2Kとは?

2Kとは?
2Kとは?

2Kは、部屋数2つとキッチン、このほかにトイレや浴室などの水回りがあるコンパクトな間取りです。
ダイニングやリビングはありませんが、その分面積が小さいので家賃もお手頃なものが多いです。
さらに2Kは一人暮らし、カップル、DINKS、ファミリーなど、さまざまな家族スタイルにマッチします。しかし、2Kにも複数のタイプがあります。中でも特徴的な2Kの間取りを5つピックアップしました。

2K間取りのチェックポイントは?

2Kを選ぶ際、確認したいのは、どんな暮らしに向いているか? もちろん、居室の広さや収納の多さもチェックしたいポイントです。
とくにファミリーで暮らす場合は、収納スペースは多いほうが、スッキリと快適に生活できます。
ライフスタイルによって部屋の使い方も変わります。2Kの場合、キッチンのほかにある2部屋を寝室にしたり、仕事部屋にしたり、リビングダイニングにすることも。
使い方によっては、一人暮らし兼仕事場や、DINKSやカップル、子どもが小さい家族向けなど、いろんな家族構成に対応します。2Kといっても間取りはいろいろ。自分たちに合った部屋を見極めて検討してみて。

【タイプ1】一人暮らしやカップルにおすすめのワンルーム型2K

ワンルーム型2K
ワンルーム型2K

2Kの中でも、最もコンパクトなタイプ。キッチンと2つの部屋がまっすぐに並んだワンルーム型の間取りです。

ワンルーム風ですが、キッチンと2つの部屋は独立しているので、賃貸アパートでは2Kの扱いになります。厳密に言うと、真ん中にある部屋には窓がないので、寝室などのように部屋としては扱いがたいところです。ただし、窓側の部屋との間の壁が可動できたり、襖などの簡易なものであれば、部屋越しに窓があると認められ、1部屋とカウントされることも。

1DKと似ていますが、違いは中央の部屋にキッチンが含まれるか否かです。キッチンが独立していれば2K、キッチンが中央の部屋と同じ空間なら1DKということになります。
面積としても、キッチンが独立する分、1DKよりやや広めになります。

中央の部屋は、さまざまな使い方ができます。ダイニングはもちろんのこと、リビングにも。寝室としても活用できます。
2つの部屋の間の扉などを開放すれば、大きな空間になり、自由度の高さが魅力です。
このタイプは、寝室が1つでも構わない一人暮らしまたはカップルにおすすめです。

物件を見学する際は、中央の部屋をしっかりチェックしましょう。窓があれば2Kでもとても快適な間取りになるはず。また窓がない場合でも、窓側の部屋との壁が可動なら、使い勝手がとても良い間取りといえます。

【タイプ2】ファミリーやルームシェアにおすすめのキッチン経由型2K

キッチン経由型2K
キッチン経由型2K

ワンルーム型同様にコンパクトな間取りが、このキッチン経由型2Kです。

廊下とキッチンを共用しているので、間取りの効率がとてもよく、面積が小さくても部屋に独立性があり落ち着きます。面積が小さければ一般的に家賃が安くなることも多いので、お得感も嬉しいところ。

このタイプなら、2つの部屋だけでなく、キッチンにも窓があるものが多いので、コンパクトながらも快適性も高そうです。

また2つの部屋が完全に独立しているので、個々の部屋のプライバシーも確保しやすく、ルームシェアにもおすすめ。家族で暮らす場合は、2つの部屋を親の部屋と子ども部屋に分けることも。

デメリットは、必ずキッチンを通らないと部屋まで行けないことでしょう。ただし、ルームシェアやファミリーなら、家族が顔を合わせる場所が中心にあるので、この間取りをメリットと考えることもできるのでは?
この間取りは、ルームシェアや子どもがいるファミリーにおすすめです。

【タイプ3】DINKsにおすすめ、プライバシー重視の1K+1型2K

プライバシー重視の1K+1型2K
プライバシー重視の1K+1型2K

1K+1型2Kは、1Kの間取りにもう1部屋追加されたタイプです。
部屋が2つあるのはほかの2Kと同じですが、1つの部屋には廊下から直接入ることができますが、もう1つの部屋はその部屋を経由しないと入ることができません。その分、奥の部屋のプライバシーはとても高く、寝室にはもちろん、書斎としても使い勝手がよさそう。
共働きのDINKSや、在宅で仕事をしている人におすすめの間取りです。

また、奥の部屋やキッチンが独立しているので、公私を分けやすく、来客が多い人、部屋に人を呼びたい場合には使い勝手がよい間取りといえるのでは?

奥の部屋へはもう1つの部屋を経由しなければならないため、1人1部屋、2人で使う場合はプライバシーが確保しにくい傾向もあります。
このタイプの間取りは、仲の良いカップルやDINKSにおすすめです。

【タイプ4】廊下から各部屋へ直接アクセスできる完全独立型2K

完全独立型2K
完全独立型2K

1K+1型2Kに似ていますが、こちらは、完全独立型2Kです。
特徴は、2つの部屋それぞれが廊下から直接入れること。2つの部屋だけでなく、キッチン、トイレ、洗面・浴室も、すべて廊下から直接入れるため、プライバシーが高いですが、廊下がある分、全体の面積が広めになり、家賃もやや割高になる傾向です。

この間取りは、ルームシェアでもカップルでも、DINKSでもファミリーでも暮らしやすいはず。一人暮らしには少しゆとりがあり過ぎるかもしれませんが、在宅でお仕事をされる場合は、寝室と仕事部屋など使い分ければ、快適に暮らすことができるでしょう。

【タイプ5】空間にゆとりがあるメゾネット型2K

メゾネット型2K
メゾネット型2K

こちらは、これまでのタイプとは使い勝手が全く異なる2Kです。これは、2つの部屋を上下に重ねたメゾネット型2K。
賃貸アパートだと、デザイナーズマンションレベルにならないとあまり目にしない間取りかもしれません。2層構成は、ロフト型の間取りと似ていますが、ロフトの場合は天井高の制限があるため快適性が期待できないことが多いです。
しかし、メゾネット型の場合は、上階の天井高もある程度確保されているほか、開口部などもあり、快適性は申し分ないはず。

ただしこのタイプは、一般的に家賃が高めです。家賃よりも住環境を重視する人や、ゆったり暮らしたい一人暮らし、共働きで家賃の予算に余裕があるDINKSなどにおすすめです。

2Kの間取りを選ぶ場合のポイントは?賃貸で2Kの間取りを選ぶ場合、プライバシーをどこまで重視するか、入居される方の家族構成がポイントになります。

賃貸の場合、家賃がいくらかということも重要です。ワンルーム型が比較的安価で、メゾネットタイプがやや家賃が高いタイプと家賃順に紹介しました。間取りと予算を参考にして、より快適な暮らしのために自分に合った2Kを選んでみてください。

まとめ
・ワンルーム型は、一人暮らしやカップルにおすすめ
・キッチン経由型はプライバシーもありルームシェアやファミリー向け
・1K+1型2Kはプライバシー重視でDINKSにぴったり
・廊下から直接アクセスできる完全独立型2Kは在宅で仕事する人向け
・ゆったり暮らしたい人はメゾネット型がおすすめ

おすすめ特集から賃貸を探す全国の賃貸を探す