クレジットカードで家賃を支払うとどんなメリットがある?

家賃をクレジットカードで支払った場合、主に次のようなメリットがあります。

pixta_23884266_S

ポイントやマイルが貯まる
クレジットカードで決済をすると、決済した商品やサービス、そして金額に応じてポイントやマイルが貯まります。

例えば、家賃7万円をマイルが貯まるクレジットカードで支払った場合、契約内容にもよりますが、およそ700マイルが貯まります。つまり、家賃を1年間クレジットカードで支払うだけで7,000マイル以上も貯まり、2年も経てばマイルで国内線に乗れるほどになるのです。

その他にもクレジットカードの種類に応じて、ポイントが貯まると提携しているお店や通販サイトで使えるようになります。最近では、貯まったポイントを他の会社のポイントに移行できるようになったため、さらに利用しやすくなっています。

家賃を払い忘れることがない
銀行振込で家賃を支払っている場合、忙しいとついうっかり忘れてしまい、期日を過ぎてしまうことがあります。また、口座引き落としにしていても、万が一残高不足になれば、気がつかないうちに家賃を滞納してしまう恐れがあります。

その点、家賃をクレジットカードで支払う場合は、毎月自動的に決済されるため、大家さんや管理会社に家賃を滞納することがありません。

支払いサイクルを統一できる
クレジットカードで家賃を支払うことで、支払い関係を一箇所に統一することができます。例えば、電気代、ガス代、水道代などと同じクレジットカードで家賃を支払えば、月々発生する固定費の支払いサイクルを統一できるため、毎月の家計を管理しやすくなります。

このようにクレジットカードで家賃を支払うと、多くのメリットがあることがわかります。
では、どんな物件であれば家賃をクレジットカードで支払うことができるのでしょうか。

クレジットカードで家賃が払える物件について

pixta_28296298_S

クレジットカードで家賃を支払うことで得られるメリットをご紹介しましたが、すべての物件がクレジットカード払いに対応しているわけではありません。ここでは、クレジットカード払いに対応している物件の探し方、見分け方について解説します。

クレジットカード対応かどうかは管理会社次第
クレジットカードで家賃を支払うためには、大家さんや管理会社側がクレジットカード払いに対応している必要があります。

通常、一般個人である大家さんは、クレジットカード払いに対応していないため、家賃をクレジットカードで支払いたければ、管理会社が管理している物件を中心に探していく必要があります。

クレジットカード払いが少ない理由
家賃の支払い方法は、冒頭でも触れたように「銀行振り込み」か「口座引き落とし」が一般的です。振り込みや引き落としにかかる手数料は、通常借主側の負担となりますので、7万円の家賃であれば、7万円が貸主の口座に着金します。

一方、クレジットカードで家賃を支払った場合は、決済金額は7万円だとしても、そこからクレジットカードの手数料がかかります。仮に5%の手数料がかかった場合、3,500円が引かれてしまい、貸主の口座には66,500円しか着金しないのです。

これは貸主にとって大きなデメリットとなるため、家賃についてはクレジットカードに対応していないケースが多いのが現状です。

今後、クレジットカード払い対応の物件が増える可能性

pixta_36737508_S

現状はまだそこまで普及していない家賃のクレジットカード払いですが、今後は少しずつ増えてくる可能性も予想されています。

確かに、貸主にとってクレジットカード手数料の負担が大きいのは事実ですが、その一方で、カード会社を経由すると確実に家賃が入金され、未払いを防げるというメリットがあります。その理由は、カード払いの仕組みにあります。

クレジットカード払いでは、必ず決められた日にカード会社から貸主に対して家賃が支払われます。そしてその翌請求月に、カード会社が借主に対して請求をします。つまり、カード払いであれば、借主が支払えるかどうかに関係なく、必ず入金される「滞納保証」の状態になるのです。

これは貸主にとって非常に大きなメリットとなるため、規模の大きな管理会社を中心に、今後クレジットカード払いが増えていく可能性はあるでしょう。

クレジットカードは後払いであることに注意

クレジットカードで家賃を支払うことができれば、どんどんポイントやマイルが貯まっていきますし、うっかり滞納してしまうこともありません。ただし、クレジットカード払いは「後払い」となりますので、常に後から請求が来ることに注意が必要です。

例えば、退去する際については、退去した後も1ヶ月遅れでクレジット会社から請求がきますので、家計のやりくりには十分注意しましょう。

まとめ
・クレジットカードで家賃を支払うと、「ポイント」が効率よく貯まるなど多くのメリットがある
・貸主が「クレジットカード手数料」を負担することになるため、対応している物件はまだ多くない
・クレジットカードは「後払い」のため、やりくりには注意が必要
クレジットカード利用可能物件を探す