近年、中古マンションを購入してリノベーションをするケースが増えてきています。中古マンションを購入してリノベーションを行うと、暮らしのスタイルに合わせた間取りや内装にしながら、新築マンションの購入よりも費用を抑えることも可能です。新築では手が届きにくい人気のエリアの物件も、中古マンションを購入してリノベーションすることで取得できるケースもあります。

また、新築マンションでは、間取りや内装を自由に決めることができず、決められた間取りプランや内装プランの中から選ぶことが一般的です。これに対して、中古マンションを購入してリノベーションをすると、新築マンションの購入よりも自由度が高いことも人気の要因です。
住まいにこだわりのある人にとって、中古マンションの購入には住まいを自由に変えられるという点が魅力です。ただし、物件の構造によって、間取りの自由度が異なりますので、中古マンションの購入時には注意しましょう。

家づくりを楽しむ人が増えてきました

家づくりを楽しむ人が増えてきました

リフォームとリノベーションには、明確な区別はありません。リフォームは和製英語で、改修という意味で使われることが一般的です。たとえば、古くなった壁紙やフローリングなど内装材の張り替えや、老朽化したキッチンの交換を行うことなどを指します。リフォームでは、新築のときの住まいの性能に戻すことを目指します。

 

一方、リノベーションは大規模な工事によって住まいに新たな性能をつけて、新築のときよりも価値を高めることが目的です。たとえば、リノベーションは住む人の家族構成やライフスタイルに合わせて、間仕切り壁を撤去して間取りを変更するなど、大規模な工事を伴うものが中心です。骨組みまで解体して配管や配線まで取り除いてスケルトン状態とし、間取りやデザインを一新するケースなどもリノベーションに含まれます。

 

また、倉庫をオフィスに、オフィスを住まいにするといった用途変更を伴うリノベーションは、コンバージョンと呼ばれています。

間取り変更の自由度が高いマンションもありますが、リノベーションによる間仕切り壁の撤去などは構造によって異なります。たとえば、分譲マンションの多くは、鉄筋コンクリート造または鉄骨鉄筋コンクリート造のラーメン構造が採用され、柱と梁で構成されているため、内部の間仕切り壁は自由に撤去ができます。また、一部の低層マンションでは鉄筋コンクリート造の壁式構造でつくられ、撤去できない間仕切り壁もあるため、リノベーションには不向きです。

構造によってリノベーションできる範囲が変わります

構造によってリノベーションできる範囲が変わります

 

キッチンや浴室、トイレなど水回りの位置の移動は、床下の構造によって配管を動かせるかどうかで決まり、排水管の勾配をとるためのスペースが必要です。古いマンションでは階下の天井との間を排水管が通っているため、水回りの位置を変更できません。

また、逆梁工法のマンションではスラブと床の間のスペースが広いため、水回りの位置を比較的広い範囲で動かせます。一般的なマンションでは、さほどスラブと床の間のスペースはなく、移動できる範囲は限定的です。ただし、床を上げることで水回りの移動が可能なケースもあります。

リノベーションの種類は様々

リノベーションの種類は様々

構造や所有権の面から、一戸建て住宅とマンションではリノベーションできる範囲が異なります。マンションでは専有部分内に限られ、共用部である玄関ドアやサッシを変えることはできません。

 

スケルトンリノベーションとは、躯体の状態まで解体して、間取りの変更や給排水管や内装、水回り設備などを一新するものです。一度スケルトンにすることで、住まいの不具合にも気づきやすく、築15年より古い物件のリノベーションでは、スケルトンリノベーションも選択肢の一つです。スケルトンリノベーションの費用の目安は700万円~1,000万円ほどですが、水回りの設備のグレードによって大きく費用は異なります。

 

部分的なリノベーションは、2室を1室にする間取り変更や、位置の変更を伴うキッチンの改修など、住まいの一部のリノベーションを行うものです。リノベーションを行う範囲にもよりますが、水回りの工事を含まない場合には、100万円程度の費用から可能であり、500万円程度が目安です。

ライフスタイルの数だけマイホームの選択肢があります

ライフスタイルの数だけマイホームの選択肢があります

中古マンションのリノベーションでは、新築物件の購入よりも自分の希望に合ったスタイルの住まいをつくることができます。インターネットや雑誌などを参考にリノベーションのイメージを膨らませて、リノベーション会社を訪れると良いでしょう。

 

ただし、スケルトンリノベーションなどの大掛かりなリノベーションでは、リノベーション会社の担当者との打ち合わせが煩雑となることが多いです。仕事などに追われて時間のとれない人や住まいにさほどこだわりのない人には、新築物件やリノベーション済みの物件の購入が向いていることもあります。

 

マイホームの選択肢は、新築物件の購入だけではなく、中古物件を購入してリノベーションを行うなど、選択肢が増えてきました。今後の暮らし方や予算などから、自分や家族にとって最適なマイホーム取得の方法を考えてみましょう。

公開日: / 更新日: