40代、それは方向性が決まる年代

40代は、マンション購入適齢期?自分らしい住空間を創造したいが、後悔はしたくない。40代は、マンション購入適齢期?自分らしい住空間を創造したいが、後悔はしたくない。

マンション購入のボリューム世代は、30代、40代。
40代というと、自分のライフスタイルが定着し、キャリアプランがイメージでき、将来の自分の暮らしの全体像が何となくではあるが掴めてきた。そのようなステージではないだろうか。

賃貸暮らしの人は、そろそろ持ち家かなぁと思いを巡らし、社宅等の人は、退去期限を目前にして家探しの情報収集を始め、実家暮らしのシングルは、場合によっては実家の居心地が悪くなってきたり、親から耳障りなことを言われたり、一人暮らしに憧れたりする頃かもしれない。子どもがいるケースでは、子どもの事情も大いに影響するところである。

40代といってもライフスタイルは人それぞれ。それでもあえて40代という年齢にこだわって、40代のマンション購入のポイントを前半と後半の2回にわたって考えたい。自分の状況に照らして、読みすすめてほしい。

ポイント1:キャリアプランは明快か

賃貸住宅も持ち家も、住居費は等しく発生する。賃貸は住み続ける限り家賃が発生するが、現金購入以外の場合に発生する住宅ローンは、完済後は管理費、修繕積立金、税金等のランニングコストのみの支払となる。言うのは簡単だが、完済までは20年、30年と長い。さらに、頭金や購入時諸費用など、当初の支払が大きいのが住宅購入である。収入や貯蓄の確固たる裏付けがないと、安心安全なマンション購入にはならないことを肝に銘じておきたい。

現在の仕事は、長期間にわたる住宅ローン返済を継続・完済できるだけの収入が見込めるだろうか。転職や起業の予定はどうか。退職時期はいつごろであろうか。共働きの場合は、二人分のキャリアプランの把握が必要となる。やってはいけないのは、「銀行が貸してくれたから」と他人の責任としてしまうこと。契約の当事者も返済の義務者も自分自身である

ポイント2:ライフプランの変化に対応できるか

結婚したら?子どもができたら?転勤になったら?あなたは、購入したマンションをどうするつもりであろうか。「どうにかなる」「これまでも、どうにかやってきた」たしかにそうかもしれない。ただ、相手は何千万円もするマンションである。身動きがとれなくなって、マンションを売りとばし、それでも借金が残って、引越し先の家賃を払うこともままならない。このようなことでは元も子もない。

それぞれの節目、ライフイベントごとに、プランニングしておくことをおすすめしたい。人生の設計書を作成することが、ライフプランニングだ。ライフプランニングでは、ライフイベントやお金の出入りを時系列に並べた表を作成して、人生を見渡す。中長期のお金の出入りが数字で見えれば、貯め時、使い時がわかり、自分にとっての買い時を見極めることもできる。そのような優れものが、ライフプランニング&キャッシュフロー表である。

「結婚したら、しばらくは二人で購入したマンションに住み、その後、広めの新居に二人で住み替える。自分で購入したマンションは賃貸に出し、借入れの返済額以上の家賃収入を得ることが目標」、「子どもが一人増えても十分な広さのマンションを購入しておこう。広くなると高くなるので、駅からの距離や通勤時間は少々目をつぶり、長く住めることを優先したい」など、自分なりに想定し、無理がないか、お金の算段は大丈夫か、など検証しておくことが大切だ。

ポイント3:家族のこと、親のことを意識する

わざわざ言及するまでもなく、単身の場合も配偶者がいる場合も、家族のことや親のことを意識し始めるのが40代である。40代の前半であれば、親も現役ということもあろうが、40代の後半ともなれば、親が年金暮らしとなり、健康状態も気になってくる。それでも、親の介護のために仕事を辞めねばならないといった、50代に多くなる早期退職の理由は40代では少数派だ。

ファミリーの場合、子どもの成長にしたがって、部屋数や収納スペースが必要になる。だが、子どものためだけに住替えるのは考え物だと言えよう。あなたがそうであったように、子どももいつかは巣立つのだ。子が独立した後の子ども部屋の活用法をイメージしておくこと、夫婦だけになったときに、その住空間・住環境で本当によいのかを購入時に検証しておくこと。もちろん答えはその時にならないとわからない。ただ、あらゆる場面を想定し、対応策を準備していたかどうかが、将来の結果を左右する。

シングルの場合はどうだろう。40代は、自分で自由になるお金と時間ができ、実家や賃貸暮らしからの脱出組が目立つ時期。だが、実家を出た場合も、自分の将来のことだけでなく、親の将来も考えておきたいところだ。他に兄弟がいる場合も、他に親と同居の兄弟がいなければ、親から頼られるのはシングルである。一人暮らしをするけれど、最終的には実家に戻る、親を呼び寄せて一緒に暮らす、近居が理想など、自分なりのプランニングをしておきたい。プランニングをしていないがための住み替えは、お金のロスとなる。

ここまで、40代のマンション購入にあたって、後悔しないためのポイントを3つみてきた。4つ目以降は、マネーに関するものが中心となる。続きは、次回に。

2014年 02月09日 11時07分