リノベーションをするのに大きくかかる費用は「物件購入費」と「リノベーション工事費」です。
しかし、それだけではすみません。不動産会社に支払う仲介手数料や住宅ローンの手数料など様々な諸費用や、引っ越し等の費用も必ず発生します。そのあたりをよくふまえて、無理のない資金計画を立てておくことが大切です。

物件を購入するのにかかる費用


中古物件を購入するときは、「購入価格の6~8%」が諸経費としてかかります。
具体的には、以下のような項目があげられます。なお、不動産会社が売主の物件を、直接その不動産会社から購入するときは、仲介手数料はかかりません。

仲介手数料 上限は(売買価格×3%+6万円)+消費税
登記費用 登録免許税、司法書士報酬を合わせて数十万円
固定資産税、管理費等の精算金 引き渡し日を基準に日割で精算
売買契約の印紙税 1,000万円を超え5,000万円以下の場合、1万円
5,000万円を超え1億円以下の場合、3万円
※平成26年4月~平成30年3月までの軽減税率

住宅ローン借入にかかる費用


物件購入にあたって住宅ローンを使う場合、以下の費用がかかります。

団体信用生命保険料 住宅ローン借入にあたって加入する生命保険の保険料
※ローン金利に含まれる場合もあります。
火災保険料 住宅ローン借入にあたって建物にかける保険料
その他ローン手数料 事務手数料、印紙代、ローン保証料など

リノベーションにかかる費用


物件が決まれば、次はリノベーション工事です。
設計・施工を同じ会社にまとめて依頼する場合は、工事費、設計費、管理費・諸経費などを含めて、
リノベーション工事にかかる費用を算出してもらいます。
物件の規模や工事範囲、老朽化の度合いによって工事費は異なります。

リノベーション工事費 工事代金(+消費税)
※設計・監理業務を設計事務所に、工事を施工会社に、
それぞれ依頼する場合は、設計事務所に対しては設計(監理)料を、
施工会社に対しては工事代金を、それぞれ支払います。
工事請負契約の印紙代 1,000万円を超え5,000万円以下の場合、1万円
5,000万円を超え1億円以下の場合、3万円
(注)平成26年4月~平成30年3月までの軽減税率

その他にも何かと費用がかかることを頭に入れておこう


中古物件を購入してリノベーションする場合、物件を購入しても工事が完成するまでは1か月~数か月かかります。
新たに住宅ローンを利用する場合、その期間中、賃貸に住んでいる方は家賃と住宅ローンの支払いが重なることになります。自己所有物件であっても住宅ローンが残っている方は、住宅ローンを二重に支払うことになります。さらに、引っ越し代や、リノベーションをきっかけに買い替えたくなる家電やインテリア、小物など、何かと費用がかかることを頭に入れておきましょう。

(注)本記事の情報は、2014年5月現在の税率等を元に掲載しています。最新の情報は税務署等にご確認ください。