都心で働いている人にとって、毎日の電車通勤につきものの悩みといえば「通勤ラッシュ」です。都心に近いほど賃貸住宅の家賃は高くなりますし、家賃の安いエリアを選ぶと勤務先から遠くなってしまいます。しかし視点を変えてみると、家賃を下げながら通勤ラッシュの負担を減らすことができるかもしれません。それは、郊外の始発駅に住むという選択肢です。

まず、賃貸住宅の家賃が高くなるおもな要因を考えてみましょう。

最寄り駅の利便性が高いと、周辺エリアの家賃は高くなります。複数の路線が乗り入れているターミナル駅は、駅ビルや周辺が発展しているため人気が高いです。一般的に、同じ路線であれば都心から離れるほど、駅周辺エリアの家賃は安くなっていきます。

同じ沿線で物件を探す場合、急行や特急の停車駅はほとんどの場合割高になってきます。たとえ隣駅でも、各駅停車しか停まらない駅とは家賃に大きな差が出てくるでしょう。

一般的に、最寄り駅からの距離が短いほど家賃は高くなります。また、周辺に公園や公共施設等が充実していることも人気を集める要因になります。

物件自体の条件が良い場合も、家賃は高くなります。特に築浅の物件は室内がきれい・設備が新しい、といった理由で人気です。

 

賃貸物件の家賃が高くなる理由は?

賃貸物件の家賃が高くなる理由は?

勤務先にできるだけ近いエリアの賃貸住宅に住めば、通勤時間を短くすることができます。しかし駅からの距離・周辺環境・築年数・間取りなどが似た物件であれば、都市部に近いほど家賃が高くなってしまうのも事実です。

 

そこで考えを変えてみて、通勤の負担を軽減するためにあえて通勤先から離れたエリアにも目を向けてみませんか。通勤時間が少し長くなっても座って行けるのであれば、ラッシュの電車も楽になるはずです。

 

そこでおすすめしたいのが始発駅を選択肢に加えること。始発駅とは、その名の通り電車が出発する駅です。路線が折り返すことから乗客が全員降りるため、座れる可能性が大きく上がります。

 

通勤のラッシュが疲れる

通勤のラッシュが疲れる

一般的に都市部から離れた駅ほど、周辺の家賃は安くなっていきます。都市部に乗り入れる路線の始発駅は多くが郊外に位置するため、そのエリアの賃貸物件に住めば、電車通勤の負担を軽減しながら、家賃を安くすることができるかもしれません。都内の中心地に比べて始発駅周辺の家賃相場は、間取りにもよりますが、数万円ほど安くなることもあるでしょう。また、都心のベッドタウンでもある郊外は、賃貸物件の数も豊富にあるため、家賃が安くなる傾向があります。

 

生活の利便性を確保しつつ家賃の安い物件を見つけるためには、先入観にとらわれず選択肢の幅を広げてみるのがおすすめです。最寄りが始発駅の物件に住めば、乗車時間は少し長くなりますが、座って通勤できる可能性が高くなります。賃貸物件のさまざまな条件を総合的に判断して、暮らしやすい物件を見つけましょう。

 

まとめ
・家賃が高くなる要素のなかでも特に大きいものは、都心からの距離
・始発駅から乗車すれば座れる可能性が高く、通勤の負担を軽減できる
・郊外の始発駅は家賃が安い

公開日: / 更新日: