学生マンションとは

pixta_23773317_S (1)
学生専用のマンションがあります。

“学生マンション”とは、文字通り学生専用のマンションのこと。大学や専門学校に通いやすい場所に位置しており、入居契約の際には合格証書や学生証など、学生であることを証明する書類が必要です。
一般的なアパートやマンションでは、同じ建物の中に社会人やファミリー層などさまざまな人が入居しており、年齢層も幅広いです。
その点、学生マンションの入居者は近隣の学校に通う学生で年齢も近いため、マンションにありがちな「隣にどんな人が住んでいるか分からない」という不安感は軽減できるでしょう。

学生マンションに予備校生や社会人は入居できる?
例えば、地方に住んでいる人が親元を離れて東京の予備校に通いたい場合。このようなケースでは、予備校生に通っていることを証明できる書類を提出すれば、入居可能な学生マンションも多いです。翌年晴れて志望校に合格した場合は、別の物件を探しても良いですし、そのまま住み続けるという選択肢もあります。

また、学生マンションは、学校を卒業する年に契約を終了し、退去することが原則となっています。ただし、一部の学生マンションでは、社会人になってからも入居を続けることが可能なケースもあるようです。
なお、学生マンションについて各運営会社で共通のルールが定められている訳ではありません。管理規約の内容はマンションにより異なるので、事前に確認しておきましょう。

pixta_33731767_S
食堂が併設されているかどうか、
確認してみるといいでしょう。

学生寮や学生会館との違い
“学生寮”や“学生会館”は、学校が運営・管理を行っている共同住宅です。その学校の生徒のみが入居可能で、門限が定められている、相部屋が多いなど、学生マンションに比べると集団生活の色あいが濃いです。

また、財団法人や民間企業が運営する“一般学生寮”“学生会館”もあり、こちらは通う学校を限定していません。門限などの制限は定められていない事が多いですが、管理人が常駐しています。
なお、学生寮・一般学生寮・学生会館には食堂が併設されており、手頃な価格でバランスのよい食事を摂ることができます。

学生マンションの魅力や特典

pixta_20403309_S
同年代の人が集まるマンションのため
友人を作れる可能性もあります。

初めてのひとり暮らしにおいて、学生本人も保護者もまず気になるポイントといえば防犯面でしょう。
学生マンションは、オートロックやセキュリティシステムを導入するなど安全面に力を入れた物件が多いです。女性専用マンションや、女性専用フロアを採用しているマンションもあります。

そのほか、インターネット回線やケーブルテレビが無料で利用できるなど、設備が充実した物件が多いです。
また、電気や水道のトラブルには管理会社が24時間対応しています。
学生同士の交流会・懇親会を定期的に実施しているマンションもあり、知り合いのいない土地でも不安なく生活できるでしょう。

学生マンションならではの予約サービス

学生マンション独自のサービスとして、“事前予約”や“合格前予約”があります。

事前予約
一般的な賃貸住宅では、早めに部屋を契約すると、たとえその部屋に住んでいない期間にも家賃が発生します。学生マンションの事前予約は、卒業・退去予定の学生が住んでいる部屋を予約しておくことで、実際に入居する4月まで家賃が掛からないシステムです。推薦入学などで早めに進路が決まる人も、余分な家賃の支払いの心配なく部屋探しができるでしょう。

合格前予約
2月・3月は受験シーズン。合格が決まってから物件探しをしても、条件の良い物件は既に契約済みで、学校から遠い物件しか残っていないケースも少なくありません。学生マンションの合格前予約とは、受験前から部屋を予約できるシステムです。残念ながら不合格となった場合、キャンセル料の要・不要は物件により異なるので、事前に確認しておきましょう。

学生マンションのデメリット

pixta_22982641_S
早めにご家族と相談を
始めるのがよさそうです。

良いところばかりに思える学生マンションですが、デメリットも確認しておきましょう。

家賃が比較的高め
学生マンションは設備が充実している分、家賃や管理費が相場よりも比較的高めに設定されている傾向があります。できるだけ家賃が安い物件に住みたい人は、学生マンション以外の物件から探したほうが良いでしょう。

若者が多いぶん騒がしい傾向も
「学生マンションは騒がしい」という声もあります。入居者の多くが20歳前後の若者なので、自宅に友だちを呼んでつい騒ぎすぎてしまうこともあるでしょう。ある程度はお互い様と譲り合うことも大切ですが、静かな生活にこだわりがある人には不向きかもしれません。

学生マンション自体が多くない
また、学生マンション自体の数に限りがあるため、大学や専門学校が多いエリアでは、空き物件が出てもすぐに埋まってしまうことも多いです。学生マンションへの入居を希望する場合は、早めに動きはじめるのがおすすめです。

様々な選択肢の一つとしてよく考えよう

通常の一人暮らしに比べて異なる経験をできたり、食事やセキュリティ面での安心がある一方で、費用を抑えたい場合や、毎日身近に友人知人が近くにいるような環境への向き不向きなど、様々なポイントを考えたうえで選びましょう。

学校別一人暮らし向け賃貸を探す全国の賃貸を探す