部屋の中で楽器を扱う場合などには、同じアパートやマンションに暮らす住民や近隣住民に対して配慮しなければなりません。

トラブルを防ぐために有効なのが防音室付きアパートの契約ですが、この物件を探すときのポイントや見つからなかった場合の解決策をお伝えします。

防音室

 

防音室付きアパートとは、防音室と呼ばれる音漏れを防ぐ特殊な構造でつくられた部屋を含むアパートを指します。

 

防音室で出した音は音量が大きくても室外に漏れにくいため、日中や夜間を問わずに自宅で大きな音を出す機会が多いという人から特に重宝されています。

 

ここで注意したいのが、室内全体が防音設備でつくられているわけではないという点です。

 

防音室は、室内の一部屋など一部に限られていることが一般的で、防音室以外で出される音はそのまま室外に漏れてしまいます。そのため、部屋中の好きな場所で自由に音を出せるものではありません。

 

防音室付きアパートは、昼夜を問わず練習のために楽器を扱う機会が多いプロの音楽家の人以外にも、オーディオにこだわり大音量での映画観賞を楽しみたいという人や歌やカラオケが好きだという人まで、さまざまな人が利用しています。

 

防音室付きアパートのほかに、「楽器相談可能」と特記された物件も目にすることがあるかもしれません。この両者における決定的な違いは、確実に防音室が備わっているか否かです。前者には必ず防音室が備えられていることに対し、後者には備わっていないことが普通です。

 

ただし、楽器相談可能なアパートの場合は、大家さんや管理会社などに事前に相談することで楽器の使用を認められることが多いでしょう。

 

楽器を演奏する人がいることを承知で入居する人物が大半を占めるため、一般的なアパートと比較して騒音トラブルに発展するリスクが少ないことが特徴的です。¥

防音室付きアパートの探し方

 

防音室を設備として取り入れるためには多額の資金が必要であり、一般的には防音室を備えていない物件が主流であることから、防音室付きアパートが希望するエリア内で見つからない場合もあります。

 

こういった物件をスムーズに探すためにはどうすべきか、詳しく解説しましょう。

 

大学の付近には学生向けのアパートが増えますが、音楽大学に通う学生は日常的に楽器を扱うことが多いため、防音室付きアパートや楽器演奏可能なアパートの需要が他の地域と比較して増加する傾向にあります。

 

そのため、このようなエリアを中心に物件探しを行えば、防音室を備えたアパートを見つけやすいでしょう。

 

防音室付きアパートは特殊な物件であり、大家さんは防音室を設けるために多額の予算を投じています。また、一般的なアパートと比較して数も少ないため、相場よりも家賃が高くなりがちです。

 

そのため、防音室のあるアパートの契約を希望する場合には、地域の相場と比べて家賃の予算額を上げなければ、条件に合致した物件を見つけることは難しいでしょう。

楽器の演奏にはカラオケボックスを利用

 

これまでに紹介した方法で防音室付きアパートを探してみたにもかかわらず、残念ながら見つからなかった場合にはどのように対応すべきなのでしょうか。

 

ここでは、騒音トラブルを心配せずに生活するための具体的な解決方法を紹介します。

 

実は防音室は、簡易的なものが市販されており、商品を購入することで現在のアパートに住んだままでも、ある程度の音漏れをカットすることができます。

 

ただし、後でトラブルにならないよう、事前に大家さんや管理会社に連絡して、設置について問題がないかどうかを確認したうえで購入を検討しましょう。

 

市販されている簡易防音室の素材や大きさはまちまちで、用途や予算に応じて適したタイプを選ぶことができます。商品の値段はピンキリですが、安いものでも10万円程度は必要です。

 

ドア付きのロッカーのようなタイプが主流であり、工事の必要のない組み立て式の商品であれば、原状回復を気にすることなく利用でき、引越しの際も運びやすいでしょう。

 

防音室は市販タイプだけではなく、完成品のレンタルタイプも存在します。これは市販されている簡易防音室と比較して品質が高く、より音漏れをカットできます。また、楽器を演奏できるほど広さにゆとりを持たせたタイプも存在するため、備え付けの防音室と遜色ないクオリティを期待できます。

 

防音室はメーカーによって異なるものの、一般的に「0.8畳のタイプで月額1万500円から」というような価格設定で提供されており、ショールームなどで性能を体感できる場合も。

 

ただし、木造住宅であるアパートの場合は、重量の都合上、ものによってはレンタル防音室を設置できないことがあります。また、設置から解体までの一連の作業はすべて専門会社が行うことになるため、必ず契約前に大家さんや管理会社に確認して許可を得てください。

 

楽器の演奏を主に希望する場合には、カラオケボックスを利用するという手段も選択肢に入れましょう。楽器の持ち込みと演奏を正式に許可しているカラオケボックスもあるため、演奏可能なお店を選べばトラブルにならず、レンタル防音室を導入するよりも月々のコストが安くなる場合もあります。

 

特に、平日などの利用料金が安い時間帯を選ぶことにより費用を抑えられます。何よりもカラオケは全員が大きな音を出すことを前提に訪れるうえ、防音性を備えた室内で音漏れを気にせず楽器を扱えるため、思う存分演奏したいという人にも向いています。

 

楽器を演奏したいなどの理由で騒音トラブルを気にする場合は、深夜・早朝でも関係なく楽器類を扱える防音室付きアパートを契約しましょう。

 

物件が見つからない場合は、簡易式防音室の購入やレンタル、あるいはカラオケボックスの利用などが対処法として考えられます。

公開日: