目次
1. 家事を楽にしてくれる「家事動線」の考え方
 1ー1. 家事が楽になる動線とは?
2. 水回りの家事動線ポイント
 2ー1. 水を使う場所は固められていると「同時進行」ができる
 2ー2. 「回遊」できると便利
3. キッチン内の家事動線ポイント
 3ー1. 離しすぎないほうがいいもの
 3ー2. 冷蔵庫の扉に注意
4. 洗濯の家事動線ポイント
5. 家族全員で家事を分担することにもつなげられる

家事を楽にしてくれる「家事動線」の考え方

どのような家事動線が確保できると家事が楽になるのかを考えて間取りを決め、家事をする人、ひいては家族全員がストレスなく家事に参加できるような家づくりを目指しましょう。

家事が楽になる動線とは?

家事が楽になる動線とは、具体的に次のようなことを指します。

・家事をする際、上下の動きが少ない(立つ、座る、階段の上り下りなど)
・家事をする際、左右の動きが少ない(家の中を移動する距離)
・家事をする際の最適な動線を邪魔する家具がない

以上のことが意識された間取りであれば、必要最低限の動きで家事が片付き、日々の負担が減ります。また、面倒だと思うことも減るでしょう。家族の誰もが楽に家事を行うことができれば、“ひとりに家事の負担が偏ること”の回避にもつなげられるのです。

水回りの家事動線ポイント

pic_2
家事動線を意識しよう

キッチンや洗面所、浴室、トイレといった水回りは、ある程度近くに固めるか、回遊できるようにすると便利です。

水を使う場所は固められていると「同時進行」ができる

水を使う家事はそれぞれが別の作業でも、少しずつ空き時間が発生することがあるため、同時進行で行える場合があります。

例えば「キッチンにて電子レンジで食べ物を温めている間に、洗面所で洗濯を始める」といったちょっとした作業でも、これらが楽にできると動きや時間を減らすことができるので、水回りをある程度固めた間取りをおすすめします。

「回遊」できると便利

キッチンが行き止まりでなく、廊下からもキッチンの内部からも洗面所と浴室に行けるといった“ぐるぐる回ることができる間取り”は「回遊動線」が成立する間取りです。

わざわざキッチンから廊下、廊下から洗面所、と行ったり来たりすることがなくなるため、家事の時短にもつながります。

キッチン内の家事動線ポイント

キッチンは広いほうが便利ですが、“広くしすぎない”というのも重要なことです。また、キッチン内での家具や家電などの配置も重要になります。

離しすぎないほうがいいもの

まず、調理する位置に立ってみるとします。調理の多くは、食材を切ることから始まるので、まな板を使う位置がいいでしょう。そこから次のような動きを意識し、あまり離れすぎないように配置しましょう。

・食品を取るために冷蔵庫へ
・食器を取るために食器棚へ
・食品のパッケージや野菜のくずを捨てるためにゴミ箱へ
・食品を調理するためにガス台へ
・食品を温めるために電子レンジへ

さらに、すぐできるポイントとして「使用頻度の低い食器は、遠くの食器棚にまとめる」「炊飯器はスイッチを入れればその後は放置できるので遠くに置く」といったことも考えてみてください。

冷蔵庫の扉に注意

冷蔵庫は大きい家電であり、コンセントが必要になることから、壁際に置くことも多いかもしれません。サイドに壁がくる場合、ドアの向きによっては非常に開けにくい場合があります。

冷蔵庫には「右開き」「左開き」「両開き」があるので、購入の際にはよく考えるようにしましょう。店舗に右開きしかない場合も、取り寄せれば左開きがあるケースもあるので、メーカーや店舗に確認してみてください。

洗濯の家事動線ポイント

洗濯は、頻繁に行うものです。「洗う → 干す → 取り込む」の動線が長く不便だと、それだけ労力も大きくなってしまいます。そのため、次のような点に気を付けてみましょう。

・洗濯機を置く場所と干す場所は同じ階にする。そして、できるだけ近づける
(この場合、キッチンと洗濯機を近くにするよりも、干す場所と洗濯機を近くにするほうを優先)
・“畳む”という工程を減らすために、服をハンガーにかけて保管できるクローゼットをつくる

また「リビングを通ってベランダに洗濯物を干す場合、動線になる場所にソファやテーブルなどを置かない」といったことも重要です。

家族全員で家事を分担することにもつなげられる

pic_3
”家事がしやすい家”を目指そう

家事動線を意識して間取りをよく考え、日々の負担を少しずつ減らせるよう工夫してみてください。家族の誰にとっても家事がしやすい家であれば、誰かひとりだけに家事の負担が偏ることもなくなり、お互いに協力し合うことができます。

そのため、家族全員で家事負担を減らしていくためにも、間取りから考えるのは重要なことなのです。

住まいを探す

(2019/03/19)