ハザードマップとは何か?

住んでいる場所のハザードマップを確認しておきましょう
住んでいる場所のハザードマップを
確認しておきましょう

ハザードマップは主に国や地方地自体によって作成されていますが、防災意識向上などの目的から地域住民らの協力によってハザードマップを完成させている地域もあるようです。

2011年の東日本大震災では、大災害にも耐えられるとされていた巨大堤防でさえ、津波によって崩壊してしまいました。予想外の事態をうけて、国や地方自治体では災害が起こった時には構造物に頼るよりも、人命を守る避難対策の方を優先した方がいいという結論に達したのです。こうして、あらためてハザードマップの重要性についても見直されることになりました。

ハザードマップは、地域ごとに起こる危険性の高い災害に合わせて作られています。全国どこにいても起こりうる大雨被害による浸水範囲が示されているハザードマップなら、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
災害の種類には洪水や高潮といった水害だけではなく、風害・土砂災害・津波・火山などさまざまなものがあります。自分の住んでいるエリアにはどんな被害が予測されているのか、また、もし災害が発生した時にどんな行動を取るべきなのでしょうか。ハザードマップの見方をあらためていきましょう。

ハザードマップの種類とそれぞれの見方

家族で、避難経路と避難場所の確認を
家族で、避難経路と避難場所の確認を

ハザードマップの種類は市によってさまざまですが、主に大雨による水害を予想した「浸水予想区域図」に、避難所や避難経路が記されています。ハザードマップの種類を細かく分類すると以下のようなものがあります。

浸水予想区域図
大雨や台風による河川の氾濫によって、浸水する範囲とその深さを想定したもの。浸水被害のレベルが何段階かに色付けして示されています。河川から近いエリアは被害予想が大きいですが、注目すべきは河川から距離があるのに色付けされているエリア。そういったエリアは、たとえ河川から離れていても地盤が弱いことから、浸水しやすいと予測されているため要注意です。
浸水予想区域図には、それぞれの地区の避難場所も記されていますが、大切なのは位置確認だけでなく、「災害用備蓄庫」「食料配布」など避難所がもつ機能も併せて確認しておくことです。
避難所によっては逃げ込むのに安全なスペースというだけで、水や食料を備蓄していない所もあるからです。最寄りの避難所がどんな機能をもっているのかを把握しておきましょう。


土砂災害ハザードマップ
土砂災害が発生する危険のあるエリアを示した図です。土石流やがけ崩れ、地滑りなどが対象となっています。土砂災害は集中豪雨・地震・台風などにより偶発的に発生する恐れがあるため、普段から警戒して災害に備えておくことを目的として作成されています。

津波・高潮ハザードマップ
台風で海水が吸い上げられると、強風で海岸の方へ吸い寄せられることで海面が異常に上昇します。海水が堤防を越えてしまった時の浸水の範囲とその深さ、およびそれぞれの地区の避難場所が示されています。

地震ハザードマップ
起こりうる地震の発生地点や被害の拡大範囲、被害の程度などを記しています。地震が発生した時実在する断層帯および未知の断層帯からどのぐらいの震度になるかを予測して、地図上に示されています。また、液状化現象が発生する地域や、大規模な火災の危険がある場所を記載しているものもあります。

家族でハザードマップを作って防災意識を高めましょう

家族で災害について話し合う時間を設けましょう
家族で災害について話し合う時間を設けましょう

家族で防災について話し合う時間を設けて、自分たちが災害に会った時、それぞれがどこに避難するかを決めておくことが大切です。避難経路は火災や建物の崩壊によって通れなくなっている事態を想定して、複数の避難経路を確保しておくと安心です。
話し合いが終わったら、自宅、避難場所、避難経路をハザードマップに直接書き込んでオリジナルのハザードマップを作成すれば、いざという時に重宝します。

より正確なハザードマップを作るには、地図上で確認するだけではなく、実際に自分の街を歩いてみるといいでしょう。自分たちで決めた避難所までの道が安全だと思っていても、歩いてみると意外な落とし穴を発見することもあるかもしれません。
たとえば、狭い道で石垣やブロック塀があるなど、地震によって倒れてくる恐れのある場所をマークしておくと、役に立つことがあるかもしれません。
また、海が近い地域の多くは、電柱や壁に海抜表示を見つけることができるので、発見したらハザードマップに書き加えておきましょう。さらに災害時、電気供給がストップすることを考えると重要な情報を得るためにも、防災無線の位置も併せて確認しておくと安心です。

一戸建てを探す注文住宅カタログを見るマンションを探す賃貸物件を探す

関連記事

防災グッズの見直しと防災対策。地震、火事、津波…「もしも」に備えよう!
【住まいの震災対策1】もしもに備えよう!部屋別地震対策-キッチン編-
火災保険、家財保険、地震保険…。住宅に関わる保険にはどんなものがある?
身を守れるのか!?浮き輪、トランポリン・・・選ばれたのは【地震と住まいの調査3】
日本の活断層の種類は?海溝型地震、内陸型地震…。次の地震に備えよう

(2016/08/24)