実はあなたの家、事故物件かも!?

そもそもなぜ事故物件に住むことになったのでしょうか。経緯を伺ったところ、以下のような結果となりました。

事故物件に住むことになったきっかけランキング

1位 「条件が良いため、あえて事故物件を探していた」25.1%

2位 「安いため、あえて事故物件を探していた」 24.5%

3位 「興味があったため、あえて事故物件を探していた」 19.9%

4位 「不動産会社から勧められて住むことになった」 15.9%

5位 「友人・知人から頼まれて住むことになった」 7.2%

6位 「友人・知人から紹介されて住むことになった」 4.8%

「その他」 2.8%

「普通に探したところが実は事故物件だった」 28.8%


事故物件に住むことになったきっかけ 【複数回答可】(n=458)

実は事故物件は、“あえて探す”人が多いようです。上位3位までは「あえて事故物件を探していた」が並びました。内訳を見てみると、「条件が良いため」「安いため」「興味があったため」となります。事故物件に住むことによる、メリットがこの結果から伺えます。

しかし、「普通に探したところが実は事故物件だった」という人も28.8%いることが分かりました。

不動産会社が教えてくれないことも。どうやって見分ける?

ではいつのタイミングで事故物件だと知ったのでしょうか。

住む前から事故物件だと知っていた人は7割強。しかし不動産会社が教えてくれなかったケースもあることが分かりました。不動産会社以外から自力で情報を得た人も約2割います。注目すべきは住んでから事故物件だと知ったケースです。およそ4人に1人が、後から知ったと回答しました。

住む前から事故物件だと知っていたか
住む前から事故物件だと知っていたか 
【単一回答】(n=458)

不動産会社には入居者への告知義務がありますが、時間の経過や人の入れ替わりとともに、告知されなくなるケースもあるようです。事故があった後の最初の入居者を除けば、責任を問うことが難しく不動産会社の判断に委ねられます。

ひとつの目安として、HOME'Sなどの不動産情報サイトで「心理的瑕疵あり」「告知事項あり」という記載がある場合には、事故物件に該当することもあります。備考欄を確認したり、キーワードでも検索をしてみましょう。また、事故物件は通常安く賃料や販売価格が設定されていることが多いため、相場よりも安いかどうかを確認しておくのも有効な方法です。

相場を知るためにはHOME'Sプライスマップのような、手軽なサービスもありますので、上手に活用しましょう。

事故物件で入居前何があったのか知っていた人は7割

住む前に何があったか知っているか
住む前に何があったか知っているか
 【単一回答】(n=458)

事故物件で入居前、何があったのか住んだことのある人は知っていたのでしょうか。結果は知っている人が約7割となりました。「詳しく知っている」人は23.4%、「おおよそは知っている」人は45.0%います。「まったく知らない」人が「住んだ後で事故物件であることを知った」(27.3%)よりも多いということは、あえて知ろうとしなかった人もいたためだと思います。

次のページ→事故物件っていくらで住めるの?