ルーフバルコニーは屋根のない仕様で、ベランダとは違った開放感やおしゃれさから注目を集めています。ルーフバルコニー付きのマンションに住むと、どういうメリットがあるのでしょうか?

今回はルーフバルコニー付きのマンションにおけるメリットや注意点、活用方法も併せて紹介します。

 

ルーフバルコニーとは一般的に、マンションや一戸建て住宅に採用されているバルコニーの一種で、下の階の屋根を利用しており、建物から外へ張り出している部分のことを指します。屋根が付いておらず、周りが柵やフェンスなどで囲われているのが特徴です。

 

また、ルーフバルコニーと似た存在として、ベランダやテラスが挙げられますが、ベランダは屋根があることが条件とされ、テラスは建物の1階部分にあり、床が地面より一段高くなっていることが条件となります。

 

それぞれ階数や屋根の有無により呼び方が異なるので覚えておきましょう。

 

ルーフバルコニーには日差しを遮る屋根がないため、周りに高い建物などがない場合は、どの方角にあっても日当たりがいいというのが大きなメリットです。

 

マンションの部屋からは空が見えにくいことが多いですが、屋根がない分、空などの景色も目に入り、開放感が得られるのも特徴です。

 

また、2階など低い階数にある部屋に住んでいると、場合によっては外から中が見えてしまうことがありますが、ルーフバルコニーがあると、敷地の外から部屋までの距離が遠くなるため、部屋の中が見えにくくなるという防犯面としての効果が得られることもあります。

 

ルーフバルコニーがあるメリットは屋外だけではありません。室内からルーフバルコニーがつながって見えるため、視覚的効果により、部屋が広く見えます。

 

特に、ルーフバルコニーと部屋の床の素材に統一感を持たせることにより、部屋が拡張されたように見えるでしょう。

 

ルーフバルコニーの特徴として屋根がないため、ベランダと違って雨が直接降ってきます。ルーフバルコニーに物を置いていると雨に当たってしまうので、雨対策が必要となるでしょう。

 

また、ゴミなどが舞い込んでくる場合もあり、ゴミをためた状態のまま放置していると排水溝が詰まり、下の階への水漏れの原因となる場合もあります。

 

これはベランダやテラスでも同じですが、ルーフバルコニーも定期的な掃除が必要なので注意しましょう。

 

また、あまりに高層階の部屋のルーフバルコニーだと、洗濯物や置いてあるものが風で飛ばされたり倒れたりする危険性もあるため、注意が必要です。

 

また、マンションのルーフバルコニーはベランダと同様、マンションの共用部分という扱いとなります。マンションによってはルーフバルコニーを使用する際に、使用料を求めるマンションもあるため、事前に不動産会社やオーナーに確認しておくと安心です。

 

ここではルーフバルコニーの活用方法を紹介しますが、ルーフバルコニーを使用する前提として、マンションの管理規約をしっかりと確認しておくことが大切です。

 

ルーフバルコニー付きのマンションに住む際、さまざまな活用方法で生活をより一層楽しみたいと想像を膨らませていても、マンションで定められた管理規約によっては実現できない可能性もあります。

 

また、ルーフバルコニーは一般的なバルコニーやベランダと同じく、共用部分であるのみならず、避難経路としての役割があるため、すぐに動かせないような物を設置することは禁止されています。

 

そのため、ルーフバルコニーを活用する際は、マンションの管理規約を事前に確認し、使用可能な範囲をチェックしておきましょう。

 

ルーフバルコニーにテーブルや椅子を置いて、のんびり過ごせるリラックススペースをつくるのもいいでしょう。屋根がなく開放的なルーフバルコニーの特性を生かし、天気のいい日は朝食やブランチで使用したり、夜景を眺めながらお酒を飲んだりできます。

 

ルーフバルコニーは普通のベランダよりスペースが広く、日当たりがいいことも多いので、プランターを用いてガーデニングや家庭菜園を楽しむのも活用方法の1つです。

 

通常のベランダでは十分に日が当たらず、栽培が難しいとされる野菜や果物に挑戦してみるのもいいでしょう。ルーフバルコニーは室内からの見通しもいいので、室内からこだわりのガーデニングを眺められるのも魅力です。

 

たまにしか使わないレジャー用品など大きな荷物の置き場所に悩んでいる方は、ルーフバルコニーに移動可能な小型の物置を配置して、収納スペースを増やしてみてはいかがでしょうか?

 

頻繁に使わない物は物置にしまうようにすると、室内のスペースにゆとりができ、そのスペース分を有効活用できます。

 

ルーフバルコニーをただ使用するだけでなく、より快適に過ごせるスペースになるようウッドデッキを設置したり、長時間いても苦にならないよう、日よけにシェードを用いたりするなど一工夫をすれば、さらに魅力的で素敵なルーフバルコニーをつくることもできます。

 

マンションの管理規約を確認したうえで、目的や理想に合わせてルーフバルコニーを活用してみてはいかがでしょうか。

公開日: