中古マンションを購入し、自分好みの部屋にリノベーションして暮らすというスタイルが最近は注目を集めています。
新築物件を購入する場合と違い、中古物件をリノベーションするとどんなメリットや、注意すべき点があるでしょうか?

この記事では理想の住まいをつくるために、事前に知っておきたいポイントや、リノベーションする物件の探し方をご紹介します。

中古物件を購入する一番のメリットは、新築物件を購入するよりも費用が抑えられることです。

 

住宅の価値は一般的には新築時から徐々に下がっていきます。築年数によっては、リノベーション費用を入れても新築住宅の購入費よりもコストが抑えられる中古物件もあります。

 

物件探しを行う中で、新築マンションだけでなく中古マンションも含めて検討したほうが選択肢は広がります。

 

新築マンションの物件数や建築時期には限りがあります。住みたいエリアがある場合などは特に、中古物件も含めて探したほうが希望に合う物件に出合える可能性が高まります。

 

中古物件は既にある物件を見ることができるので、新築に比べて実際の暮らしがイメージしやすいです。

 

リノベーションで内装や設備は変わるかもしれませんが、共用部や窓からの景色、日当たりなどは見たそのままです。また新築マンションはどんな住人がいるのか住み始めてからしか分かりませんが、中古マンションは既に人が住んでいるので、事前にチェックすることもできます。

スケルトンリフォームとは、住宅をいったん骨組みだけの状態にして改修する工事のことです。骨組みだけを残してすべてつくり直すので、壁や床の内装はもちろん、水回り設備や間取りもすべて一新でき、比較的自由に空間を設計することができます。

マンションの管理規約

マンションの管理規約をチェックしましょう

マンションによっては管理規約にリフォーム内容が制限されていたり、条件が設けられている場合があります。

 

リノベーションしたいマンションで自分の希望する工事ができるか、購入前に管理規約を確認しておきましょう。またリノベーション工事を行う際はマンションの管理会社や近所の人に伝えることも忘れないようにしましょう。

 

管理規約上問題がなかったとしても、マンションの仕様や構造によっても、できる工事とできない工事があります。たとえば鉄筋コンクリート造のマンションで壁で支える構造の場合、リフォーム工事で撤去できない壁があるのです。2部屋をつなげてワンルームにしたかったのに、できないということも。

 

マンションには専有部分と共用部分があり、リノベーションして個人で自由に変更できるのは専有部分のみです。窓や玄関、バルコニーなどは実は共用部分になるので注意しましょう。

 

建物の躯体や排水管などの状態は見た目では分からないため、マンションの築年数や劣化によっては想定外の費用が発生する場合があります。また古い建物は、大規模修繕や耐震基準を満たしていないなどで別途改修工事が必要になった際に、工事費の負担を求められる場合もあります。

 

しかし実際は築年数よりも、どう管理してきたかが建物の状態を左右するので重要です。物件を見る際は建物だけでなく、ゴミ捨て場や郵便受けなど共用部分の管理状況までチェックするようにしましょう。自分だけで判断が難しい場合には、専門家に依頼して、インスペクション(住宅診断)を行うことも検討してみましょう。

部屋のリノベーションではどんなことができるか、いくつか例をご紹介します。

壁材や床材を張り替えると雰囲気ががらりと変わります

壁材や床材を張り替えると雰囲気ががらりと変わります

部屋の印象を大きく左右する壁材や床材を張り替えることで、内装をガラリと変えることができます。壁材にはクロスや木質、タイル、床材にはフローリングやタイル、コルクといった種類があるので、理想の部屋の雰囲気に合わせて材質を選びましょう。

 

また、壁に色みの強いカラーを選ぶ場合は、基本となる1色を選び、その色に合わせてほかの部分の壁色を選ぶようにすると統一感が生まれます。

 

間仕切りをとり、1つのスペースにするのも魅力的です

間仕切りをとり、1つのスペースにするのも魅力的です

物件の築年数によってはキッチンスペースが狭く、リビングとして使用できるような広い部屋がない場合があります。キッチンと居間スペースの間にある壁を取り払い、1つの部屋としてつなげることで、DKあるいはLDKとして広いスペースを活用できるようになります。

 

そこに前述の壁材や床材の内装を組み合わせれば、おしゃれなカフェのようなLDK空間をつくることも可能です。

 

お風呂の追い焚き機能は家族で住んでいる場合は欠かせない機能ですが、古いお風呂は追い炊き機能がついていないものも多く見られます。追い焚き機能を追加することで、湯冷めによるお湯の張り替えをする必要がなく、月々の水道代を抑えることができます。

 

ユニットバスならお風呂そのものの交換も比較的簡単にできます。ユニットバスは、床、壁、天井、浴槽などのパーツを工場でつくり、現場で組み立てるバスルームです。そのためメーカーのカタログから機能やデザインを選べば、オールインワンで希望するバスルームがつくれます。

 

ウォークインクローゼットや造作家具など大型の収納スペースもつくると、1箇所に大量のモノを収納することができ、生活空間がすっきりします。スーツケースやゴルフ用品など大きなものも収納することができるほか、衣類、帽子などファッション小物まで小さなモノもまとめて管理することができ、出かける際の準備もしやすくなります。

 

続いては、中古マンションを購入してリノベーションをする場合の物件の探し方やリノベーション会社の選び方を具体的に紹介します。

 

以下3つの方法について、それぞれ解説をしていきます。

 

1)中古マンションとリノベーション会社を別々に探す方法

2)全面リフォーム・リノベーション済み物件を選ぶ方法

3)ワンストップで物件探しからリノベーションまでする方法

あらかじめ気に入った物件や、リノベーションにかける予算が決まっているなら、予算ごとに中古マンションを探すとよさそうです。購入する前にリノベーション会社や管理会社に希望どおりの施工ができるかどうか確認しておきましょう。

 

早く住まいを手に入れたいという方には、既にリノベーション済みの物件から探す方法もあります。もし気に入った部屋が見つかれば、リノベーション会社を探したり、予算を調整する手間もなく、すぐに住み替えができます。

物件探しからリノベーションの施工まで、ワンストップで対応する会社を探す方法もあります。ワンストップで対応してくれる会社なら、物件を購入してから思ったとおりのリノベーションができなかったり、物件にお金をかけすぎて予算が足りなくなるという心配は減りそうです。

公開日: