衣類の収納にはクローゼットとウォークインクローゼットがありますが、違いは何なのでしょうか。

ウォークインクローゼットの方が大きな収納スペースですが、必ずしもウォークインクローゼットがあるとよいとは限りません。

間取りから住まいを選ぶうえで知っておきたい、クローゼットとウォークインクローゼットのメリットやデメリットについてまとめました。

 

衣類の収納には、一般的なクローゼットのほかに、ウォークインクローゼットや、数は限られますがウォークスルークローゼットもあります。

 

クローゼットは衣類をしまうために洋室に設置されている収納で、ハンガーパイプが取り付けられているもの。奥行は50cm~60cm程度で、衣類の幅に合わせられた寸法です。クローゼットは間取り図では、「CL」と表記されています。

コの字型 ウォークインクローゼット

 

ウォークインクローゼットとは、人が入れるサイズのクローゼットのこと。ウォークインクローゼットは間取り図で、「WIC」と書かれています。

 

ウォークインクローゼットをハンガーパイプや棚のレイアウトから見ていくと、狭めのウォークインクローゼットではL字型が多く、細長いスペースの場合は、一列型が向いています。

 

スペースに余裕がある場合には、通路を挟んで左右に収納スペースがある二列型や、奥の部分もハンガーパイプを回すコの字型といった形もあります。

 

ウォークインクローゼットは、1畳半程度のL字型のタイプからつくれますが、使い勝手を考えると2畳程度の二列型が最低寸法です。

 

ウォークインクローゼットの中でも、出入り口が2ヶ所あって通り抜けできるタイプは、ウォークスルークローゼットと呼ばれています。

 

クローゼットの特徴を見ていきましょう。

 

クローゼットは人が立ったり、通り抜けたりするスペースが不要のため、効率よく収納スペースを設けられることがメリットです。クローゼットは、子どもや持っている衣服の数が少ない人に向いています。

 

一方でクローゼットは押し入れよりも奥行が狭いため、布団などが収納できないなど、衣類以外の収納に向かないことがデメリットです。

 

では、ウォークインクローゼットには、どのような特徴があるのでしょうか。

 

ウォークインクローゼットは、衣類をまとめてしまえるため管理がしやすいことがメリットです。

 

衣類だけではなく、バッグや帽子、アクセサリーといったファッションアイテムをすべて一ヶ所で収納できるため、出かける際の準備がしやすく、探し物をしやすいです。十分な広さを確保できれば、衣替えの手間もありません。

 

また、広さによっては衣類だけではなく、スーツケースやゴルフバッグ、スイミング用品やスキー用品といった大型用品や季節品まで収納できることもメリットに挙げられます。

 

一方、ウォークインクローゼットは人の立つスペースがある分、収納スペースが減ることがデメリットです。また、収納するアイテムが多いため、適当に詰め込んでいくと、モノがあふれて使いにくくなってしまいます。

 

定位置を決めておき、収納がいっぱいになってきたら、不要なモノは処分して整理するようにしましょう。

 

クローゼット、ウォークインクローゼット、どちらにもそれぞれの特徴がありますので、住む人数や生活スタイル合った形で配置されていると暮らしやすいです。また、収納は使う場所に適切な大きさのものがあるのが基本。

 

たとえば、子ども部屋にはクローゼットがあり、夫婦の寝室には2畳程度のウォークインクローゼットが設けられていると使い勝手が良いかもしれません。

 

また、洗濯物をしまう手間からみると、ファミリークローゼットとして使える、3畳や4畳程度のウォークインクローゼットがある間取りも便利です。納戸が設けられていれば、各居室にあるのはクローゼットで十分というケースも考えられます。

 

間取りから物件を選ぶときには、居室の数や大きさを重視することが多いですが、クローゼットやウォークインクローゼットなどの収納にも目を向けて選びましょう。

・クローゼットは衣類の幅に合わせた奥行が50cm~60cm程度のもので、ウォークインクローゼットは人が入れる大きさの衣類の収納を指す。
・ウォークインクローゼットは衣類などをまとめて収納できることがメリット。
・ウォークインクローゼットは人が立つスペースの分収納スペースが減り、適当に収納していくと、モノがあふれてしまいやすいことがデメリット。

公開日: / 更新日: