同棲・同居の違いについてご存じでしょうか? どちらも似ている言葉であるため、同じ意味と認識されている方もいるのではないでしょうか。

一般的な使い分けを見れば、同棲・同居は似て非なるものです。そこで今回は、同棲・同居の違いについて説明するとともに、同棲・同居をする部屋探しの注意点についても紹介します。

 

一般的に同棲とは、婚姻関係にない恋人同士が同じ住居に住むことを指します。一方、同居も同じく、誰かと一緒に住む場合に使われる言葉ですが、同棲とは違い、家族や友達などと住むことを指す場合が多いでしょう。

 

最近では、同居のことを“ルームシェア”とも呼びますが、その際は家族との同居は含まず、友達や知り合いなどと住んでいる場合に用いられます。ただ、どちらも明確な定義があるわけではなく、あくまでも一般的な名称です。

 

同棲:婚姻関係にない恋人

同居:家族や友達

ルームシェア:友達

 

なお、婚姻の意思を持って3年以上の同棲を続けていた場合には“内縁関係”として扱われるケースもあります。

 

結婚届を提出してはいなくても、事実上の婚姻関係にある男女のことを内縁関係と呼び、法律上の権利関係が絡んできます。内縁関係と認められれば、財産分与や扶助義務などについては、婚姻関係にある男女と同じ権利を得られます。

 

ただし、婚姻関係にある男女の間に生まれた子であるか否かを示す嫡出子・非嫡出子など、内縁関係にあるからといって、それがすべてにおいて婚姻関係にあるものと同様と認められるわけではありません。

 

また、3年というのはあくまで目安の期間であり、必ずしも3年同棲したら内縁関係になるわけではありません。ただ一般的に、3年以上の“同棲”を続けていれば、内縁関係として認められる可能性があるという点については覚えておきましょう。

 

同棲・同居の部屋探しをする際には、いくつか注意しなければいけない点があります。注意事項をしっかりと把握し、入居先を決定しましょう。

 

単身用のマンションやアパートであれば、2人以上で住むことを前提としていないため、借りられないケースがあります。カップルなどであれば、単身用マンションなどでもいいと思う方もいるかもしれませんが、大家さんや管理会社などによっては断られるケースもあります。

 

また、1LDKなど部屋が少ない間取りであれば、2人以上での入居を断られるケースや、そもそも狭くて自分のプライバシーを守れないケースもあるので注意しましょう。

 

また、もともと単身用で借りている部屋に、2人以上で住む際にも注意しましょう。もし居住者が増える際には、大家さんや管理会社へ必ず報告をしなければいけません。報告を怠れば、最悪の場合、退去を命じられる可能性があります。

 

物件を借りる際には賃貸借契約を交わさなければいけませんが、契約者を誰に設定するのかを前もって決めておきましょう。同棲を前提としている場合には、2人が契約者になることも可能ですが、その際にはそれぞれに保証人が必要となる可能性があります。

 

また、2人以上で住む場合には、それぞれに収入があることを前提に物件を借りるため、どちらか1人の収入がなくなってしまった場合のリスクも考えなければいけません。

 

10万円の賃貸住宅を2人で折半して負担する場合、1人あたり5万円の負担です。しかし、なんらかの理由でどちらか一方の収入がなくなってしまえば、1人で10万円を負担しなければいけなくなります。そういったリスクも考慮したうえで、問題なく払い続けられる家賃を決めましょう。

 

 

部屋を借りると同時に、電気・ガス・水道などのライフラインの確保は必須となります。それぞれ1人しか契約者になれないため、前もって誰がどの契約者となるのかを決めておきましょう。

 

また、そういった手続きを誰が行うのかについても、前もって決めておけばスムーズに同棲・同居を開始できます。

 

ひとつの住宅に対して、複数人が世帯主になることは可能です。友達同士で同居をする場合には、それぞれが世帯主になってもいいし、誰か1人が世帯主になっても大丈夫です。

 

世帯主を1人に決める場合には、収入が多い人を世帯主に設定しておくようにしましょう。大家さんは、世帯主の収入をもとに判断します。

 

なお、近い将来、結婚する予定の方は、同棲をする際に世帯主を1人に決めておいたほうがいいです。いずれは、ひとつの家族になり、生計をひとつにするためです。

 

同棲や同居を開始する際には、同じ家に住むにあたり、きちんと話し合いをしたうえで、さまざまなルールを決めておいたほうがスムーズに契約が進みます。

 

どのような家にするのかはもちろん、契約者や世帯主など、事務手続きについても細かく決めておいたほうがいいでしょう。

 

また、家賃についても余裕をもった設定が必要です。そして、いざ住み始めてからもお互いが気持ちよく生活できるよう、部屋の使い方やそれぞれが守りたいルール、家事分担などについても話し合っておくといいでしょう。

公開日: