手取り30万円(額面38万円程度)の年収は約450万円

手取り30万円(額面38万円)の年収は約450万円
手取り30万円(額面38万円)の年収は約450万円

まず、年収・月収・額面・手取りの違いを確認しましょう。まず年収は1年分の収入、月収は1ヶ月分の収入です。一般的に収入は、税金を差し引く前の金額を指します。
額面はほぼ収入と同意と考えてOKです。そして、収入や額面から各種税金や社会保険料などを天引きしたのちに社員に支給されるものを手取りと言います。つまり、実際に手にする金額が手取りです。

それでは、手取り30万円の場合、年収はどれくらいになるのでしょうか? 結論から先に言うと、手取り30万円は年収約450万円(ボーナス無しを想定)です。

年収450万円だと手取りは30万円
【収入から天引きされる金額】
・社会保険料:約64万円
・所得税:約10.7万円
・住民税:約21.2万円
・合計:95.9万円

●毎月の額面:年収450万円÷12ヶ月=約38万円
●年間の手取り:年収450万円−95.9万円=約354万円
●毎月の手取り:354万円÷12ヶ月=約30万円

※40歳未満の一人暮らし世帯を想定しているため、配偶者控除・扶養控除・介護保険料は考慮していません。目安としてご覧ください。

手取り30万円/年収450万円の各種税金

年収450万円における各種税金の算出方法を解説していきます。

手取り30万円/年収450万円の社会保険料
社会保険とは、健康保険・厚生年金・雇用保険などの総称です。社会保険料は、勤務先が加入している保険の組合や業種によって多少異なってきますが、ここでは目安となる14.22%を年収に掛けて計算します。

●社会保険料:年収450万円×14.22%=約64万円

手取り30万円/年収450万円の所得税
所得税は国に納める税金です。所得金額によって段階的に異なる税率が定められています。所得とは収入の全額ではなく、各種控除や支払った社会保険料額を差し引いた残りの金額です。その所得(所得税課税対象額)が195〜330万円の場合、税率は10%で9.75万円が控除されます。

●所得税控除額(年収450万円):基礎控除38万円+給与所得控除144万円+社会保険料控除64万円=246万円
●所得税課税対象額:年収450万円−控除額246万円=204万円
●所得税:課税対象額204万円×10%−控除9.75万円=約10.7万円

※参照:所得税の税率│国税庁

手取り30万円/年収450万円の住民税
住民税は、お住まいの地域の自治体に納める地方税です。住民税率は基本的に全国一律ですが、一部市区町村では異なる税率が設定されていることがあります。ここでは標準税率(10%)で計算します。

●住民税控除額(年収450万円):基礎控除33万円+給与所得控除144万円+社会保険料控除64万円=241万円
●住民税課税対象額:年収450万円−控除額241万円=209万円
●住民税:所得割209万円×10%+均等割5,000円−調整控除2,500円=約21.2万円

※参照:個人住民税の概要│総務省

手取り30万円なら余裕ある一人暮らしが可能

手取り30万円なら余裕ある一人暮らしが可能
手取り30万円なら余裕ある一人暮らしが可能

一般的に、家計に無理なく支払える家賃の目安は年収の25~30%ほどと言われています。手取り30万円であれば、毎月の家賃は9~11万円程度に収めると無理がないでしょう。

総務省発表の家計調査によると、2017年の単身(一人暮らし)世帯におけるひと月の水道・光熱費は平均1万1,380円、食費は3万9,649円(外食費1万897円を含む)でした。これらの情報から、手取り30万円の大まかな生活費を提案します。

・家賃:10万円
・水道・光熱費:1.1万円
・食費:4万円
・日用品・雑費:2万円
・通信費(スマホ・ネット):1.5万円
・交際費:4万円
【合計:22.6万円】


手取り30万円であれば、一人暮らしは充分に可能なことが分かります。

※参照:家計調査 家計収支編 単身世帯│総務省統計局(2018年2月16日公開)

ケースごとの一人暮らしの費用内訳

いくつかのライフスタイルを想定して、一人暮らしの生活費のモデルケースを計算していきます。

料理が好きな自炊派

・家賃:10万円
・水道・光熱費:1.5万円
・食費:3万円
・日用品・雑費:3万円
・通信費(スマホ・ネット):1.5万円
・交際費:4万円
【合計:23万円】


料理が好きな人のモデルケースです。キッチンにゆとりがある物件を想定し、家賃を高めに設定しています。自炊中心のため食費は抑えめとなる一方、水道・光熱費は少し高く設定しました。

自炊しない外食派

・家賃:10万円
・水道・光熱費:1万円
・食費:6万円
・日用品・雑費:3万円
・通信費(スマホ・ネット):1.5万円
・交際費:4万円
【合計:25.5万円】


外食派のモデルケースです。食費は1日あたり2,000円、自宅で調理をしないため水道・光熱費は平均よりやや低く設定しています。手取り30万円の場合、家賃を無理のない金額に抑えれば、外食派も余裕ある暮らしができそうです。

週末ドライバー

・家賃:10万円
・水道・光熱費:1.1万円
・食費:4万円
・駐車場代:1.5万円
・自動車保険料:0.3万円
・ガソリン代:0.7万円
・日用品・雑費:2万円
・通信費(スマホ・ネット):1.5万円
・交際費:3万円
【合計:24.1万円】


車を所有している人のモデルケースです。ガソリン代は週末のみの利用を想定しています。手取り30万円であれば、これに車両のローンを加えても無理なく維持できるでしょう。

貯金重視の節約派

・家賃:9万円
・水道・光熱費:1万円
・食費:3万円
・日用品・雑費:2万円
・通信費(スマホ・ネット):0.5万円
・交際費:3万円
【合計:18.5万円】


生活費をぐっと節約して、貯金を重視する人のモデルケースです。大手キャリアから格安スマホに乗り換え、通信費を大きく節約しています。手取り30万円であれば、一人暮らしをしながら年間100万円以上貯金することも夢ではありません。

手取り30万円ならしっかり貯金もできる

手取り30万円は、年収約450万円になります。毎月の固定費である家賃を無理のない金額に抑えれば、余裕ある一人暮らしが可能です。手取りと生活費の差額は、趣味に充てたり貯金に回したりと、ライフスタイルや目標に合わせて活用しましょう。

まとめ
・手取り30万円なら年収は約450万円(一人暮らし・ボーナス無しを想定)
・年間約95.9万円が税金・社会保険料として天引きされる
・手取り30万円で無理なく支払える家賃の目安は9万〜11万円ほど
・余裕ある一人暮らしができ、趣味や貯金に充てることも可能

おすすめ特集から賃貸を探す全国の賃貸を探す

(2018/12/21)