雑誌で見るような、スタイリッシュで都会的なモノトーンの部屋に憧れる方も多いのではないでしょうか。

一人暮らしでもモノトーンの部屋なら、そろえる家具や小物によって洗練されたおしゃれな部屋をつくることができます。

しかし、一見簡単そうに見えても、ただモノトーンのアイテムを集めるだけではうまくいかず、なんだか落ち着かない部屋になってしまうことも。

この記事では、一人暮らしでのモノトーンの部屋づくりにおけるポイントや、注意すべき点について紹介します。

 

モノトーンには、「単色」「白黒」などの意味があり、白や黒、グレーなどの無彩色の色のことをいいます。

 

モノトーンの部屋にすることで統一感が出て、物が多くてもすっきりシンプルに見せることができます。

 

モノトーンを構成するのは主に白と黒の2色ですが、その2色にも実はバリエーションが多くあります。

 

たとえば、白色といってもオフホワイトのような優しい印象の色もあれば、生成りのようなナチュラルな色もあります。白と黒の中間色のグレーやシルバーもモノトーンを構成するための重要なカラーです。

 

ライトグレーやダークグレーなどのように、白と黒の配分比率によって豊富な色の種類があり、選択肢が一気に広がります。

 

これらの配色のバランスは自由に決めることができるため、組み合わせ次第でクールだったり大人かわいい部屋だったりと、自分好みの空間をつくることができます。

モノトーンの部屋

 

モノトーンを主に構成する白と黒、グレーには、どのような特徴があるのでしょうか。それぞれの色の特性を押さえておきましょう。

 

白が多いとぱっと明るい印象の部屋になります。また部屋に広がりを持たせる効果もあり、カーテンやラグを白に統一すると開放感が生まれ、部屋を広く見せることができます。

 

まずは白を基調にして、そこに暗い色を足していくと失敗しにくいのでおすすめです。部屋の天井や壁はもともと白いことが多いので、この方法だと始めやすいでしょう。

 

また清潔感のある色でもあり、キッチンやお風呂などの水回りに配色するのもおすすめです。

 

黒は色の中で最もシャープな印象を持ち、インテリアとしての人気も高い色です。引き締め効果があり、黒を配色するとぼんやりした部屋にメリハリが生まれます。

 

部屋をシックで落ち着きがある雰囲気にしてくれる一方で、黒が多すぎると重く暗い印象になりがちです。まずはクッションなどの小物から取り入れてみるとよいでしょう。

 

また、黒はほこりが目立ちやすいという一面もあるため、こまめな手入れが必要になります。

グレーベースの部屋

 

グレーの色を部屋に使うと、モダンな中にもナチュラル感が増して、リラックスできる空間になります。

 

色の種類もたくさんあり、グレーだけで明るさの違う色を組み合わせてコーディネートすることも可能です。

 

白と黒のように、明るすぎたり重たくなりすぎたりということがなく、初心者にも使いやすい色でもあります。また白や黒に比べて汚れが目立ちにくいという特徴もあります。

 

モノトーンの部屋はシンプルで落ち着いた雰囲気になりますが、色みがないため注意しないと物足りない印象になってしまうことも。

 

おしゃれなモノトーンの部屋づくりにおける、コツや注意点をいくつか紹介します。

大物家具は黒を避ける

 

カーテンを真っ黒にしたり、床を黒いカーペットで覆ったりすると、部屋全体が暗く重たい印象になってしまいます。

 

大きなインテリアに黒を使う場合は、できれば1つまでにし、黒より白の配色を多く残しましょう。

 

そこに引き締め役として黒を足していくとちょうどよいバランスを見つけやすいです。大きな家具に使うならグレーもおすすめです。

柄をアクセントに

 

色だけでなく、柄物のカーテンやラグでアクセントやメリハリをつけることができます。ポスターや絵、置物などを飾ってみるのもよいでしょう。

 

また、アクセントクロスを追加するのも効果的です。ドットやストライプ柄は、モノトーンでもポップな印象にすることができます。

アクセントカラー

 

モノトーンに植物でグリーンを足すなど他の差し色を入れることによって、部屋に彩りを加えることができます。

 

しかし、統一感のあるモノトーンの部屋を目指すなら、アクセントカラーを足したい場合も「ここ」というところを選び、1色までに抑えるようにしましょう。

 

モノトーンの部屋づくりが成功するかどうかは、どれだけモノトーン以外の色を取りのぞけるかにかかっているといっても過言ではないでしょう。

 

あれもこれもと色を増やすと、結局まとまりがなくなってしまいます。

 

とことんこだわるなら、小物や家電にもモノトーンを取り入れるとよいでしょう。それが無理でもマスキングテープを貼ることで色を変えられるかもしれません。

 

雑多な印象になりやすいキッチン小物も調味料をモノトーンカラーのボックスに入れたり、ボトルを詰め替えたりすると統一感があり、おしゃれに見えます。

 

モノトーンといっても、実は多様な組み合わせを楽しむことができます。

 

白や黒はもちろん、グレーの濃淡を加えたり、柄をアクセントにしたりすることで部屋によってまったく違う顔をつくることができます。

 

まずは少しずつ色の組み合わせを試してみて、お気に入りのモノトーンの部屋を見つけてください。

公開日: