連帯保証人の役割とは?

連帯保証人の役割は?
連帯保証人の役割は?

連帯保証人とは文字通り契約者本人と連帯して保証する人のことを言います。ちなみに、類似するものに単なる「保証人」というものがありますが、保証人は「債務の抗弁権」や「検索の抗弁権」といった権利があり、本人が家賃を滞納した際に、いきなり保証人に請求することはできず、まずは本人に対して督促をします。一方、連帯保証人の場合はこれらの権利がないため、滞納が発生すると、即座に立て替えて支払うよう大家さんから請求されることになります。連帯保証人の主たる役割は、契約者本人の債務の保証、つまり、万が一家賃を滞納した時に立て替えて支払うことにあります。

保証会社の役割とは?

大家さんにとって保証会社は便利
大家さんにとって保証会社は便利

保証会社の役割は、基本的には連帯保証人と同じです。契約者が家賃を滞納した時に、保証会社が大家さんに対して家賃を立て替えて支払います。最近では口座引き落としのシステムを導入している保証会社が多いため、お金の動きとしては、まず保証会社が契約者の口座から家賃を引き落とし、それを保証会社から大家さんや管理会社に送金します。この際、契約者の口座が残高不足で引き落としできなかったとしても、保証会社は大家さんに対して家賃を送金し続けるため、大家さんとしては安心です。

ちなみに保証会社については、ひと昔前までは、連帯保証人が頼めないような人(両親が既に死亡しているようなケース)が利用するもの、というイメージが強かったのですが、最近では保証会社の方が簡単・確実に滞納家賃が回収できるという評判が広がり、連帯保証人がいるケースでも、保証会社の利用を義務付ける物件が増えているようです。
基本的な責任は連帯保証人も保証会社もほぼ同じですが、一部次のような違いがあります。

金銭以外の責任について

保証会社は金銭以外の責任は負わない
保証会社は金銭以外の責任は負わない

保証会社の場合は家賃・更新料など、いわゆる金銭債務の保証のみであるため、それ以外のことについては基本的にノータッチです。
例えば、マンション内で騒音問題が発生したとします。101号室の入居者が毎日ものすごい騒音を発生させていて、本人にいくら注意しても改善しない場合、連帯保証人を通じて本人に注意することができます。このように生活上のさまざまな問題についても、連帯保証人も協力して対処する必要があります。つまり、金銭債務以外の部分の保証については、保証会社ではなく連帯保証人が賃借人を包括的にサポートします。

金銭債務を確実に保証

金銭債務を確実に保証するのが保証会社
金銭債務を確実に保証するのが保証会社

保証会社の場合は連帯保証人とは違い、仕事として保証をしているため、何かあった時の対応が連帯保証人よりも確実でスムーズです。
また、万が一家賃を滞納したとしても、身内に迷惑をかけることがなく、明渡しまでは保証会社が責任を持って家賃を保証してくれます。そして、何よりも身内に連帯保証人をお願いすること自体に気がひけるという方にとっては、一定の審査はあるものの初回保証委託料を支払えば気軽に利用できるため重宝します。

連帯保証人と保証会社は互いの弱点を補える

連帯保証人と保証会社は互いの弱点を補える
連帯保証人と保証会社は互いの弱点を補える

連帯保証人は家賃以外の生活全体的な部分についてもカバーしてもらえる反面、督促や立ち退きなどの業務は大家さんが自ら手続きをしなければなりません。これに対し保証会社は金銭債務のみの保証にとどまるものの、督促や立ち退きなどは保証会社が確実に行ってくれます。このように連帯保証人と保証会社は、それぞれの弱点を補い合える関係にあるのです。
連帯保証人と保証会社は賃貸物件を借りる際に、両方の利用を強制する物件は、まだ多くはありません。ただし、両方の利用を大家さんからお願いされたとしても、決しておかしなことではありません。なぜなら、連帯保証人と保証会社にはそれぞれに「弱点」があり、連帯保証人を立てた上で保証会社を利用することが、大家さんにとって最も確実なリスクヘッジとなるからです。

保証人不要の賃貸物件
全国の賃貸を探す

関連記事

初めての賃貸住宅、家賃だけじゃないこれだけかかる初期費用!
いざ、契約! – 契約書・重要事項説明書への署名/捺印
いざ、契約! – 賃貸物件を借りるときに必要な保証人って?
申込前に確認を!賃貸住宅の入居審査では何がチェックされる?
一生賃貸?それとも購入して持ち家?それぞれのメリット・デメリットを考えてみる