賃貸物件を探していると、「事故物件」ではないか気になる人もいるのではないでしょうか。「事故物件=部屋で人が死亡した物件」と捉える人も多いでしょう。

しかし事故物件の定義は、不動産会社ごとで異なります。極端に言えば、同じ物件でも不動産会社によって、事故物件扱いされるかどうかが変わるということです。

賃貸物件を探している人の中には、気になる物件が自事故物件かどうか自分で判断したい人もいるでしょう。そこで今回は、「住宅建築コーディネイター事務所 住デザイン」代表の坂井章典さんにお伺いし、事故物件を見分ける方法について紹介してもらいました。

事故物件とは

事故物件とは、一般的には室内で人が亡くなった物件のことをいうことがほとんどです。しかし、法律上では「事故物件」の定義がされていないため、不動産会社によってその定義は異なります。

 

室内で人が亡くなった物件でも、自然死の場合だと、事故物件にすることはほとんどありません。ただし、不幸にも死後に発見が遅れた場合、事故死となるケースがあります。

 

不動産会社は、事故物件を入居希望者へ案内する場合、告知する義務(告知義務)があります。不動産会社は「事故物件」であることを、入居希望者へ伝えます。

 

仮に、事故物件であることを知っていながら告げずに入居者との契約を結んだことが発覚したら、賠償金の支払いが発生する場合も。不動産会社は告知義務を怠ったとして、ペナルティを受けるのです。

 

とはいえ、事故物件と認定されてから告知する期間は、不動産会社ごとに異なります。事故物件として認定された期間や入居者が変わった回数など、独自の基準で区切っている不動産会社もあるようです。

 

さらに、死亡内容によっては事故物件扱いしないこともあります。この場合も、入居希望者に部屋で亡くなった人がいることを伝えません。

 

しかし、その一方で、

「事故物件だけど、とくに変わったことはない」

「賃料が安いから、とても助かる」

などの理由から事故物件に住み続ける人もいます。

事故物件・心理的瑕疵物件とは

心理的瑕疵物件とは、心理的な抵抗が生じる物件のことを指します。事故物件は、心理的瑕疵の一部に含まれている事例です。心理的瑕疵には、事故物件以外の事象もあります。

 

・当該物件(もしくは物件付近)で殺人が起こった

・当該物件(もしくは物件付近)で事件が起こった

・物件付近に嫌悪施設(暴力団事務所など)がある

 

過去に殺人犯の住んでいた家や、墓地や病院の跡地などに建てられた建物も、心理的瑕疵物件となるケースがあります。

 

心理的瑕疵は、物件もしくは物件周辺で起こったできごとなど、死亡以外の事象も含まれます。対して事故物件とは、室内で人が亡くなった物件を指すことが多いと言えそうです。

事故物件の調べ方、探し方

事故物件を調べる時のポイントは複数あります。ここでは、具体的な調べ方を紹介します。

 

各地域には、家賃相場と呼ばれるものが設定されています。簡単にいえば、各地域の平均賃料のことです。『LIFULL HOME’S』(ライフルホームズ)では、家賃相場を確認できます。

 

自治体や駅を選択すると、家賃相場が見られます。

たとえば、1Kの相場が5万円の地域で、賃料が3万円を切っていたというように、家賃が相場から極端にかけ離れた物件の場合、事故物件の可能性があります。仮に築年数が浅くても、事故物件だからという理由で、大家が相場よりも賃料を下げることもあります。

 

しかし築年数が古かったり、交通アクセスが悪かったりなど、別の理由で賃料が下がることもあるため「賃料が安い物件=事故物件」とは必ずしも言い切れません。事故物件以外のことが理由で、賃料が大幅に下がる場合もあるため確認が必要です。

 

物件の概要が載っているページの記載内容を見ながら、事故物件であるか調べる方法もあります。事故物件の場合は「告知事項あり」、「心理的瑕疵あり」などが、備考欄に載っています。

 

物件概要に「事故物件」と記載されているページはほとんどないので、覚えておきましょう。

 

インターネット上で、事故物件か調べる方法もあります。手っ取り早い方法は、「物件名+事故」と調べることです。ただし物件名が変更されていることもあります。

 

インターネット上に掲載されている情報の中には、ウソの内容が載っていることもあります。物件の評価を下げるためにウソの情報を書き込んだり、間違った物件名で書き込まれたりしているケースもあるため、情報を見極めることが必要です。気になる点があれば、不動産会社に必ず確認しておきましょう。

不動産会社に相談してみよう

物件探しで不安なことがあれば、とにかく不動産会社に相談しましょう。相談すると、不動産会社同士でしか出回っていない話を知ることができたり、物件の探し方についてアドバイスをもらえたりして、物件探しがしやすくなる可能性があります。

 

「こんなこと質問しても大丈夫かな?」と思っても遠慮せずに聞くことが、あなた好みの物件を見つけるコツです。好みの物件を見つけるためにも、遠慮せず相談してみることをおすすめします。

公開日: / 更新日: