普段都会で生活している人の中には、田舎暮らしに憧れを抱いている方も多いでしょう。ただ、家族それぞれが抱える仕事や学校、人間関係などのさまざまな事情を考えると、生活拠点を変えることは容易ではありません。

“それでも田舎で暮らしてみたい”という方向けの新しいライフスタイルが“週末移住”です。週末移住とはその名のとおり、週末だけ移住するライフスタイルのこと。

今回は、週末移住のメリット・デメリットについて紹介します。

 

週末移住とは、週末や休日を利用して、普段生活している地域とは異なる場所に移住することを言います。なお週末移住は“二地域居住”とも呼ばれており、地方活性化の狙いから国土交通省も推進しています。

 

田舎暮らしに興味があっても、いきなり移住することに抵抗があるのは当然のことです。そこで週末移住が選択肢のひとつとして挙がってきます。

 

セカンドライフの地の選定として、また、週末や休日を利用してリフレッシュ目的で週末移住をしてみるのもいいでしょう。

旅行であればホテルや旅館、民宿などに宿泊しますが、週末移住は住居を持つことを前提にしています。

 

また、旅行の主な目的は“観光”であることが多いのに対して、週末移住では“リフレッシュ”を目的にしている方が多いです。

 

“二地域に住居を持ち、週末を利用してリフレッシュする”というのが週末移住の主な形となっています。

 

週末移住にはメリットもデメリットもあります。どちらもしっかりと把握したうえで週末移住を検討してみましょう。

・非日常を楽しめる

 

普段生活している場所と離れた場所で生活をすることで、非日常を味わうことができます。週末だけ田舎で生活をして自然に触れたり、畑仕事を楽しんだりするのもいいでしょう。都会ではあまりできないことに挑戦することで、より週末移住を楽しむことができます。

 

ただ、週末移住とは土日や休日などの短い期間であるため、日常に戻ったときの喪失感もあるかと思います。いい面だけでなく、そういったギャップにも注意する必要があります。

 

・移住先によっては補助金が出る

 

“移住すると補助金が出る地方自治体がある”ということを知っている方は多いと思いますが、“週末移住者”であっても補助金制度を利用できるケースがあります。

 

例えば、三重県いなべ市では、三重県外からの移住者であれば、週末だけの移住でも空き家を改修して住む場合にかかる工事費用の3分の1、最大100万円まで補助してもらえます。

 

ほかにも、週末移住者も対象として補助金を出している地方自治体は複数あるので、補助金を利用した週末移住を検討してみるのもいいでしょう。

 

・自然の中での体験が子どもを成長させる

 

都会で生活をしているとなかなか自然を感じることはできません。小さい頃から自然の中で遊び、さまざまなことを感じることで心身ともに成長するほか、親子間のコミュニケーションや思い出も増えます。

 

そういった面を考慮し、子どもを持つ家庭では、自然体験目的で週末移住を検討してみてもいいでしょう。

 

・管理が大変

 

週末移住は住宅を賃貸もしくは購入し、住居を持つことが前提です。つまり、建物内の清掃や庭の整備など、さまざまな管理が必要です。行くたびに掃除や手入れで終わってしまい、なかなかリフレッシュの時間をつくれない可能性もあります。

 

・移動に時間や労力がかかる

 

遠方であればあるほど移動に時間がかかるため、移動時間を考えただけで行くのが億劫になる可能性もあります。また、気に入った地域であっても、いずれ飽きがくる日が訪れるかもしれません。

 

・費用負担が増える

 

前述のように週末移住は“二地域に住居を構えること”です。つまり、家賃や光熱費などが二住居分発生するため、費用負担は増えます。

 

週末を利用して田舎で暮らし、非日常空間でのリフレッシュや自然体験ができる週末移住。

 

週末移住ではさまざまなメリットを得られる半面、費用や管理などについてのデメリットもたくさん存在します。今回紹介したメリットとデメリットを把握して、メリットのほうが大きいと感じたら週末移住を検討してみるのもいいでしょう。

公開日: / 更新日: