目次
1. 南道路だからって日当たりが良いとは限らない?見落としがちな注意点
 1ー1. 南道路は南玄関、南に駐車スペースを取る間取りに
 1ー2. 周辺環境も大切
2. 南玄関の一戸建てで快適な間取りには"間口の広さ"が重要
 2ー1. 南道路であったとしても、南に面する間口の広さ(長さ)で日の当たる面積が違う
 2ー2. リビングやウッドデッキを2階にする間取りもオススメ
3. 南&南東玄関の家に日が入る時間帯
 3ー1. 方角別の日差しが入る時間帯
4. 南道路の家に住む場合は間取りが大切になる

南道路だからって日当たりが良いとは限らない? 見落としがちな注意点

一般的に言われる「南向きの家は日当たりが良い」というのは本当なのでしょうか。

南道路は南玄関、南に駐車スペースを取る間取りに

実際、南や南東に玄関のある物件は人気があります。しかし、南に道路があるということは、進入口も南側だということを忘れてはなりません。

当然、車が入って来るのも南からになり、そのため家の南側に駐車スペースを作るケースが多くなります。そうすると、間口の狭い物件では、最も日当たりのいい部分が駐車スペースになってしまうため、南側の土地であることを最大限生かせなくなってしまうので注意が必要です。

周辺環境も大切

いくら南側に道路があっても、向かい側に高い建物ができれば、日当たりは悪くなります。一方で、南側にあるものが公園や学校などの場合は建て変わりも少なく、日当たりは確保されるので、周辺環境を確認しておきましょう。

また、北道路の土地であっても、南側に庭などのスペースを作ることができれば日当たりは確保できます。このように一概に南道路に面した土地だけが「日当たりが良い」ということはありません。

南玄関の一戸建てで快適な間取りには"間口の広さ"が重要

南玄関の家に住むなら、どのような間取りであれば日当たりが良くなるのでしょうか?

南道路であったとしても、南に面する間口の広さ(長さ)で日の当たる面積が違う

南に面する間口の広さ(長さ)によって、日の当たる面積が異なります。広ければ広いほど日当たりの良い家になり、狭すぎると南道路に面している意味があまりなくなってしまうので気を付けてください。

リビングやウッドデッキを2階にする間取りもオススメ

せっかく南道路に面した土地なのに、間口の狭い南玄関だとお悩みの方もいるでしょう。そんな場合は、リビングやウッドデッキを2階にしてみてはいかがでしょうか。

2階部分にLDKのある間取りにすれば、日当たりが良くなるだけでなく、道路からの目隠し(塀や格子など )費用が浮くため、経済的にもオススメです。

南&南東玄関の家に日が入る時間帯

pic2
方角別の日が入る時間帯

南玄関や南東玄関の場合、日が入る時間帯はいつなのでしょうか。ここでは方角別に日が入る時間帯と家探しをするときのコツについて紹介していきます。

方角別の日差しが入る時間帯

南向きの土地は、1日を通して日当たりが良いとされています。また、南東向きの土地も人気があります。

南東向きの土地は、早朝から日光が部屋に差し込むため、冬の冷え込む朝でも快適に過ごすことができます。さらに夏場でも、南向きほど部屋が暑くなりすぎないという特徴があります。このように、全体的にバランスが取れているのが南東向きの土地の特徴です。

では、南向き以外の土地はどうでしょうか。東向きは朝方、西向きは午後から夕方にかけて日当たりが良く、北向きは1日を通して日当たりが悪いのが特徴です。また、季節によっても、それぞれ特徴が異なります。

南向きの土地1年を通して日当たりが良く、快適に過ごすことができます。
東向きの土地暗くなるのが早いことが特徴で、夏場の午後や夕方は日差しが入りにくく、快適に過ごしやすいでしょう。
西向きの土地冬場の夕方でも日当たりが良く、比較的暖かく過ごせるでしょう。
北向きの土地日当たりが悪いと敬遠されがちですが、その分夏場は過ごしやすくなります。

共働きの家族では日の当たる時間帯に家にいないことも

どんなに日当たりが良い家を選んだとしても、日の当たる時間帯に人がいなければ意味がありません。

家を選ぶ際には自分の生活スタイルを踏まえ、家にいる時間がいつなのかを考えて家探しをするようにしましょう。家族がいる時間帯に日当たりの良い家を選べば、きっと居心地の良い家になるはずです。

南道路の家に住む場合は間取りが大切になる

南道路に面した土地は、1年を通して日当たりが良いとされています。そんな土地を最大限に活用するためには、間取りや玄関の位置、駐車スペースの位置などを考慮する必要があるでしょう。

また、日当たりが良い土地は人気が高く、価格も高い傾向にあります。予算を抑えつつも日当たりを確保したいという方は、自分の生活リズムを考え、他の方角の土地も検討すると、賢い家選びができるでしょう。
南向きの物件特集南道路の新築一戸建て・土地

(2019/03/19)