実はかなりのお金持ち!?福岡から上京した磯野家の暮らし

まずは磯野家のプロフィールを「サザエさん」の原作から振り返ってみます。

実は磯野家はもともと福岡県福岡市に住んでいました。戦後間もないにもかかわらず、その生活はとても裕福で、町内会の人たちが継当ての服を着て配給を受けていた時に、フネは和服に割烹着・サザエは白いブラウスと黒いスカートにエプロンをつけたキチリとした姿でそのお手伝いをしています。
食糧にも困っている様子もなく、リュック一杯のヤミ物資と思われる米や野菜を持ち歩き、ニセ警官にだまし取られたりしても悲壮感がないほどです。
また、広縁のある二階建ての立派な家にはミシンや蓄音機があり、度々軍服を着た階級の高そうな米兵が訪れ記念写真などを撮ってます。
福岡時代の波平さんの仕事っていったい何だったのでしょうか?気になります。

その後、東京都世田谷市(※)に引っ越してきた磯野家。上野駅に着いたときに多額の現金を持っていたらしく、やたらとそれを気にする波平さんでしたが、きっとそのお金で5DKの家を建てたに違いない。
福岡で結婚したサザエさんとマスオさんもスープの冷めない距離に一軒家を借りて一緒に引っ越してきましたが、大家さんとけんかをして田の字型住宅の磯野家に多世帯同居することになります。

田の字型住宅とは、俯瞰すると部屋が四分割されていて田んぼの「田」の字に見えることからそう言われています。部屋同士が建具で仕切られ、間に廊下がなくプライバシーはほとんどないけれども、これは部屋の用途を決めず、家族構成が変わったときにそれぞれの入居者が部屋を移動してそのシーンに合わせて、何世代にもわたって使用できるようにするための間取りです。

(※)現在の東京都世田谷区は、当時「世田谷市」だったのです

これが磯野家の間取りだ!

01-01 - コピー
磯野家の間取り。家族の団欒やサザエがカツオを追いかける様子がすぐに想像できませんか?

さて、これが磯野家の間取り図です。

もともとは応接室と考えられる、玄関から見て左側の8畳の部屋がフグ田家の部屋。若夫婦にとって、廊下を挟んで多少なりともプライバシーが確保されています。

カツオ・ワカメの部屋は北側にしか窓がなく採光がとれないといった問題がありますが、西日が当たらず実は落ち着いていて、勉強部屋としては理想的な場所です。ご存知の通り、カツオにはあまり関係なさそうですが…。

波平とフネの部屋は玄関から見ると客間を挟んで一番奥にあり、若夫婦に気兼ねすることなく落ち着いて過ごせる場所になっています。

カツオやワカメ、タラちゃんがまだ小さい現在はこの間取りで何ら問題無さそうですが、家族の成長やライフスタイルの変化に伴って家の使い方は変化していくもの。ずっと同じ部屋割りというわけにはいかなそうですが、子供たちが成長した5年後の磯野家は、どうなるのでしょうか?

あくまでも想像だけど…5年後の磯野家はこうなっている!?

01-02(基本)
5年後の磯野家(想像)。田の字型の間取り自体は大きく変えず、プライバシーを確保できるようにリフォームされています

さて、5年後。カツオが高校生・ワカメが中学生・タラオが小学生になると部屋割りを替えなくてはならず、その場合ちょっとしたリフォームも必要になってきます。そこで、こんなリフォームがいいんじゃないかと考えてみました。

まず、マスオとサザエは動かずにそのままの部屋を使います。ワカメも部屋を動きませんが、6帖の子供部屋を独り占めに。
カツオとタラオは同性であることから、今まで居間8帖だったところをルームシェアしてみる。そのために建築基準法は勘弁してもらって、客間と台所の間の建具を取り払って壁にしちゃいます。でもしっかりと換気はして、男衆の男臭が廊下に漂わないように。。

波平さんとフネさんは客間に引っ越してもらいます。やはり西側の建具をなくして、ここも壁にします。
そして、波平さんたちの部屋だったところを家族の居間に。台所の隣で位置的には問題ないけれど、玄関へ向かう動線がかなり悪くなっちゃうのが少しネックかな。

リフォームによって残念ながら無くなってしまったのは客間。お客さんは居間に通して、宿泊客は近くのホテルにアウトソーシング。まだこのリフォームの段階ではあまりお金をかけたくないのです。

だって、さらに10年~15年が経過した時にフグ田家がまだ同居していたとするならば、間違いなく建て替えを迫られるでしょう。そのあたりで波平さんは定年退職かな?
そうなると世田谷の一等地。固定資産税だってばかにならないし年金だってどうなることやら…。それならば敷地の半分で賃貸経営もしくは売却し、それらのいずれかを元手として残地に多世帯住宅新築なんてどうでしょう?
そういった意味では地元密着型でとても仲の良い花沢不動産家族がいるからとっても安心ですよね。


【磯野家概要】
所在地:東京都世田谷区桜新町
推定建物面積:115.65㎡
間取り:5DK
構造:在来工法平屋建
入居者:磯野波平・フネ・カツオ・ワカメ
     フグ田マスオ・サザエ・タラオ
     たま(猫)

間取り女子画像

※掲載の間取り図はMEGASOFT 3Dマイホームデザイナーで作図しています。

関連記事

【間取り女子のMADORI探訪①】細長い部屋と開かずの三角形
賃貸から家を購入して何が変わった?~住み替えした人に聞く、広さと間取りがこんなに
間取り変更ができないマンションがあるって本当!?購入時に気をつけたいポイント

公開日: