現在、猫を飼っている人やこれから猫を飼いたい人にとっては、間取りや立地だけでなく、ペットと快適に過ごせるかどうかも物件探しの重要なポイントです。

猫と一緒に暮らすためには、ペットの飼育が認められている部屋に住む必要があるので、より細かい条件まで確認しながら物件探しを行わなければならないでしょう。

今回は、猫を飼うことができる物件の種類と特徴、物件探しの注意点について解説していきます。

 

賃貸物件で猫を飼うためには、ペットの飼育が認められた「ペット可物件」を選ばなければなりません。そして、ペット可物件にはさまざまな種類があり、それぞれで特徴も違います。

 

ここでは、ペット可物件の種類と特徴について詳しく見ていきましょう。

 

ペット可物件のなかには、入居者の間口を広げるために、もともとあった条件を緩めてペットを飼えるようにしたものがあります。

 

築年数が経過していたり、駅から遠かったりするなど、マイナスの条件を埋める目的でペットの飼育が認められている場合も。

 

物件数が比較的多く、賃料も安く抑えられる点がメリットだといえます。ペット可にしたタイミングで、内装などがペット用にリフォームされていることもあり、物件によって利便性に違いがあるのも特徴です。

 

また、条件を緩めた物件のなかには、「ペット相談可」となっているものもあります。

 

これは、基本的にはペットの飼育を想定されていないものの、貸し手との交渉次第で許可してもらえる可能性のある物件です。

 

ただ、ペットの種類や大きさ、飼育環境などによっては、認めてもらえないこともあります。

 

「ペット共生住宅」とは、ペットの飼育を前提につくられた物件を指します。

 

室内が汚れや傷に強い素材でつくられており、ドッグランやトリミングルームが設けられていることもあるため、利便性が高いのが特徴です。

 

ほかの入居者にもペットを飼っている人が多く、住人間で理解を得られやすい点がメリットとして挙げられます。

 

ペット専用の出入り口や同乗用のエレベーターなどもあり、飼っていない人も気持ちよく居住できることを目的としているため、トラブルを避けて生活できるのです。

 

ただ、一般的な物件と比べて建設や設備のコストがかかるため、賃料は割高になってしまいます。

 

ペット可物件のなかには、猫と暮らすために特化した「猫専用賃貸物件」もあります。ペット共生住宅と比べて、より猫の習性に配慮されたつくりとなっており、快適に共同生活を送ることができるのです。

 

たとえば、床や壁には爪とぎに強い素材が使われており、傷や跡が残ってしまうリスクが軽減されています。

 

また、壁に飛び乗りやすいキャットステップや天井には猫の通り道であるキャットウォークが設けられているなど、室内でも運動させられるのが大きな特徴です。

 

ただ、物件数が少なく、人気も集中しやすいため、理想に当てはまる部屋を探すのは難しいといえます。

 

猫が飼える賃貸物件を探すうえでは、事前に押さえておきたいポイントがあります。効率的な物件探しのコツと注意点について見ていきましょう。

 

ペット可の物件はもともと数がそれほど多くなく、エリアによってはなかなか見つけられないこともあります。希望の条件をすべて満たした部屋を探すのは難しいため、あらかじめ諦められる条件を明確にしておくことが重要です。

 

特に、駅近の好立地などでペット可の物件を探すのは難しいといえます。立地のデメリットを埋めるためにペットの飼育を認めてくれる貸し手もいるため、なるべく幅広い条件で探すようにしたほうが有利でしょう。

 

ペット可となっていても、種類によっては断られてしまう可能性もあるため、事前に不動産会社に相談しておく必要があります。

 

猫はペットのなかでは一般的な動物であり、認めてもらえる可能性が比較的高いものの、トラブルを避けるうえでは重要です。

 

また、複数のペットを飼っている場合には注意が必要です。ペット同士のケンカなどで、騒音トラブルのリスクが高まるため、断られてしまう可能性があります。

 

事前の申告や相談なしで複数のペットを飼うのは契約違反となる恐れもあるので、きちんと許可を得ておくことが大切です。

 

ペットを飼育する際には、初期費用が高くなる場合があります。清掃や傷の修繕費用として、敷金が高くなってしまうケースがあるので注意が必要です。

 

ペット可の物件は、初期費用に関する情報がきちんと記載されている場合が多いものの、念のため不動産会社に具体的な料金を確認しておきましょう。

 

物件によっては、敷金以外で原状回復の費用を負担しなければならないこともあるため、事前に確認しておくとより安心です。

 

意外と見落としてしまいがちなのが、住まいの周辺環境に関する点です。猫が病気やケガをしたときのことを考えて、動物病院が近くにあるところを選ぶと安心度が高いといえます。

 

また、日当たりが良い部屋や、人と居住スペースを分けられる間取りを選ぶのもポイントの1つです。なわばりを大切にする猫は、独立したスペースをつくってあげたほうが、より居心地よく感じる場合もあります。

 

  • 条件を緩めてペット可にした物件は比較的家賃を抑えられるのが魅力
  • ペット共生住宅はペットの飼育を前提とした物件
  • 猫の飼育に特化した猫専用賃貸物件は利便性が高いものの、見つけるのが難しい
  • ペット可物件であっても、きちんと事前に相談をすることが大切
  • 初期費用が高くなりやすい点を理解しておく

公開日: / 更新日: