一人暮らしは自立への第一歩

一人暮らしは自立への第一歩
一人暮らしは自立への第一歩

高校を卒業して大学に入ったら、成人まであと少し。実家から通学するのも楽だし安心でしょうが、早く自立したいという気持ちがあるなら、親から離れて一人暮らしすることも視野に入れてみては?「親に干渉されたくない」「帰宅時間を気にせず遊びたい」といった理由で、なんとなく一人暮らしを始めたという場合でも、親の手助けなしに生活をするというのは思ったより大変、という声も。一人暮らしを経験して、改めて親のありがたみを再認識したという方も少なくないようです。
そこで、一人暮らしを始めようか迷っている方にむけて、実家暮らしと一人暮らしの違いや、一人暮らしに必要な準備などについて紹介します。

どっちを選ぶべき?一人暮らしVS実家暮らし

一人暮らしは自由になる時間が増える
一人暮らしは自由になる時間が増える

一人暮らしと実家暮らし、それぞれ良い面もあればしんどい面も。どちらにしようか迷っている方は、以下を参考にしてみてください。

<一人暮らしのメリット>
・時間に拘束されない
深夜に帰宅しても、朝帰りでも文句をいう親はいないということで自由に行動することができます。家族に気を使わず、彼氏や友人をいつでも気軽に呼びやすいという声も。

・好きな立地で暮らせる
予算にもよりますが、暮らしてみたい町を探して住むことができます。大学に近い所、スーパー・コンビニが近い所、賑やかな繁華街や閑静な住宅街など、部屋選びは初めて一人暮らしする人にとって楽しみの一つです。

・授業の空き時間に気軽に帰れる
学校に近い部屋を借りれば、授業と授業の空き時間に帰って休憩できます。研究やサークルで夜遅くなりそうな時も、実家暮らしと違って終電を気にせずに済みます。

実家暮らしは寂しくない
実家暮らしは寂しくない

<実家暮らしのメリット>
・家事の負担が少ない
一人暮らしだと、いくら大学から疲れて帰ってきても、家事は自分でしなければならなくなります。料理・洗濯・掃除など、慣れないうちは大学やアルバイトとの両立が大変でしょう。実家暮らしは家事の負担が少ない分、自分の好きなことに時間を費やせます。

・寂しくない
家に帰ってきても話し相手がいない、一人で食べる食事は美味しくないなど、一人で暮らしていると、ふとした時に寂しさを感じることがあるといいます。実家暮らしは、いつも家族がそばにいるという安心感があります。

・お金がかからない
家族と住まいが別々になると、家賃・光熱費・食費に日用品などがそれぞれ必要になるため、毎月にかかるお金は増大します。仮に、仕送りがもらえても足らなければ、アルバイトや節約をしてなんとか生活をしていかなければいけません。実家暮らしであれば、学費のほかにかかる費用は通学費ぐらいで経済的です。

一人暮らしをするための心構えと資金の準備

マナーをきちんと守りましょう
マナーをきちんと守りましょう

一人暮らしでの生活を快適に過ごすためには、周りの住民とのトラブルは極力避けたいものです。集合住宅においての最低限のマナーを見直してみましょう。
・夜9時以降は騒がない、音の出る家電の使用を控える
・ゴミは収集日の前日ではなく当日に出す
・引越しをしたら、上下、両隣に挨拶する
・ベランダで喫煙しない、大声で話さない
・家の中での足音に気をつける
物件の構造にもよりますが、ドタバタとした足音や掃除機の音などの騒音は、自分が思っている以上に大きく下階に響いていることがあるので、注意が必要です。

初期費用はどのくらい?

一人暮らしはいくらかかる…?
一人暮らしはいくらかかる…?

物件を借りる時は、引越し代や家電・家具の購入費のほかに、月家賃のおよそ半年分のお金(初期費用)を準備する必要があります。初期費用のおおまかな内訳は以下です。

・敷金と礼金
敷金は入居前に家賃の約1~3ヶ月分を支払い、退去時に部屋の修繕などに充てられ、残りは返金されます。一方、礼金の支払いも家賃の約1~3ヶ月分ですが、大家さんに感謝の意味合いで支払うお金なので返金されません。

・仲介手数料
不動産会社に家賃の約1ヶ月分を支払います。

・前家賃
入居日から翌月の家賃を、入居時にまとめて支払います。

大学生に最適な立地は?

学生街に暮らすのも一案です
学生街に暮らすのも一案です

勉学・アルバイト・遊びとなにかと忙しい大学生にとって、住む場所が便利な立地というのは大切なポイントです。物件を探す時は、まず大学の近くに住めそうな所がないかどうかを確認してみましょう。学部にもよりますが、大学3、4年生にもなると授業数が減り、授業と授業の間に空き時間ができるようになります。そのような時は、家が大学から近いと、空き時間のうちに一旦家に戻ってほっと一息ついたり、あるいは溜まった家事をしたりと有意義に時間を使うことができます。

さらに、大学付近のアパートやマンションには、同じ大学に通っている学生が多く住んでいる可能性が高いことから、安心感が得られます。大学によって、その大学に通う学生だけが住むことができるマンションもあるようです。初めて親元を離れて一人暮らしを始める学生にとって、住んでいる建物に同じ大学の学生がいることは、これからコミュニティを構築していく上でも、メリットが大きいといえます。

一人暮らしにぴったりな物件を探す
全国の賃貸を探す

関連記事

初めての賃貸住宅、家賃だけじゃないこれだけかかる初期費用!
申込前に確認を!賃貸住宅の入居審査では何がチェックされる?
初めての一人暮らし究極のバイブル 一人暮らしを決めた方必見!
知らないと損する!賃貸物件契約後のキャンセルはお金が戻ってくる、それともこない?
【高田馬場】東京屈指の学生街で暮らす