夏場に起こりやすい熱中症。地球温暖化による気温上昇に伴って、近年では日本でも熱中症の患者数は増加の傾向にあるようです。そして、熱中症は屋外だけでなく屋内でも起こり得ることをご存知ですか?

ここでは、室内で熱中症になりやすい場所や条件などについて解説します。熱中症に関する正しい知識を身につけて、この夏を健康に過ごしましょう。

そもそも熱中症って?

そもそも熱中症って?

熱中症とは、高温多湿な環境で、体内の水分やナトリウムのバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなることで起こるさまざまな障害の総称のこと。重症度によって、以下の3つの段階に分類されます。

 

I度:気分が悪い、めまい、筋肉の痛みや硬直、手足のしびれなど

II度:頭痛、吐き気、嘔吐、身体がだるい、意識が何となくおかしいなど

III度:II度の症状に加え、意識障害、けいれん、手足の運動障害、高体温など

 

重度が高くなるほど、症状の深刻度が増し、病院などでの手当が必要となってきます。ひどい場合は意識障害が起こり、最悪は死に至るケースもあるので熱中症を軽視せず、しっかりとした対策を行う必要があるのです。

環境省は熱中症になる要因として、以下の3点を挙げています。

 

1 環境

2 身体

3 行動

 

気温や湿度が高い日、閉めきったエアコンのない屋内などが熱中症になりやすい環境です。身体については、病み上がりや寝不足、体力低下時などコンディションが悪く、うまく体温調節ができない場合、行動については水分補給できない状況や体力を使うときには特に注意が必要です。

 

※環境省 熱中症予防情報サイト

http://www.wbgt.env.go.jp/doc_prevention.php

熱中症になりやすい方

熱中症になりやすい方

熱中症は、誰にでも起こり得ます。特に注意が必要なのは、子どもや高齢者です。

 

子ども、なかでも乳幼児は、体温を調節する機能があまり発達しておらず「体温が上がりやすくて下がりにくい」ため熱中症になりやすいといわれています。

 

高齢者も体温調節機能が低下して汗をかきにくくなるため、体温をうまく下げることができません。また喉の渇きを感じにくくなることもあり、水分不足で熱中症になってしまう方が多いのです。

 

ほかにも体力のない方や暑さに慣れていない方、持病がある方、肥満体型の方も熱中症になるリスクが高いので注意しましょう。

「熱中症は屋外でなるもの」といったイメージが強いかもしれませんが、消防庁のデータによれば、熱中症による救急要請の半数近くが、住居や学校など屋内で起こっています。

 

※消防庁のデータ

http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/topics/201705/heat.html#M06

 

特に、屋内で危険な環境は「熱気や湿気が溜まりやすく、暑い場所」。例えば、エアコンのない閉め切った部屋や風呂場、洗面所などです。1階に比べて暑くなりやすい2階やロフトも注意が必要です。

 

また、熱中症になりやすいタイミングについては、水分が失われやすい入浴後、閉めきった暑い場所での作業が長時間続いた場合などが挙げられます。

屋内の熱中症対策をチェック

屋内の熱中症対策をチェック

家での熱中症対策のポイントは、以下の3点です。

 

1 室温管理

2 風通し

3 水分補給

 

室温の管理については、温度計で室温をチェックし、適度にエアコンを使用すること。風通しについては、扇風機で部屋の空気を循環させる(特にロフトなどがある場合は、ロフトに溜まった暖かい空気を循環させるようにしましょう)、窓を開けて風を取り込むなどが有効です。

 

水分補給に関しては、喉が渇かなくても意識的に水を飲むようにしましょう。お茶やコーヒーは利尿作用があるので、できるだけ水を飲んでください。成人の場合、1日に失われてしまう水分量は2.5リットルといわれています。

 

猛暑日や真夏日といわれる気温や湿度の高い日は、家の中でもしっかりとした熱中症対策が必要となってきます。ちょっとした気配りで予防することができるので、しっかり対策し、体調を崩すことがないように気をつけてください。

公開日: