スキップフロアのある間取りはメリットも多く、住宅を購入する際に導入を検討している方も多いのではないでしょうか。

今回は、スキップフロアを住宅に取り入れることのメリットとデメリットについて紹介したいと思います。

スキップフロアとは、フロアの一部の高さを半階分ずらすことでできる空間・部屋のことを言います。作った階層に応じて、半地下、中2階、中3階などと呼ばれ、限られた敷地でもフロアを増やすことができます。一般的な住宅のように階段を使って1階、2階、3階とフロアを分ける場合と区別されます。

 

スキップフロアの数に決まりはなく、1ヶ所だけをスキップフロアとすることもあれば、複数作る場合もあります。その数に関係なく、スキップフロアを取り入れた家を「スキップフロアの家」と呼ぶことが一般的となっています。

スキップフロアを取り入れるとどういったメリットが生まれるのでしょうか。

スキップフロアの一番のメリットは、土地を有効活用できる点にあります。非常に狭かったり、傾斜があったりと広さを確保しにくい土地に特におすすめです。

 

また、スキップフロアを取り入れることで、通常の廊下や階段に必要なスペースがなくなり、床面積を増やすことができます。

通常、部屋を区切るためには、部屋の数だけ壁を作る必要が出てきます。しかし、スキップフロアは、数段の階段が部屋の区切りの役割を果たしているため、壁が不要となります。壁があれば日当たりが悪くなる部屋でも、スキップフロアなら光を取り入れることができるのです。

斜線制限で2階以上の高さが建てられない土地でも、スキップフロアを設ければ床面積は3層分になります。また、各階とスキップフロアが一続きになっていることで、広々とした開放感のある印象を与えることができるでしょう。このように、スキップフロアの導入は「開放感のある住宅にしたい」という方に適した建築方法の1つです。

スキップフロアのメリットは、そのデザイン性の高さにもあります。人気があるとはいえ、まだまだ珍しいスキップフロアを取り入れた間取りは「人とは違う、こだわりの詰まった住宅にしたい」という方におすすめです。スキップフロアを取り入れることで、自分だけのこだわりの間取りを楽しむことができます。

 

スキップフロアにはデメリットもあるため導入前によく検討してください。

メリットが豊富にあるスキップフロアですが、その分手間も必要になります。特に、建築時の間取りの設計は、より入念に行う必要があります。一般的な間取りとは異なるため、耐震構造や空調設備の配置、梁の位置など必要な工数は多くなりがちです。

 

例えば、フロアが一続きになることで、熱が上にこもりやすく、下が寒くなりやすいので、注意して設計しなければなりません。導入を考えている場合は、知識や経験の豊富な設計士や施工会社を選びましょう。

一般的な住宅の減税対策に、長期優良住宅の申請を行うという方法があります。長期優良住宅とは、長く快適に暮らせる家としての基準をクリアした住宅を指し、減税対象となります。 ところが、スキップフロアを取り入れた住宅では、長期優良住宅になる条件を満たすことが難しくなります。

老後も住み続けるとなると、少し考える必要があるでしょう。スキップフロアを取り入れるということは、その分、階段の箇所が多い間取りになります。そのため、老後のことを考えると向いていないケースもあります。スキップフロアの間取りにはどこまでバリアフリーの機能を取り入れられるのか、しっかりと考える必要があります。

土地が狭い場合にはスキップフロアの間取りはメリット

土地が狭い場合にはスキップフロアの間取りはメリット

 

スキップフロアのメリットとデメリットを総合すると、コストや手間はかかりますが、狭い土地や傾斜のある土地に家を建てる場合には、非常に効果的だと言えるでしょう。

 

ただ見た目だけではなく、デッドスペースを減らし、採光性も向上し、さらには、部屋を広く見せる効果のあるスキップフロア。デザイン性にも富んだスキップフロアをぜひ検討してみてください。

公開日: