住宅ローンを組む際に多くの人が気にするのは、支払い終える完済年齢は何歳くらいになるのかということです。当然ながらできるだけ早く完済したいという人が多いでしょう。今回は住宅購入を検討している人に向けて、住宅ローン完済の平均年齢や返済計画のコツなどについて詳しく解説します。

住宅ローン返済

 

住宅ローンを組むにあたって年齢による制限はあります。各金融機関は住宅ローン借入時の上限年齢や完済時の上限年齢をそれぞれに定めています。

 

以下は、主要銀行の住宅ローンの借入時と完済時の上限年齢をまとめたものです。

 

名称

住宅ローン借入時の上限年齢

住宅ローン完済時の上限年齢

三井住友銀行

70歳の誕生日まで

80歳の誕生日まで

みずほ銀行

71歳未満

81歳未満

三菱東京UFJ銀行

70歳の誕生日まで

80歳の誕生日まで

りそな銀行

70歳未満

80歳未満

三井住友信託銀行

65歳以下

81歳未満

2020年10月8日時点

 

表を見ると、住宅ローン借入時の上限年齢を70歳、完済年齢の上限制限を80歳までに設定している銀行は多く、いずれも高い上限年齢となっていることが分かります。しかし、実際に70代や80代になっても住宅ローンの返済を続けていくことは現実的ではないかもしれません。リタイア後の生活を楽にすることなどを考えると、やはり会社勤めであれば定年退職する年齢までには住宅ローンの全部または大半の返済を終えるのが理想的といえるでしょう。

住宅ローン返済

 

では、実際に住宅ローンはどのくらいの年齢で完済している人が多いのでしょうか? 以下の表は、国土交通省の2018(平成30)年度「住宅市場動向調査」のデータを基に作成したものであり、住宅取得時の年齢や住宅ローンの利用率、返済期間などを表したものです。

住宅の形態

初めて住宅を取得する時の年齢

住宅ローンの利用率(%)

住宅ローンの平均返済期間

注文住宅

最も多い年代:30歳代(45.1%)

平均年齢:40.4歳

75.2%

31.6年

※建築のみ、土地購入代は除く

分譲一戸建て住宅

最も多い年代:30歳代(57.5%)

平均年齢:37.7歳

72.6%

33.3年

分譲マンション

最も多い年代:30歳代(60.0%)

平均年齢:38.8歳

68.1%

33.7年

中古一戸建て住宅

最も多い年代:30歳代(37.0%)

平均年齢:43.5歳

54.1%

27.3年

中古マンション

最も多い年代:30歳代(36.8%)

平均年齢:42.1歳

55.2%

28.5年

 

こちらによると、住宅を取得する年齢は30代が最も多く、住宅ローンの利用率は、注文住宅で75.2%、分譲一戸建て住宅で72.6%など高い確率で住宅ローンを利用していることが分かります。そして、住宅の形態にかかわらず、返済期間は30年程度がボリュームゾーンであることから、単純に考えると30代に住宅ローンを組み、完済年齢は60代というのが平均的なパターンと考えられます。

住宅ローン返済

 

住宅ローンの完済年齢をリタイア前にしたい場合は、月々どのくらいの返済金額になるのか、具体的な数値について事前に把握しておきたいところです。もちろん、年収や購入したい物件の金額、融資の条件などによって変わりますが、今回は「LIFULL HOME’S」の住宅ローンシミュレーターを使って試算してみましょう。

 

ここでは仮に住宅ローンを組んで3,000万円の住宅を購入するとして、30歳で年収400万円の人と40歳で年収500万円の人の月々の返済計画をシミュレーションしました。どちらも65歳までの完済を目指して返済期間を設定しています。また、頭金は購入物件の2〜3割程度としています。

 

30歳/年収400万円の場合

購入物件の価格 3,000万円

前年度の世帯年収 400万円

自己資金(頭金) 600万円

年齢 30歳

返済期間 35年間

返済金利 全期間固定2.3%で試算

 

毎月支払額 8万3,248円

ローン返済総額 3,496万4,056円

40歳/年収500万円の場合

購入物件の価格 3,000万円

前年度の世帯年収 500万円

自己資金(頭金) 600万円

年齢 40歳

返済期間 25年間

返済金利 全期間固定2.3%で試算

 

毎月支払額 10万5,267円

ローン返済総額 3,158万0,005円

このように年齢や返済期間などによって、毎月の返済額や返済総額などは変わってきます。購入したい物件の金額が高い場合や、返済期間が短くなれば単純に月々の返済額は増えます。ただし、頭金を多めに用意する、まとまったお金が入ったときに繰り上げ返済するなどの方法でより余裕のあるプランを立てることは可能です。

 

また、大事なのは年齢だけではなく、収入に対してどのくらいのお金をローン返済にあてられるか。「ローン返済で毎月10万円支払う」といってもその負担感は年収がどのくらいあるかによって変わるはずです。毎月の生活費や将来必要になるお金などを考えて、余裕を持って支払いができるように計画を立てましょう。

住宅ローンイメージ

 

データで見ると、住宅ローンの取得年齢は30代が多く、完済期間は30年程度が多いことが分かりました。ただ、これはあくまで平均値であり目安です。「何歳だからダメ」「何歳までなら大丈夫」と一概にいうことはできないので、実際に住宅の購入を検討している人は、月々の支払金額などをシミュレーションした上で、ご自身のライフプランに応じた返済計画を立ててください

公開日: