太陽光発電の仕組みと設置のメリットについて

太陽光発電は、屋根などに設置したソーラーパネル(太陽電池モジュール)に太陽光を受けることで、そのエネルギーを電気に変換するシステムです。太陽電池で発電した電気は、パワーコンディショナーと接続箱で実際に家庭で使用できる電力に変えられ、分電盤を通って家中に供給されます。晴れた昼間などには家庭での使用に余った電力を電力会社に売電することもできます。逆に、天気のよくない日や日照時間の少ない冬季などは、発電量が減り、不足分の電気を電力会社から買うことに。停電時には非常用電源(自立運転コンセント)から太陽光発電の電力を直接使用することも可能です。

knowhow_0011
太陽光発電

太陽光発電システムを採用する際の注意点

太陽光発電システムを設置する上でまず確認しておきたいのは、太陽光発電の価格つまりイニシャルコストとランニングコストの検討です。現在、設置する際のイニシャルコストは規模など諸条件にもよりますが、およそ200~300万円といったところですが、現在は普及のため、国や都道府県、市町村などからその費用の一部について補助金(助成)を受けることも可能です。ただし申請の条件、時期によって助成を受けられるかどうかは変わってくるので、設計・施工の担当者とよく打ち合わせておくことが重要です。また、とくにリフォームの際に気をつけたいのが太陽光パネル設置時の施工技術です。普及のスピードが速いため、設置技術の未熟なリフォーム会社も多く、雨漏りなどの事例も発生しています。太陽光発電について十分な知識とノウハウを持つ会社を選ぶようにしましょう。

新築マンションや建売住宅などでも標準仕様に

太陽光発電は、ほんの数年前までは高級でエコ意識の高い人の特別な仕様として扱われていました。ところがここ数年、性能や施工性が向上したことで、建売住宅やマンションへの採用例も急増しています。建売住宅では、太陽光発電に加え、高気密高断熱仕様にエコキュートやIH調理器、床暖房など電気を効率よく使用するための機器が組み合わされて、省エネ・エコ仕様をセールスポイントにする物件が人気となっています。また以前は技術的に難しいと言われていたマンションへの太陽光発電の設置も可能になり、「ソーラーマンション」などの呼称で市場に流通するようになりました。現在主流なのは共有部に設置して管理費の負担を減らすという方式ですが、中には戸別に設置する方式のマンションもあり、住戸ごとに売電することが可能な場合もあります。物件探しの際には意識してみるといいでしょう。

一戸建てを探す注文住宅カタログを見るマンションを探す

関連記事

太陽光発電のメリットとデメリット
建てる - 太陽光×燃料電池 - CO2もコストも減ります
本当に良かった設備1位は副収入にもなるあの○○【住まいと設備の調査】
最新設備をピックアップ
電力自由化時代で本当に電気代が安くなった?新電力の不安や疑問を解消しよう

(2013/02/18)