幽霊を見た人も!実際にあったおかしなことランキング

事故物件に住んでいた人に、何か怪奇現象などのおかしなことはなかったかお尋ねしたところ、半数以上の人があったと回答しました。一体どのようなことが起こったのでしょうか。具体的にご紹介します。

Q14事故物件で実際に起こったおかしなこと
事故物件で実際に起こったおかしなこと 【複数回答可】(n=458)

1位は「誰もいないのに物音がした(ラップ音など)」(13.8%)となりました。誰もいないのに原因不明の音がなったら幽霊が出たと疑ってかかってしまいそうですが、実は家そのものの構造に原因があるケースも。木材が乾燥する音や温度差で設備が反応することもあるのです。

2位は「誰かがいる気配があった」(13.5%)、3位は「体調が悪くなった」(11.6%)となりました。4位以降は、悪夢や金縛り、体が重くなるなど精神的なダメージを受けた回答が続きます。

しかし設備のせいや気のせいとは言いがたいこんな回答も。なんと「実際に見知らぬ人物を見かけた(幽霊など)」という人が8.7%いました。事故物件に住めば、運がよければ幽霊に会えるという貴重な(?)体験ができるかもしれません。

おかしなことが起こりやすい物件は賃貸?それとも持ち家?

おかしなことが起こる家はどのようなタイプで多いのでしょうか。住まいの種類ごとに見てみました。その結果は以下のようになります。

【賃貸】
1位 賃貸アパート 65.7%
2位 賃貸マンション 57.9%
3位 賃貸一戸建 51.6%

【持ち家】
4位 持ち家マンション45.1%
5位 持ち家一戸建43.5%

家を買った人よりも、家を借りている賃貸の方が何かが起こった人が多いことが分かりました。特に「賃貸アパート」で何かおかしなことが起こったという割合が高めとなっています。具体的に何が起こったのかを見ていきましょう。

住まいのタイプ別に見た、事故物件で実際に起こったおかしなこと 【複数回答可】
住まいのタイプ別に見た、事故物件で実際に起こったおかしなこと 【複数回答可】

賃貸一戸建で「誰もいないのに物音がした」「誰かがいる気配があった」「金縛りにあった」「勝手に者が動いたり、移動した」など、不可解な出来事が起こる傾向が多く見られます。ただし賃貸一戸建は住んだ人の人数が31人と少ないため、特段怖い思いをした人の回答が色濃く出てしまったかもしれません。

賃貸アパートでは「体調が悪くなった」という人が、賃貸マンションでは「勝手に照明が点いたり消えたりした」という人が多い傾向が見られました。

次のページ→白装束、黒い影、日本人形・・・みんなの恐怖体験をご紹介