家具・家電付きマンションとは

pixta_28635548_S
基本的な家具・家電が備えられた
マンションがあります

家具・家電付きマンションとは、生活に必要な家具や家電が備えられた賃貸マンションです。
物件による違いはありますが、ベッドやライティングデスク、ダイニングセット、ソファ、カーテン、テレビとテレビ台、照明器具、エアコン、電子レンジ、冷蔵庫などが揃えられています。
家具・家電付きマンションは、一人暮らし用のワンルームの間取りタイプに多いです。
単身赴任者や短期間での転勤が多い人、卒業したら地元に戻る予定の学生などに向いています。

家具・家電付きマンションの敷金や家賃は、立地条件や広さが同程度の物件と比較すると、2~3割程度高めです。
契約形態は通常の賃貸住宅と同様ですので、入居の際には敷金や礼金が必要になります。

家具・家電付きマンションのメリットやデメリット

家具・家電付き部屋のメリット

家具・家電付き部屋への引越しは、家具や家電を用意する初期費用が抑えられることがメリットです。家具や家電を揃える手間が省けるため、急な引越しでも、入居した日から快適な生活を送ることができます。また、入居時や退去時の荷物が少ないので、引越し費用が安く済み、不要な家具や家電の処分費用がかからないこともメリットのひとつです。

Lost man using a notebook
備え付けのため家具家電
にはこだわることができません

家具・家電付き部屋のデメリット

家具や家電はあらかじめ備えられているため、自分で選べないことがデメリットです。
一人暮らしをするにあたって、インテリアにこだわりたい人は好きな家具を揃えることができないので不向きと言えます。
また、家電はシンプルな機能のものが多く、機能性を重視したい人や、テレビの大きさにこだわりたい人にも向いていません。
さらに、新築物件や老朽化・不具合で入れ替えた備品を除くと、家具や家電は一度他人が使った中古品ですので、気になる人もいるでしょう。

加えて、家具・家電付き部屋は家具や家電が備えられていることで、初期費用は抑えられますが、家賃は高めな場合が多いようです。
長期にわたって暮らす場合には、家具や家電を購入した方がトータルの支払い費用を抑えられます。

家具・家電付きマンションの探し方

pixta_17333066_S
ポータルサイト等で検索できます

家具付きマンションは、直接、不動産会社に足を運んで探すこともできますが、不動産情報サイトを利用すると、効率よく探しやすいです。不動産情報サイトの賃貸物件検索では、最寄り駅や市区町村などのエリアや間取り、専有面積、築年数、駅からの徒歩分数などのほかに、“家具家電付き”という条件を設定できる場合があります。
気になる物件がある時には、不動産会社にWeb上で空室状況などの問合せをしたり、電話で内見の予約をとったりすることができます。

また、不動産情報サイトで同一エリアの通常の類似物件の家賃を調べて、家具付き部屋はどの程度家賃が上乗せされているか、比較してみることも可能です。
居住する予定期間の家賃の差額の合計をもとに、通常のタイプの部屋と家具付きのどちらがお得か計算してみましょう。

家具付きマンションへの引越しの流れ

pixta_4082962_S
引越しの荷物は少なくて済みます

家具付き部屋への引越しでは、家具や家電を購入することに準備の時間を割かずに済みます。
引越しの荷物が少ないため、トラックを1台使うのではなく、単身者向けの専用ボックスを用いた引越しサービスの利用で済むことが多いようです。
荷物の量によっては、自分の車で運ぶこともできます。急な単身赴任などで、引越しの準備に1週間程度しかかけられない時も、対応しやすいです。

家具付き部屋で、所有している家具や家電と被って不要なものがある場合、備え付けのものを使わないとしても、部屋の中で保管しておくことが必要です。
大家さんと交渉して撤去してもらうことも考えられますが、大家さんが保管しておくための保管費用が発生することが考えられます。

手持ちの不要な家具や家電は、購入や製造からの年数や状態によっては、リサイクルショップや家具家電の買取りサービス、ネットオークションで売却することができます。
壊れているものや古いものはリユースが難しいので、自治体の粗大ゴミの回収を利用するか、引越し会社の無料や有料の不用品引き取りサービス、一般廃棄物収集運搬業許可を得た不用品回収業者を利用して処分する方法があります。

家具・家電付きマンションを借りるときの注意点

woman gets job and discusses with employer
家具の内容は、予め確認しましょう

家具・家電付き部屋を借りる際には、物件によって備えられている家具や家電に違いがあるので、何があるのか確認しておきましょう。
テレビ台やライティングデスクなどが、造作家具として設けられている場合は、部屋のレイアウトを変えにくい点に留意しておきます。

また万が一、家具や家電が破損や故障した時のために、修理や交換の費用について契約前に確認しておくことも大切です。
通常使用による故障や破損によって修理や交換の必要がある時、家具や家電が契約書で“付帯設備”になっている場合は、大家さんの費用負担になります。
一方、借主が故意や不注意で壊した場合には、費用を負担するのは借主です。
さらに、“設備外”や“残置物”となっている家具や家電は、破損や故障した時に大家さんの費用負担で撤去されますが、新しいものは設置されないため、借主が自分で用意する必要があります。

半年から2年以内の居住なら家具・家電付きマンションを検討

一般的に、単身赴任などで半年~2年程度の期間で暮らす場合は、家具や家電を自分で揃えるよりも、家具付き部屋を借りた方が費用を抑えることができます。家具付きの賃貸住宅には、敷金や礼金が不要で1ヶ月単位の契約のマンスリーマンションもありますが、半年を超えると家具・家電付きマンションの方が安いケースが多いようです。家具・家電付きマンションのメリットやデメリットを踏まえたうえで、居住を予定している期間も考慮して家具・家電付きマンションを検討してみましょう。

●まとめ●
・家具・家電付きマンションは家具や家電が備えられ、家賃は高め
・手軽に引越しができてすぐに生活を始められるが、家具や家電を選べない
・備えられている家具や家電、壊れたときの修理費用の負担について契約前に確認しておく

家具付き・家電付きの物件を探す敷金・礼金ゼロの物件を探すフリーレント物件を探す全国の賃貸を探す

(2017/12/19)