マンションなどの集合住宅の中でも、メゾネットタイプの部屋は人気があります。

集合住宅にいながらも、一戸建てのような雰囲気を味わえるメゾネットですが、どのような使い方をするのがいいのでしょうか?

今回は、整理収納コンサルタントの瀧本真奈美さんにメゾネットのメリットやデメリット、上手な使い方などを教えていただきました。

メゾネット

 

メゾネットは、集合住宅の中で、1住戸が2階以上ある空間のことをいいます。

 

マンションやアパートの1室の中に内階段がある構造となっており、集合住宅ながらも2階のある一戸建ての住まいのような感覚で使えます。

 

「ロフト」も同じように部屋の上方にスペースが設けられていますが、ロフトは建築基準法において「居室」とは認められず、収納場所として扱われます。面積は居室部分の2分の1未満、天井高も1.4m以下と低く設定されています。

 

それに対してメゾネットは「居室」であり、ロフトよりも広々とした空間となっています。また、ロフトは基本的に動かすことのできるはしごしか付けられませんが、メゾネットの場合はしっかりした階段なども付けることができます。

 

メゾネットと一言で言っても、部屋の間取りにはさまざまなタイプがあります。

 

 

たとえば、上の図のように1階にキッチンやバスルームがあり、2階は広いワンルームとなっている間取りもあります。この場合は、生活スペースは1階を中心にし、2階は仕事や趣味の部屋として使うことができそうです。

 

 

一方、こちらは浴室やクローゼット、寝室が上の階にあり、下の階にリビングがあるタイプなので、下の階ではお客さまを迎え、上の階はプライベートルームとして使うといった使い方も考えられます。

 

 

らせん階段のある物件も人気があります。階段があるとその分スペースが取られますが、らせん階段は通常の階段よりもコンパクト。2階からの光を遮りにくいので空間が明るく、デザイン性が高いのも魅力です。

 

メゾネットの場合、1階と2階で用途を変えることができるのが大きな特徴です。たとえば、1階は家族みんながくつろぐスペースにして、2階は子ども部屋や書斎にするといった使い方も可能です。

 

具体的な使い方をイメージしながら、家族構成やライフスタイルに合った間取りの物件を選びましょう。

メゾネット

 

メゾネットの物件を探しているなら、住むうえでのメリットやデメリットについても知っておきたいところです。

 

メリットとしては、1階と2階で空間がはっきり分かれているので、階によって用途や雰囲気を変えられるところです。

 

たとえば、1階は寝室やリビングなどくつろぐ場として使い、2階は仕事で集中して作業をするときに使うようにすれば、オン・オフをはっきりと分けられ、生活にメリハリをつけることができます。

 

一方、デメリットとしては、1階から2階へ大きな荷物や家具などの上げ下ろしがしにくいことが考えられます。らせん階段や幅の細い階段が設置されている場合は、特に不便さを感じるかもしれません。

 

また、掃除がしにくい点に不便さを感じることも。大きな掃除機などを2階へ持って上がるのも大変であり、高い位置にある窓を拭いたり電球を交換したりするのにも手間がかかります。

 

さらに、天井が高いために、冷暖房の効率が悪いケースもあります。

メゾネット

 

前述のように、メゾネットは家具や荷物の上げ下ろしが不便になる場合があります。

 

そのため、部屋選びの際は階段の幅を測っておき、2階に置く予定の家具がスムーズに設置できるか確認しておきましょう。加えて、コンパクトなものや組み立て式の家具を選ぶようにすると、模様替えなどもしやすいでしょう。

 

メゾネットは1階と2階で空間がしっかり区切られているので、1階は北欧風、2階は和モダンなど、階によってインテリアの雰囲気をガラッと変えて楽しむのもおすすめです。

 

あるいは1階は寒色系で2階は暖色系など、階ごとに配色を変えるのもいいでしょう。ちなみに、部屋の中で使う色は3〜4色程度に絞ると統一感があり、おしゃれにまとまって見えます。

 

メゾネットタイプの部屋は、1階と2階で部屋の用途や雰囲気を変えられ、生活にメリハリをつけられるといった魅力があります。

 

なお、メゾネットタイプの部屋を探している人は、以下のLIFULL HOME’Sの「メゾネット物件特集」から探すことができます。ぜひ一度ご覧になってみてください。

公開日: