。

 

敷金や礼金、前家賃などの条件は物件によって異なるため、家賃が高くても初期費用を抑えられる物件もあれば、反対に家賃が低くても多額の初期費用がかかる物件もあります。

 

どの程度の初期費用を用意できるのか、計算してから物件を探すことも忘れてはなりません。

 

引越し代も忘れずに

 

そして、つい見落としてしまいがちなのが引越し会社に支払う費用です。

 

金額は会社や引越しの規模、移動距離によって異なりますが、数万円~数十万円単位の支出が見込まれるため、必ず引越し料金を含めた予算を計算しておきましょう。

 

これを怠ってしまうと、良い物件を契約できたにも関わらず、引越し目前で金銭的な問題が発生してしまう場合があります。

 

引越しの目的に合わせて、物件の立地を考えることも重要です。

 

引越し先から職場や学校まで電車やバスを使ってどれくらいの時間がかかるのかを考え、家族がいる場合には家族の仕事やライフスタイルも考慮したうえで物件を探しましょう。

 

徒歩5分以内など最寄り駅から近い場合には家賃が高くなり、反対にバスを使わなければ帰宅できないような立地の場合には家賃は安くなる傾向にあります。

 

最寄り駅の規模や、自宅周辺にスーパーや商業施設があるかどうかなどの条件次第でも家賃は変わります。立地面でどこまで妥協できるかを決めておくと、予算内で物件を見つけやすくなります。

 

引越し後の生活を想像して、希望する間取りを設定します。

 

1人暮らしだとしても、自宅で過ごす時間が長い場合にはリビングが広い物件を選ぶとゆとりが生まれ、反対にほとんど家にいないという場合は少し狭めの物件を選んで家賃を浮かせてもいいでしょう。

 

同居人がいる場合は、相手とも話し合ってお互いの希望を確認します。

 

1人1部屋が必要な場合は2DKや2LDK以上の物件、自炊が多いのであれば広いキッチンがある1LDK以上の物件を選ぶといいでしょう。

 

そのほかにも希望する条件があれば、物件探しを本格化させる前に整理しましょう。

 

たとえば、通勤に便利な始発駅が最寄りの物件や眺望や設備に優れたタワーマンション、角部屋やオートロック付きの物件など、事前に希望条件をまとめておくことがおすすめです。

 

なるべく多くの候補から住まい探しをしたい場合や、最も費用がかからないタイミングで契約したい場合など、賃貸物件を選ぶ際は、不動産業界全体の繁忙期や閑散期を見極めて準備の時期を決めることが重要です。

 

引越し準備の開始時期としては、ゆとりを持って物件探しができる引越し予定日の2ヶ月前をめどにしましょう。

 

また、予算を決める際には敷金・礼金や引越し代などの初期費用がかかることを念頭に置いておきましょう。

 

そして立地や間取り、設備などの条件を事前にまとめ、希望を満たした物件を絞り込むことで理想的な物件を見つけやすくなります。

公開日: