目次
1. 引越しで必要となる費用にはどんなものがある?
2. 引越しにかかる費用のシミュレーション
 2ー1. ワンルームアパート(1人暮らし)から新居へ引越しをする場合の費用
3. 引越しの費用を抑えるポイント
 3ー1. 仲介手数料の安い不動産会社を選ぶ
 3ー2. 敷金・礼金のかからない物件を選ぶ
 3ー3. 引越しにかかる費用を節約する
 3ー4. 火災保険を選ぶ
4. 引越しはスケジュール立てが重要

引越しで必要となる費用にはどんなものがある?

まず、ワンルームアパートから新居への引越しには、どのような費用が必要になるのでしょうか。

一般的に必要となる費用をまとめてみました。

引越しにかかる費用費用の内訳
引越しの作業にかかる費用・引越し会社へ支払う料金
・不用品の処分費用
・梱包資材の料金
・作業員への謝礼(必要な場合)
現状住んでいる物件の解約の費用・解約までの家賃
・原状回復のための修繕費用
・ハウスクリーニング費用
新居の費用・前家賃(あらかじめ払う翌月分の家賃)
・当月の日割り家賃
・敷金
・礼金
・仲介手数料
・火災保険料
・鍵の交換料金
その他の費用・新しい家具、家電、生活雑貨の購入

こうしてみると、さまざまな費用がかかることがわかります。

「引越し代と新居の家賃くらい」と思っていると、予想以上にお金がかかって後悔することになるため、あらかじめ予算に入れておく必要があります。

引越しにかかる費用のシミュレーション

引越しには、多様な費用がかかることがわかりました。では、それぞれの相場はいくらくらいなのでしょうか。

ここではワンルームアパート(1人暮らし)から新居へ引越しをする場合の費用についてシミュレーションしてみましょう。

この表ではイメージがわきやすいように、以下のように設定し、試算しました。

・現在の家賃7万円
・新居の家賃8万円
・敷金と礼金、共に1ヶ月
・同一市内への引越し(引越し料金が割安になる可能性あり)
・入居日は月初(日割り家賃はなし)
・新しく買い換えるベッドと冷蔵庫を不用品として回収会社に処分してもらう


ワンルームアパート(1人暮らし)から新居へ引越しをする場合の費用
費用の種類金額備考
引越し会社へ支払う料金約3万円同一市内のため安めに
不用品の処分費用約1万1000円ベッド、冷蔵庫
梱包資材の料金0円引越し会社提供分で足りたため0円
作業員への謝礼0円今回は払わない選択
解約までの家賃7万円最終日まで契約するので1ヶ月分
敷金以上の修繕費用0円大きな破損などはなく0円
ハウスクリーニング費用0円敷金内で行えたため0円
前家賃8万円新居の家賃1ヶ月分
日割り家賃0円月初からなので0円
敷金8万円新居の家賃1ヶ月分
礼金8万円新居の家賃1ヶ月分
仲介手数料8万円新居の家賃1ヶ月分を想定
火災保険料約1万5000円2年分
鍵の交換料金 約1万円
新しい家具、家電、生活雑貨の購入約5万円ベッド、冷蔵庫と生活雑貨を約5万円で揃える計算
合計約50万6000円

合計50万円以上かかる計算となり、思いのほか高いと感じた方は多いのではないでしょうか。引越しを決めてから完了するまでには、これくらいの費用が発生する可能性があります。

この機会に、ついでに家具や家電も買い換えようとなると、さらに費用が必要です。引越し前にかかる費用をリストアップし、イメージをつかんでおきましょう。

引越しの費用を抑えるポイント

費用を抑える

引越しにはさまざまな費用が必要で、想像以上にお金がかかります。そこで、トータルコストを少しでも安く抑えるためのポイントも紹介します。


1. 仲介手数料の安い不動産会社を選ぶ

物件の中には、複数の不動産会社が取り扱っているものもあります。

その中から仲介手数料が安い不動産会社を探すだけでも、費用を節約することができます。


2. 敷金・礼金のかからない物件を選ぶ

最近は、敷金や礼金を必要としない物件も増えています。このような物件を選ぶと、初期費用を大きく抑えることができます。


3. 引越しにかかる費用を節約する

引越しにかかる費用は、もちろん引越し会社によって異なります。

複数の会社から見積もりを取り、料金を比較して少しでも安いところを探すことで、節約をすることができます。

また、同じ会社でも、繫忙期であるか否かで料金が変わることもあります。そのため、繁忙期を避けるだけでも、引越しにかかる費用を浮かせることができるのです。


4. 火災保険を選ぶ

賃貸物件の契約の際に、火災保険などもまとめて加入することが多いでしょう。しかし、不動産会社が指定した以外の保険を選ぶこともできます。

自ら火災保険のプランを比較し、最適なものを選べるのであれば、費用を節約できるかもしれません。

引越しはスケジュール立てが重要

今回のようにリストアップしてみることで、どこにいくらかかるのかがわかり、引越しの費用のイメージがつきやすくなったのではないでしょうか。

また引越しの予算を考え、費用を抑えるために、できることをひとつずつ行っていくことが大切です。

事前に計画を立て、引越し会社の繁忙期を避けるなど、できそうなことから順番に検討していきましょう。

全国の賃貸物件を探す家賃相場を調べる