室内干しは苦手?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
室内干しをする時のポイントとは?

かつて洗濯物といえば、晴れの日は外に干すのが当たり前でしたが、最近では共働き家庭も増え、いつも室内干しをしているという家庭も多くなってきました。梅雨の時期になると、普段は室外干しでも仕方なく室内に干すという方も多いでしょう。そういった方は、洗濯物が部屋の中にあると狭くて落ち着かなかったり、日当たりや換気に気を遣ったりで、“室内干しは苦手”という意識を持っているかもしれません。反対に、“外の臭いや花粉が気になる”、“天気に左右される”といった理由で、室外干しのデメリットを挙げる方もいます。ここでは、室内干しで効率よく家事ができるさまざまな方法を考えます。

室内干しに適切な場所や、必要な設備は?

pixta_29418810_S
日当たりのいい部屋を見つけましょう

雨の日だけではなく、日常的に室内干しをするのであれば、日当たりのいい南向きの空き部屋、もしくは専用のランドリースペースがあるのが理想的です。

日光の紫外線には殺菌力があり、部屋干しの気になる臭いの元になる菌が洗濯物に付きにくくなる効果があります。このため、できるだけ日光を取り入れやすい南向きの部屋が望ましいのです。そのような場所の確保が難しい場合は、家の中に日中は家族が使用しておらず、なるべく日当たりのいい空間がないか探してみましょう。加えて、室内干しでは換気も重要なので、湿気が溜まりやすい部屋は避け、窓や換気扇がある風通しの良い場所が望ましいです。
干し方についても注意が必要です。室内干しする際にカーテンレールに干す方が多いようですが、窓際に近すぎると風が通らず乾きにくくなるため逆効果です。さらに、乾燥時間が長いと部屋干しの臭いの原因になる菌が増え、臭いが発生しやすくなるので、洗濯物はなるべく部屋の中央に干しましょう。

pixta_5518685_S-11
室内干し専用の設備も色々あります。

もし室内で適切な干す場所がなければ、室内干し専用の設備の活用がおすすめです。例えば、天井から降りてくる物干しバーやラック、物干し専用のファンなどが挙げられます。洗濯機がある洗面所にあれば、洗濯物を取り出した後すぐに干すことが可能ですし、屋外に面した部屋に設置すれば、外干ししたい時でもスムーズに出し入れができます。

また、早く乾かしたい時は、浴室乾燥機を使用したり、扇風機の風を洗濯物に当てながら、部屋の中の湿った空気を逃がしたりするのも効果的です。

リフォームするなら家事動線を配慮して

これからリフォームを考えている方は、家事動線を重視すると毎日の家事が楽になりそうです。家事の中でも時間がかかる洗濯が楽になるかどうかで、家事の時間短縮にもなると言えます。洗濯はまず洗濯機に入れるところから始まり、干す、畳む、収納するという一連の流れを経て、ようやく一段落します。それぞれの場所がバラバラだと、行ったり来たりして家事労働に負担がかかってしまいます。たとえば1階に洗濯機があり、2階まで洗濯を干しに行き、また1階で畳むとなると余計な時間を費やしてしまうことになるのです。
つまり、洗濯機から干し場、畳み場、アイロン台までの動線が短ければ、洗濯のストレスを緩和することにつながります。最近は、室内干しスペースをメインに考えた上で、外干しスペースをそばに確保しながら、浴室乾燥機付きのバスルームも近い場所に配置した間取りが臨機応変に使いやすいと好評です。たとえば下記のような事例の動線です。

pixta_31915169_S
洗濯機から干すまでの動線によって、日々の家事効率が上がりますね。

① 洗面所(洗う)→ドライルーム(干す+畳む)→バルコニー(外干しする場合)
② 洗面所(洗う)→浴室(干す)→バルコニー
③ 洗面所→サンルーム(洗う+干す)→バルコニー

①のドライルームとは、洗濯物を乾かす、干す、収納することができる部屋のことを指します。
カウンターを作っておけば、ミシン台としても、アイロン台としても重宝します。
②の乾燥機付きの浴室なら湿気の心配はありませんが、広いスペースを確保するのは難しいので、洗濯物が比較的少ない家庭におすすめです。
③ のサンルームは広々としており、洗濯機も置くこともでき、布団を干すのにも便利。雨風がしのげて洗濯物が飛ばされる心配がありません。しかし日当たりが良い反面、窓がないと湿気がこもりやすいので、サッシに吸気口がついているものを選ぶ等の工夫が必要です。

収納の手間まで考えて、家事時間短縮

housewife show ok to you
収納までの行動範囲を
狭められると時短になります。

さらに、忘れてはいけないのが干した洗濯物を取りこんで畳み、収納するという一連の作業です。家事を効率よく進めるコツは、家族の衣類をどこにしまうかということです。多くの方は寝室のクローゼットと答えるのではないでしょうか。その場合は、リビングやドライルームなどの畳む場所のすぐ近くに寝室を設けると、しまう時に遠くの部屋まで行く必要がありません。

また、洗面所の隣がドライルームの場合、下着やパジャマ、タオル類がしまえる収納スペースを設けると使いたい時にすぐに出せて便利です。

もし個々のクローゼットに衣類をしまうのが面倒なら、リビングに家族共用のクローゼットがある間取りもおすすめです。皆が集まるリビングでゆっくり寛ぎながら洗濯物を畳める上、収納場所もまとまっていて時間短縮になります。忙しい朝もリビング内で身支度でき、一石二鳥です。

関連記事

梅雨を迎えて気をつけたいカビ対策
室内に通過してしまう紫外線対策。室内を暗くせず日焼けを防ぐガラスとは
春本番! 室内で花粉症の症状を緩和する方法を知ろう
オシャレに暑さ対策してみる?夏を涼しく過ごす4つのインテリアづくりのポイント
借りる人も買う人も必見!不動産会社での手続き 早わかりガイド

(2017/08/18)