目次
「火災保険」とは?
家財保険、借家人賠償責任保険、個人賠償責任保険とは?
賃貸の火災保険は必ず入っておいたほうがいい?
賃貸マンションの火災保険は自分で選べる?
火災保険の選び方のポイントや注意点は?
必要な補償は忘れずに
火災保険選びで大事なのは自分に合っているかどうか



「火災保険」とは?

火災保険とは?

火災保険は損害保険の一種で、火災などの災害で損害を被った際に保険金が支払われる保険です。火災などの災害では家や家具など多くの財産を失う可能性がありますが、火災保険に加入していれば損害に対する保険金を受け取ることができたり、早期に災害の被害から立ち直れる場合もあります。

火災保険では火災以外のさまざまな災害に対して保険金が支払われます。保険の内容によっても補償の内容は異なりますが、以下のようなさまざまな災害が補償の範囲となっています。

・落雷による電化製品などへの被害
・強風によって瓦が飛ばされるなどの風災
・洪水による床上浸水などの水害
・大雪による雪害、竜巻による被害
・水漏れによる被害
・雹(ひょう)による被害



ただし地震や火山の噴火などの被害に関しては、通常の火災保険では補償範囲外となります。地震や火山の噴火による被害が補償される保険は、地震保険です。この地震保険は単独では加入ができず、火災保険とセットでのみ加入することができます。地震や火山の噴火などにも備えたい場合、地震保険にも加入しておくといいでしょう。

家財保険、借家人賠償責任保険、個人賠償責任保険とは?

もう少し火災保険について詳しく見ていきましょう。
賃貸マンション契約時に火災保険に加入する場合は、一般的に以下の3点がセットになった保険に加入することが多いです。
・家財保険
・借家人賠償責任保険
・個人賠償責任保険 

家財保険とは、パソコンやテレビ、冷蔵庫、箪笥といった家具家電が火災や風災、落雷などの災害で損害を受けた場合に補償が受けられる保険です。
家財保険では、家具家電などの家財は補償対象ですが、自分が住んでいる建物に関しての補償は一切ありません。あくまでも家財のみが補償の対象です。また、盗難にあった場合にも補償の対象となります。

また、借家人賠償責任保険とは、火災などにより賃貸しているマンションの部屋に損害を与えてしまった場合に、補償を受けることができる保険です。
こちらは家財ではなく部屋などの建物そのものの被害に対して保険金が支払われます。

個人賠償責任保険とは、日常生活において他人にケガをさせた場合や、損害を与えてしまった場合などに支払われる保険金です。
例えば、自転車に乗っている際に通行人にぶつかりケガを負わせてしまった場合や、洗濯機の水漏れで賃貸マンションの下の階まで水漏れが発生し、損害を与えてしまった場合などが対象となります。
こちらの個人賠償責任保険は、本人のみならず家族にも保険が適用されるため、家族が他人にケガを負わせたさせた場合や他人の物に損害を与えた場合でも補償の対象となります。

賃貸の火災保険は必ず入っておいたほうがいい?

賃貸の火災保険は必ず入っておいたほうがいい?
賃貸の火災保険は必ず入っておいたほうがいい?

賃貸マンションを借りる場合、火災保険には必ず入る必要があるのでしょうか。結論から言うと、火災保険は基本的には任意での加入となります。ただし、物件によっては賃貸物件の契約をするうえで火災保険の加入が必須になっている場合も少なくありません。

火災保険への加入が任意だからといって加入しないという選択はあまりおすすめできません。もし火災が発生した際、火災保険に加入していなかったら、自分の家財は何の補償も受けられません。
また、大家さんに対しては、部屋の原状回復義務があり、部屋の損害度合に応じた損害賠償責任が発生します。部屋の修理には多額の費用が掛かる可能性もありますが、もし保険に加入していない場合は、すべて自己資金で支払うことになります。借家人賠償責任保険に加入していれば補償の対象となります。

自分が火災を起こさないように注意していても、近隣からの火災が自宅に燃え移るもらい火で火災が発生してしまう可能性もあります。仮にもらい火にあった場合、火元から損害賠償をしてもらうことが可能なのでしょうか?

日本には、いわゆる失火責任法という法律があります。この法律では、火災を起こした場合でも重大な過失がない限り、原則として民法上の損害賠償責任は負わないと定められています。つまり、火災を起こした人が重大な過失がない限りは火事に対する他人への損害賠償は一切行わなくてよいということです。もらい火による火災などにも備えておくと安心ですね。

賃貸マンションの火災保険は自分で選べる?

賃貸マンションを借りる際、多くの場合、大家さんや不動産会社が保険を案内してくれます。しかし、自分に合った補償のためには、自分で火災保険を選びたいもの。大家さんや不動産会社から火災保険を指定されていることも多いのですが、自分で火災保険を選ぶことも可能です。
もし自分で選ぶことが可能であれば、自分に最適な火災保険を選ぶに越したことはありません。

火災保険に加入する際は、どの種類の保険を選べばよいのでしょうか。住宅用の火災保険は大きく分けると以下の通りです。

火災保険の種類補償内容
住宅火災保険火災や落雷、破裂、爆発、風、雹、雪災による損害を補償
住宅総合保険上記に加え落下物、衝突、水濡れ、盗難、水災などによる損害を補償
団地保険住宅総合保険の共同住宅特化型保険で階下への水漏れなどの共同住宅に多い損害も補償
オールリスクタイプ住宅総合保険でカバーできないさまざまなリスクに対応した保険
(保険会社によって名称、補償内容に差があるため注意)
特約火災保険住宅金融支援機構などの機関から融資を受け、住宅を購入する際に加入が義務付けられている。家財の補償はなく建物のみの保険

基本的な補償内容のみの住宅火災保険は保険料が安く、オールリスクタイプのようなさまざまなリスクに対応した保険は保険料が高くなります。

火災保険の選び方のポイントや注意点は?

火災保険を選ぶ場合にチェックしておきたいのは以下の4点。

・家財保険の保険料は?火災保険によっては1,500万円分の家財が補償される保険もありますが、本当にあなたの家財はそれだけの価値があるのでしょうか。保険料を少しでも安くしたい場合は、この家財保険で補償される金額を自分の家財に適した金額で検討しましょう。

・借家人賠償保険の保険金額は?借家人賠償保険金額は、賃貸している部屋に合った保険金額が望ましいです。かなりの高級マンションに住んでいる場合は別ですが、あまりにも高い保険金額は必要ありません。今住んでいる部屋の家賃に合った金額の保険を選べば十分でしょう。

・個人賠償責任保険の有無個人賠償責任保険を特約で付帯するかどうかでも保険料が変わります。万が一のことを考えれば付帯するべきですが、他の保険で既に加入済みの場合もあります。他の保険と補償内容が重複しないようによく調べてから加入しましょう。

・地震保険の有無地震保険は火災保険とセットでのみ加入することができます。地震にも備えておきたい方は加入しておくとよいでしょう。

必要な補償は忘れずに

火災保険の保険料は、補償の範囲が狭く、補償金額が少なくなるほど安くなります。とはいえ、保険料を安くしたいがために必要な補償を削ってしまうのは本末転倒。保険料も大切ですが、必要な補償のある火災保険に加入するよう補償内容をよく検討しましょう。

火災保険選びで大事なのは自分に合っているかどうか

火災保険は万が一に備える保険です。自分や家族のためにもいざという時に備え、任意であっても、加入しておくと安心。加入の際、大事なのは補償内容が自分に合っているかどうかです。

また、大家さんや不動産会社が提案した火災保険以外の火災保険を検討したい場合は、不動産会社に直接問合せてみるのもいいかもしれません。できるだけ、自分に合った火災保険に入るよう心がけたいものです。

まとめ
・火災保険は火災だけでなく、落雷、破裂、爆発、風、雹、雪災など、さまざまな災害に備える保険
・賃貸マンションの場合は、家財保険、借家人賠償責任保険、個人賠償責任保険の3つセットで加入するのがおすすめ
・火災保険の加入は基本的には任意だが万が一に備えて加入しておくと安心
・保険料は家財保険金額、借家人賠償保険金額、個人賠償責任保険・地震保険の有無によって変わってくる
・保険料を安くするためには不必要な補償は取り除く
・賃貸の火災保険が自分で選べるかどうかわからない場合は不動産会社に問合せる

おすすめ特集から賃貸を探す全国の賃貸を探す