1981年6月以前に建築確認を行った建物

1978年の宮城県沖地震の教訓から、建築基準法が大幅に改正されたのが1981年6月。これ以降に建築確認を受けたものは、現行の耐震基準1と同じレベルです。これより前の建物については、耐震性について明確な基準が設けられていなかったため、バラつきがあります。 中には現行よりむしろ高い基準で作られているものもありますが、大半は現行基準を満たしていません。

ここから先は主に一戸建て(木造)に関するポイントです。

一階に耐力壁が少ない

img_column22_01
【画像1】

一戸建てで2階・3階建ての場合、1階部分に壁(耐力壁)が少ないパターンです。

木造住宅は壁で地震に耐える構造になっています。かつては1階部分の道路面はすべて開口部、といった木造住宅もありましたが、現在そのような建物は作ることができません。

※【画像1】参照

壁のバランスが悪い

img_column22_02
【画像2】

1階部分に壁(耐力壁)はあるものの上下階でそのバランスが悪いケース。

この場合には、建物が揺れた時に、上下階でねじれが生じる可能性があるのです。上下階の壁は揃っているのが理想です。

※【画像2】参照

頭でっかちな建物

img_column22_03
【画像3】

文字通り、下階より上階のほうが大きい建物のことです。

これはいかにも不安定な見た目でご想像できると思いますが、耐震的にはもちろん弱くなります。

※【画像3】参照

老朽化

新築した際に、どれだけ耐震性を確保できていたとしても、建物が老朽化してしまい、本来の性能を発揮できないケース。筋交い(すじかい)や構造用合板、木材同士を緊結する金具など、耐震に重要な部材・部品が外れかかっていたりするケースや、コンクリートの中に水が入り込み中の鉄筋を錆びさせ、コンクリートを押し出しているケースなど。

軟弱地盤

建物そのものの耐震性が強かったとしても、軟弱地盤の上では、建物はやはり大きく揺れるということを理解しておきましょう。

具体的なチェックリストを以下にご用意しました。10項目のうち、9個以上満たすなら一定の耐震性はあると推察できます。5~8個なら耐震性が不十分です。まずはホームインスペクター(住宅診断士)などの専門家に相談し、耐震診断をしてみましょう。4個以下の場合、明らかに耐震性が問題です。耐震診断や必要に応じた補強を早急に検討しましょう。

耐震性チェックリスト

□ 建築確認年月日が1981年6月1日以降である
□ 竣工図書(設計図面)やリフォームなどの記録を保管している
□ 過去に床上・床下浸水、火災、自動車の衝突、大地震などの災害に見舞われたことがない
□ 床下に木部の腐食やシロアリに食われた穴のような跡がない
□ 建物を上から見たときL字やT字などではなく、正方形や長方形などのシンプルな形である
□ 一辺が4m以上の大きな吹き抜けがない
□ 東西南北どの面にも壁があり、壁の配置のバランスがとれている
□ 地盤の性質が固い
□ 土地はがけ地などではなく平面である
□ 基礎の構造が鉄筋コンクリート造である

関連記事>>いいとこどり!中古+リノベという選択 STEP3:物件探し

コラムVol.23>>
<<コラムVol.21

コンテンツ提供:株式会社さくら事務所