家賃は毎月支払うものなので、無理せず支払いできる金額にとどめることが重要です。とはいえ、自分にとって無理のない金額がいくらなのかを知らないことには、理想の家賃を決めるのは難しいですよね。

今回は家賃の決め方や、借りる際に家賃が高くなりやすい、もしくは安くなりやすい物件の特徴について解説します。

 

はじめに、家賃の決め方について紹介します。自分にとって無理なく支払える家賃を決める際は、以下のポイントに注目しましょう。

 

家賃を決める際に最も大切なことは、家賃を支払っても生活に余裕があることです。

 

家賃を高めに設定してしまうと、収入によっては生活が圧迫され、余裕がない状態でやりくりをしなければいけません。生活に支障をきたさないように、まずは年収から家賃に割ける金額を算出しましょう。

 

賃貸の場合の家賃では、年収の20%~25%を目安に考え、高めに設定するとしても年収の30%を上限としておくと、家賃を支払ってもゆとりのある生活が送れるでしょう。

 

■シミュレーション

 

年収300万円の場合

20%:60万円(5万円/月)

25%:75万円(6.25万円/月)

30%:90万円(7.5万円/月)

 

年収400万円の場合

20%:80万円(6.7万円/月)

25%:100万円(8.3万円/月)

30%:120万円(10万円/月)

 

年収500万円の場合

20%:100万円(8.3万円/月)

25%:125万円(10.4万円/月)

30%:150万円(12.5万円/月)

 

なお、年収とは額面年収を指し、手取りとは異なるので注意が必要です。

 

家賃と同じように、食費や光熱費なども毎月支払っていかなければいけないお金です。さらに生活費に加え、交通費や習い事といった教育娯楽費などで支出が重なるケースもあります。

 

自身が毎月支払っている生活費を算出し、それを基に収入と照らし合わせて家賃に割ける金額を算出してみるのもひとつの手です。

 

家賃を決める際は、貯蓄の有無も重要なポイントとなります。生活費以外にも、病気やけがで急な出費が必要となるケースもあります。

 

貯蓄がある人は急な出費を賄うことができますが、貯蓄がなく家賃の支払いで生活がギリギリという人は、急な出費に対応できず、生活費のやりくりが難しくなる可能性があります。

 

年収に合わせた家賃の基準を満たしていても、十分な貯蓄がなく、今後も貯蓄をするのは厳しいと予想される場合は、基準よりも低めに家賃の予算を設定しておくとよいでしょう。

 

自分に適した家賃の金額を把握したうえで、なるべく安い家賃で抑えたいと考える方も多いでしょう。一般的に家賃を抑えられる家には特徴があり、それに納得したうえで家選びを行うことが大切です。

 

家賃が高い物件と安い物件の金額の差は、主に以下の5つのポイントから生じます。

 

  1. 交通の便、駅近などの立地
  2. 築年数
  3. 広さ、間取り
  4. 鉄筋コンクリート造のマンション、木造アパートなどの建物構造
  5. 設備の充実度

 

これを基に、家賃が高い物件と安い物件の特徴を見ていきましょう。

  • 部屋が広く、設備が充実している
  • 新築または築浅物件である
  • 駅から徒歩10分以内
  • 最寄り駅の利便性が良く、都心へのアクセスも早い
  • 都心部や人気エリアにある
  • 周辺の環境が充実している
  • デザイナーズ物件である

 

このように住みやすく、周辺環境も良い物件は家賃が高くなる傾向にあります。

  • 部屋が狭く、ユニットバスや室外洗濯機置き場といった設備である
  • 特殊な間取りの部屋
  • 最寄り駅から10分以上歩く必要がある
  • 築年数が古い
  • 最寄り駅には急行や快速が止まらず、利便性が悪い
  • スーパーやコンビニなどの周辺の環境があまり充実していない
  • 近くに線路など騒音の原因となるものがある

 

部屋の設備や周辺環境が充実していない場合は家賃が安くなる傾向にあります。

 

 

なるべく家賃を抑えたいという方は、物件選びの際に優先順位をつけておくことが大切です。

 

たとえば、勤務地や学校が家の近くにあり、電車を普段使わないという人は必ずしも駅近である必要はありません。さらに駅から家まで自転車を使用する方や、生活できる最小限の設備があればいいという方は、家賃が安い物件でも問題なく住むことができるでしょう。

 

一方、自宅で仕事を行う方などは十分な広さのある家でないと窮屈に感じることも多く、日ごろから電車移動が多い方は駅から遠い物件だと使い勝手が悪く感じることも。

 

家探しの段階で、部屋に求める条件に優先順位をつけておくことで、希望の条件を満たしつつも家賃の安い物件を見つけられる可能性があります。

 

家賃を決める際は、自身の収入や毎月の生活費から家賃に割ける金額を算出することが大切です。

 

家賃は生活費のなかでも大きい割合を占めるため、少しでも安く抑えたいと考える方は多いでしょう。しかし、家賃ばかりを気にしていると、自身のライフスタイルに合った部屋が見つけられず、住んでから後悔してしまうこともあります。

 

そのため、自身のライフスタイルも十分に考慮したうえで、どの条件を優先させるかをよく考え、家賃に割く金額を決めるようにしましょう。

公開日: