部屋を借りたいとき、自宅にいながら物件を見学できる「オンライン内見」をご存じでしょうか。

一見、便利そうだけれど、“不動産やITに詳しくないので、使うのは不安”という方もいるかもしれません。

実際にオンライン内見とはどのようなサービスなのか、LIFULL HOME’S編集部が気になる疑問をすべて、オンライン内見サービスの担当者にぶつけてみました。

目次

  1. Q1. オンライン内見とは、どのようなサービスですか?
  2. Q2. オンライン内見では、具体的にどんなことができるのでしょうか?
  3. Q3. オンライン内見の流れを教えてください
  4. Q4. ビデオ通話のやり方は? 事前になにか準備が必要ですか?
  5. Q5. できればこちらの顔は映さずに通話だけで参加したいのですが
  6. Q6. 誰かと一緒に見られますか? 一人だと不安なので、家族や友人にも参加してもらいたいのですが
  7. Q7. LIFULL HOME’S内でオンライン内見できる物件とできない物件があるのはなぜですか?
  8. Q8. オンライン内見できる物件はそんなに多くないのでは? 選択肢が狭まる心配があると思うのですが
  9. Q9. オンライン内見を利用すると、料金は発生しますか?
  10. Q10. オンライン内見できる時間帯は決まっているのでしょうか?
  11. Q11. 所要時間はどのくらいですか?
  12. Q12. オンライン内見するときは家にいたほうがいいでしょうか?
  13. Q13. どのくらいデータ容量を使うのか教えてください。Wi-Fiには必ずつながないといけないのでしょうか?
  14. Q14. オンライン内見の画面が実際どんなものなのか見せてください
  15. Q15. わざわざ不動産会社の方に現地に行ってもらうため、物件が気に入らなかったときに断りづらくなるのでは?
  16. Q16. 物件が気に入り、そのまま契約したい場合はどうすればいいですか? 結局お店に一度行かないといけないのでは?
  17. 利用シーンの増えているオンライン内見を賢く利用しよう

 

オンライン内見とは、オンライン上で内見、つまり物件見学ができるサービスのことです。簡単に言うと、“ライブ配信”のようなイメージですね。

 

実際に不動産会社のスタッフがユーザーの希望するアパートやマンションに行き、ビデオ通話をしながら部屋を紹介してくれます。

 

ただオンライン上で部屋の映像が見られるだけ、ということではありません。実際の見学と同じように会話ができ、リアルタイムでコミュニケーションを取れることが特徴です。

おすすめの利用シーン:時間がない、遠い、外出できないとき

 

時間さえ合えば、仕事の合間や休憩時間でも利用できます。そのため、次のような方にとっては非常に便利なサービスです。

 

  • 物件を見学したいけれど、なかなか時間を割けられない方
  • 他県や外国といった遠方に住んでいて、現地に足を運ぶことが難しい方

また、インフルエンザや新型コロナウイルスのような感染症の予防対策や、花粉症などで外出を控えたいというときにも活用できます。

 

これまで部屋探しは、休日に現地を訪問して決めるという方が多かったのですが、時間や距離の制限を超えて、直接訪問することなく家探しができることが大きな魅力です。

 

 

実際に、見学時に見たい、調べたいと思っていることは、すべてリクエストすれば不動産会社のスタッフが代わり実行してくれます。

 

たとえば、以下のようなイメージです。

  • ドアの幅や冷蔵庫を置く位置の採寸
  • 窓の外の景色の確認
  • 日当たりや風通し
  • 携帯電話の電波が通じるか
  • コンセントの位置や数
  • ゴミ置き場が清潔か
  • 周辺の交通量や生活音
  • 周辺の住人の様子

 

お願いすれば、最寄り駅から物件までの道のりの様子も実際に移動しながら伝えてもらうことも可能です。

 

もちろん、自分から質問しなくても、スタッフがプロ目線で物件を紹介してくれます。特に気になることがなければ、見ているだけでも問題ありません。

 

流れを簡単に説明すると、以下のようなイメージになります。

 

  1. LIFULL HOME’Sで「オンライン内見可」の物件を探す
  2. 物件詳細ページの「オンライン内見・相談を予約」ボタンを押す
  3. メール送信フォームに必要事項や希望日時などを記入して問合せ
  4. 不動産会社スタッフと内見・相談の日時を調整して予約
  5. メールにてオンライン内見・相談の利用方法が届く
  6. 当日、予約の時間になったらビデオ通話の画面にアクセス

 

ビデオ通話には基本的に、専用のアプリ「LIFULL HOME’S LIVE」を使用します。

 

ただし、使うのは当日だけなので、不動産会社からの案内がきてからダウンロードしてもらえれば大丈夫です。

 

もし、事前にアプリを入手したいという方がいれば、こちらからどうぞ。

 

LIFULL HOME’S LIVE

iphone】  【android  【Windows  【Mac

特別な準備は必要ありません。ビデオ通話に使う通信機器(カメラとマイク、スピーカー対応のスマートフォンやPC、タブレットなど)と連絡用のメールアドレスがあればOKです。

 

通話だけの参加でも大丈夫です。基本的には、実際の内見のように対面を想定していますが、顔出しについてはご自身で映像のオンとオフの切り替えが可能です。

 

そういった希望があれば、不動産会社に遠慮なく伝えてもらえれば、通話だけでも問題ありません。

 

オンライン内見は、複数人で同時接続が可能です。家族や友人はもちろん、めったにないとは思いますが、最大10人まで同時につなぐことができます。

 

相手の方にも「LIFULL HOME’S LIVE」をダウンロードしてもらう必要がありますが、あとはメールに届く招待URLを伝えてアクセスしてもらうだけです。

 

実は、これは物件側のサービスではなく、不動産会社側が提供するサービスになります。

 

電子マネーが使えるお店と使えないお店があるように、単純に物件を紹介する不動産会社がLIFULL HOME’Sのオンライン内見を導入しているか、いないかの違いなのです。

 

LIFULL HOME’Sのオンライン内見は現在、ミニミニやアパマンショップ、ハウスメイトなど、よく名前を耳にするようなお店でも取扱いがあります。こうした不動産会社であれば、基本的に全物件オンライン内見が可能です。

 

決して、部屋に自信があるとか、大家さんに特別な許可をもらっているというわけではありません。また、割高な物件や人気のない余った物件ばかりオンライン内見可になっていることも、もちろんありません。

 

 

確かにそのとおりです。残念ながら、すべての物件がオンライン内見に対応しているわけではありません

 

しかし、オンライン内見できる物件数は徐々に増えており、新型コロナウイルスの影響によって外出できない場合など、利用シーンも大きく広がっています。

 

参考までに、LIFULLHOME’S掲載のオンライン内見できる物件数は現在(2020年4月13日)、全国で約16万2,000件あります。

 

主な都道府県別で件数を見ると以下のとおりです。

 

東京:約1万4,850件

神奈川:約1万4,700件

埼玉:約1万1,800件

千葉:約4,800件

大阪:約2万3,600件

愛知:約1万6,000件

福岡:約5,100件

北海道:約1万3,600件

 

都市や地域によっても物件数に差があります。オンライン対応となっていない物件でも、不動産会社にオンライン対応してもらえないか、一度確認してみるのもいいでしょう。

 

利用に関して、お金は一切かかりません。オンライン内見は完全無料です。利用したからといって、契約時に仲介手数料が高くなったり、何らかの形で請求がくることは絶対にありません。

 

便利なサービスなので、そういう疑問を持たれる気持ちもよく分かりますが、あくまでこちらは利用者のためのサービスです。

 

時間や場所などの都合上、本来お店に来られなかったはずのお客さんに対して、物件を紹介できると考えれば、不動産会社にとってはそれだけで十分メリットがあるので心配いりません。

 

 

内見できる時間帯は、基本的には不動産会社の営業時間内になるため、お店によって異なります

 

また、自社の管理物件であれば比較的融通はきくのですが、仲介会社の場合は内見用の鍵を借りる手続きがあったりするので、対応時間は物件によっても変わってくるでしょう。

 

とにかく会社によるので、希望する時間帯がある場合は諦めず、一度対応が可能かどうかも相談してみるのも手です。

 

「午後2時から3時まで」のように、事前に時間を決めて予約して行ってもらうため、基本的にはその時間内で終了することになります。

 

会社や物件ごとに異なるため、一概には言えませんが、目安としては1件につき20~30分程度。物件を2件、3件と見てまわる場合には、その分移動時間もかかるため、事前に考慮しておきましょう。

 

ただ、もしオンライン内見が長引き、予定終了時間を超えた場合でも、その後に別の内見・相談の予約が入っていなければそのまま内見を続けることは可能です。

 

時間がきたからといって強制終了となるわけではないので、どのくらいまで時間が大丈夫なのか、不動産会社と事前に話し合っておくといいでしょう。

 

 

家であろうとカフェであろうと、Wi-Fi環境が整っていれば、基本的に好きな場所で大丈夫です。

 

ただし、実際にこれから住む場所を決めるための大切な見学です。見逃したり、聞き逃したりして後悔しないためにも、できるだけ落ち着いた場所で見てもらったほうがよいと思います。

 

また、気になったことはすべて質問し、確認してほしいので、できるだけ時間に余裕がある状態のほうが、気持ちのうえでも落ち着いて判断が下せるのではないでしょうか。

 

画質を選べるので増減はありますが、もし最高画質(1.5Mbps)で20分通信した場合の目安は約60MB(メガバイト)です。

 

1GB(ギガバイト)=1,024MBなので、単純計算だと約5時間半で1G 使うことになります。

 

YouTubeなどで動画を見るより通信量は少なめですが、それなりに使うことには間違いありません。そのため、パケットを節約するためにも、Wi-Fiにつないでおいたほうが安心でしょう。

 

また、同時に電池も消費するので、スマホやノートPCなどは充電がされた状態で活用するか、電源につないで利用してください。

 

パソコンから参加した場合は、このような画面になります。スマートフォンでも基本的な機能は同じです。

 

 

画面の左上にあるメニューボタンからは、チャット機能を使えるほか、会議の情報や参加者の一覧、個人設定を確認できます。また、ビデオ通話からの退出も行えます。

 

右上の設定ボタンからは、画質や映像レイアウト、自映像カメラの明るさの調整、映像への名前の表示のオンオフが選べます。

 

まったく気にする必要はありません(笑)。相手もプロの方なので、そういったことには慣れています。むしろ、気に入らなかった部分を正直に伝えることで、別の物件を紹介してもらうことも可能です。

 

気を使って契約し、後で後悔したり、トラブルになったりすることのほうがお互いにとってよくありません。

 

納得いかなければ、その理由を伝え、遠慮なく断ってください。むしろ利用者の中には、対面よりも、オンライン上のほうが思っていることを正直に言いやすいという方もいらっしゃいます。

 

制度上は、契約もオンラインで行えるので、一度も来店しなくても大丈夫です。

 

以前は、契約を締結するためには、宅地建物取引士による重要事項説明(通称「重説」)を対面で受けなければならず、オンラインだけで完結することはできませんでした。

 

しかし、2017年10月1日の「IT重説」の解禁により、一度も現地に足を運ぶことなく契約を交わすことが可能になりました。

オンライン内見とIT重説をセットで提供できるか確認

 

ただし、そのためにはオンライン内見とIT重説をセットで提供している不動産会社に依頼する必要があります。

 

一般的には、オンライン内見を行っている不動産会社は、IT重説も同時に提供しているケースがほとんどですが、どちらか一方だけというケースもあります。

 

オンラインだけで完結させたい方は、事前にそれが可能なのか不動産会社に確認したうえで物件を選ぶことも大切です。

 

アパートやマンションの部屋を借りる際、物件を自分の目で見て決めたいという方ももちろん大勢います。

 

ただ、現在では技術の進歩によって、オンライン上でも実際の内見と同じような体験ができるようになりました。現場の匂いまでは分からなくても、不動産会社の方との対話を通じて生の感覚を伝えてもらうことはできます。

 

また、実際にオンライン内見の利用率はどんどん増えているため、不動産会社の方もどのようにして伝えればユーザーにとって分かりやすいのかなど、ノウハウも積み重ねています。

 

時間がない方や外に出られないときなどは、賢く利用してみるのも一つの手でしょう。

 

■オンライン内見(公式ページ):https://www.homes.co.jp/online/

公開日: