品確法と瑕疵担保責任について(新築住宅の場合)

瑕疵担保責任とは、家電製品の「保証」のようなもの
瑕疵担保責任とは、家電製品の「保証」のようなもの

品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)によれば、不動産会社が新築住宅を売主として販売する場合、その住宅を買主に引き渡した後についても、一定の部分について、一定の期間責任を負い続けなければならないと規定されています。
これを「瑕疵担保責任」と言い、分かりやすく言うと家電製品についている「保証」のようなものです。具体的な責任と期間については以下の通りです。

【瑕疵担保責任の範囲】
「住宅の構造耐力上主要な部分」と「雨水の浸入を防止する部分」について

【具体的例】
木造住宅の場合、建物の基礎や土台、さらには床板・壁・屋根・外壁などがこれに該当します。

【瑕疵担保責任の期間】
新築住宅の場合、引き渡しから10年間の瑕疵担保責任を負うことを義務づけています。
よって、万が一購入した新築住宅に雨漏りなどがあったとしても、その補修費用などについては、新築住宅の売主である不動産会社が負担して施工してくれるのです。

品確法と瑕疵担保責任について(中古住宅の場合)

中古住宅の瑕疵担保責任は注意が必要
中古住宅の瑕疵担保責任は注意が必要

中古住宅の場合は、売主が必ずしも不動産会社とは限りません。むしろ、一般個人が売主であることも多いため、瑕疵担保責任の取扱いがとても重要です。中古住宅の売買においては、上記新築住宅の制度とは違い、瑕疵担保責任の取扱いについては原則、以下のようになります。

不動産会社が売主の場合:2年以上の瑕疵担保責任を負う
個人が売主の場合:瑕疵担保責任を負わない(瑕疵担保免責)
※なお、個人が売主でも売買契約において瑕疵担保責任を負うとすることも可能です。

瑕疵担保責任は売主、買主双方にとって大きなリスク

購入したばかりの家に欠陥が発覚したら…。絶対に知っておくべき「住宅瑕疵保険」

瑕疵担保責任は不動産売買において、売主・買主双方にとって非常に大きなリスクとなります。
売主としては、売った後についてもしばらくの間、瑕疵担保責任を追及されるかもしれない、というリスクを負い続けることになりますし、買主としては、万が一重大な瑕疵が見つかった場合に、売主が責任をもって対処してくれるのだろうか、という不安を常に抱えることとなります。そこで、この2つの悩みを解決するために誕生したのが「住宅瑕疵保険」なのです。

住宅瑕疵保険の2つのタイプとその仕組み

購入したばかりの家に欠陥が発覚したら…。絶対に知っておくべき「住宅瑕疵保険」

住宅瑕疵保険とは、万が一売買した住宅に重大な瑕疵が見つかった場合に、その補修費用などに対して保険金が支払われるという仕組みの保険です。加入方法については、以下の2通りがあります。

その1:売主が不動産会社の場合
売主が不動産会社の場合は、売主である不動産会社自体が住宅瑕疵保険に加入します。新築住宅の場合は住宅瑕疵担保履行法によって、この保険への加入又は保証金の供託のいずれかが義務づけられています。仮に住宅に瑕疵が見つかった場合、買主は直接保険会社に対してその補修費用を請求することができるため、売主が万が一倒産した場合についても問題なく保険金を受け取れるので安心です。

なお、中古住宅の場合はこの保険への加入が義務化されていないため、不動産会社から中古住宅を購入する場合は、予め住宅瑕疵保険に加入しているのかどうか確認しておくと良いでしょう。

購入したばかりの家に欠陥が発覚したら…。絶対に知っておくべき「住宅瑕疵保険」

その2:売主が個人の場合
売主が個人の場合は、仮に瑕疵担保責任を一定期間負うとする売買契約を結んだとしても、法人と違って責任能力や資力に不安があるため、住宅瑕疵保険への加入はとても重要です。
この場合、住宅瑕疵保険の加入手続きや仕組みは以下のようになります。


ステップ1:検査機関に検査を依頼
まずは、売主または買主が費用を負担して、検査機関に対して検査と保証の依頼をします。

ステップ2:検査
検査機関が売買の対象となる住宅を検査し、問題がなければこの検査機関が買主に対して瑕疵担保責任を保証します。

ステップ3:保険加入
個人が売主の場合、住宅瑕疵保険の加入者は「検査機関」です。検査機関が住宅瑕疵保険に加入し、そして買主に対して瑕疵担保責任を保証するという仕組みです。

中古住宅を購入する際には特に注意が必要

新築住宅の場合、売主は不動産会社であることが大半であり、住宅瑕疵保険又は保証金の供託金が義務づけられているため、買主としてはおおむね安心です。

これに対し中古住宅の場合は、築年数が経過しているため新築住宅よりも瑕疵が潜んでいる可能性が高くなりますが、住宅瑕疵保険への加入が義務化されていない分ハイリスクです。
そのため、中古住宅を購入する際には、できる限り売主と協議して住宅瑕疵保険への加入をお願いすると良いでしょう。

関連記事

10年間の瑕疵担保責任など住宅保証制度のあれこれ
購入しようとする住宅が欠陥かどうか、どう見分ける?事前のチェックと判明後の対策
品確法で安心の住まい選びを
一戸建てで値引き交渉すると、手抜き工事につながる?
違法建築は意外と多い?違法建築物を買わないために気をつけたいこと

(2016/09/08)