おしゃれなイメージのあるテラス付きマンションには、憧れを抱く人も少なくありません。テラスにはさまざまな楽しみ方があり、上手に活用することができれば、生活の質はさらに高まるでしょう。

今回は、テラス付きマンションの基本的な特徴とバルコニーやベランダとの違い、活用方法について解説していきます。

 

テラスとバルコニー、ベランダは、どれも室外のスペースという点では一致しており、一見すると似たようなものだと捉えがちです。

 

まずは、それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

 

テラスとは、専用庭のあるマンションの1階部分に設けられた、地面よりも一段高いスペースを指します。

 

物件によって材質には違いがあり、表面がコンクリートのものだけではなく、レンガやタイル貼り、ウッドデッキなどの幅広いバリエーションがあるのが特徴です。

 

また、屋根付きのものと屋根のないものがあり、どちらもひとくくりでテラスと表現されています。

 

広いスペースを確保できるのであれば、オープンカフェのような感覚で利用できるので、工夫次第でおしゃれな生活を楽しむことが可能です。

 

バルコニーとは、マンションの2階以上などに設けられる室外の専用スペースを指します。緊急時は避難路として用いられるものですが、通常はバルコニーから外部に出ることはできません。

 

ベランダとの違いは、屋根の有無であり、一般的には屋根がないものがバルコニーと呼ばれています。ベランダと比べて、日当たりが良いのが特徴であるものの、使い方においてはそれほど大きな違いがありません。

 

ベランダはマンションの階数には関係なく、雨よけとなる屋根が付いているのが特徴です。バルコニーとはあまり大きな違いはないものの、屋根があるため、戸外に洗濯物を干せる点が大きなメリットです。

 

ただし、ベランダとバルコニーはいずれも緊急時には避難経路に用いられる「共用部分」として扱われる点に注意が必要です。

 

通行の妨げになるような大きなものや、すぐに除去できないものの設置は認められていないことも多いため、物件ごとのルールを理解しておきましょう。管理規約をしっかりと確認し、禁止されていない範囲で活用することが大切です。

 

おしゃれなテラス付きのマンションを選んでも、テラスの利用目的を考えておかなければ、有効に活用できない場合もあります。

 

有効に活用するためのポイントについて見ていきましょう。

 

テラス付きの物件を選ぶうえでは、テラス自体の広さがとても大切な要素となります。十分な広さを確保できれば、テーブルや椅子を配置して、リビングの延長として使用することが可能です。

 

広々としたスペースがあれば、ハンモックなどをつるして家族がくつろげる空間をつくったり、ゆっくりと読書できる場所を設けたりすることもできます。目的に合わせて、どのくらいの広さが必要なのか検討してみましょう。

 

ただ、テラスもバルコニーやベランダと同じく共用部分として扱われるため、周囲の迷惑になるような使い方は禁止されています。マンションごとの規約をよく読み、禁止事項などを確かめておくことが大切です。

 

テラス付き物件においては、表面の材質も重要なポイントになります。

 

比較的安いコストでつくられるコンクリートは、日中の照り返しで熱を持ちやすく、夏場の過ごしやすさには欠けるでしょう。

 

木材は安価なものであると劣化が早く、耐久性の面が気になります。タイル素材はデザインの幅が広く、メンテナンスが容易です。

 

また、テラスは基本的に建物の基礎とは離れてつくられており、耐震性が十分でない場合もあるので注意しておきましょう。

 

テラスが容積率や延床面積に含まれるかどうかは、つくりによって異なります。開放性があり、建物から1m以内の範囲にあるものは、容積率または延床面積に算入されないことになっています。

 

ただし、専用の柱などが建てられていたり、三方が壁で囲まれていたりする場合には含まれることもあります。

 

  • マンションにおけるテラスとは、専用庭のあるマンションの1階部分に設けられた、地面よりも一段高いスペースを指す
  • 表面の材質の違いや屋根の有無など、物件ごとにさまざまな特徴がある
  • 2階以上にある戸外のスペースはバルコニーと呼ばれ、屋根のあるものはベランダと呼ばれる
  • テラスを選ぶうえでは、目的に合わせた広さを見極めることと、材質の違いを押さえておくことが大切
  • テラスはつくりによって、容積率や延床面積に含まれる場合がある

公開日: