食料品や日用品の購入にかかる費用や家賃など、日常生活にかかるコストをできるだけ抑えて、お得に暮らしたいと思いませんか。スーパーなどで販売されている商品の価格など、生活費は住むエリアによって、大きな違いがあります。

そこで今回は、近畿圏(大阪府、兵庫県、京都府)で「生活費が安い街」はどの街だと思うか、アンケート調査を実施しました。ランキング形式で1位~5位に選ばれた街とその理由、街の特徴について紹介していきます。

尼崎中央商店街

選んだ理由

  • 「中央商店街など生活関連の店舗がたくさんあり、他の地域に比べ安い」(69歳男性)

  • 「三和商店街などお手頃価格のショッピングゾーンがある」(43歳女性)

  • 「駅前の商店街にはいろんなものが安く購入できる商店がある。食料品から、おしゃれ用品までそろっていて生活しやすそう」(66歳女性)

  • 「阪神沿線は、物価が安い地域が多く、古い商店街などもある。人情にも厚いと思われる。アパートの賃貸料金や食費が、他地域より安そうだから」(64歳男性)

1位に選ばれたのは、阪神本線・阪神なんば線の尼崎です。尼崎から隣の出屋敷にかけてのエリアには、尼崎中央商店街の一番街・三番街・四番街・五番街と三和商店街があります。

 

また、LIFULL HOME’Sの家賃相場(2020年1月現在)によると、4位のJRの尼崎駅の周辺よりも家賃相場は安めです。

JR新今宮駅

選んだ理由

  • 「住んでみてガソリン以外はほぼ安い」(57歳男性)

  • 「とにかく食べる物や衣服など、なんでも安いのが特徴です」(47歳男性)

  • 「格安な商品が露店に並ぶから」(51歳男性)

  • 「古い物件など家賃の安い物件が多く、飲食店なども安いお店が多いため」(52歳男性)

  • 「昔ながらの商店街がまだあり、大阪の下町風情が漂っている」(64歳男性)

2位には新今宮が選ばれました。JRと南海電鉄の駅があり、大阪の都心へのアクセスのよさの割に賃料相場は安めです。

 

駅周辺には激安スーパーとして知られるスーパー玉出やMEGAドン・キホーテが立地。ジャンジャン横丁と呼ばれる南陽通商店街では、串カツやうどんなどのB級グルメが楽しめ、立ち飲み屋もあります。

阪急庄内駅

選んだ理由

  • 「マンションが安い、梅田までのアクセスがよいので通勤費を抑えることができる、物価が安い」(23歳女性)

  • 「物価が安い。コロッケ35円とかで買えちゃう」(30歳女性)

  • 「市場は食料品が安くて、量もあり新鮮だから」(48歳女性)

  • 「実際に住んでいたことがあり、お惣菜が安い店や、豊南市場というところがあり、そこが野菜がとにかく安いため」(24歳女性)

  • 「近くに豊南市場があり、物価が安く生活費を抑えることができる」(66歳女性)

3位にランクインしたのは庄内でした。駅近くには、新鮮な商品を格安な価格で販売する豊南市場が立地しています。

 

2019年6月に直営店エリアが閉店しましたが、テナントエリアの28店舗は営業を継続中です。

尼崎の都市風景

選んだ理由

  • 「物価が安く商業施設が充実、通勤も便利で利用しやすい」(41歳男性)

  • 「近年開発がされていて新しい商業施設が多い」(43歳女性)

  • 「商店街等の商業施設が多く、競争原理が働いていると思うので」(60歳男性)

  • 「物価が安くて利便性に富み、交通費も抑えられる。若い世代が多く駅周辺も活気がある」(70歳女性)

4位にランクインしたのはJRの尼崎です。1位となった阪神本線の尼崎と名前は同じですが、距離は約2.5㎞と離れています。JRの尼崎駅の駅前には、北口とデッキで直結するあまがさきキューズモールのほか、プラストいきいきなどの商業施設があります。

 

また、神戸線は普通、快速、新快速が停車し、東西線や宝塚線も利用できる 交通利便性の高さも支持される理由となっています。

天下茶屋駅西口

選んだ理由

  • 「商店街があり、駅前に安い店舗が多い」(57歳男性)

  • 「商店などが密集しており、物価も少し安いイメージ」(32歳女性)

  • 「昔ながらの風情を残した下町」(60歳男性)

  • 「すべての物価が安い」(61歳男性)

5位に選ばれた天下茶屋は、大阪メトロ堺筋線・南海線、南海高野線の3路線が利用可能。

 

駅の東側には、天下茶屋駅前商店街などの商店街があり、下町らしい雰囲気です。西側にはカナートモールがあり、24時まで営業するスーパーのイズミヤなどが入っています。

6位 十三(大阪府) 322点
7位 鶴橋(大阪府) 319点
8位 千林(大阪府) 318点
9位 明石(兵庫県) 263点
10位 天満(大阪府) 203点
11位 加古川(兵庫県) 202点
12位 玉出(大阪府) 199点
13位 大正(大阪府) 196点
14位 新長田(兵庫県) 182点
15位 尼崎センタープール前(兵庫県) 177点
16位 動物園前(大阪府) 166点
17位 姫路(兵庫県) 156点
18位 京橋(大阪府) 152点
19位 淡路(大阪府) 131点
20位 大国町(大阪府) 129点

「生活費が安い街」として上位にランクインしたのは、大阪の都心にアクセスしやすいなど、交通利便性が高い街でありながら、物価が安いところが多くを占めていました。

 

昔ながらの商店街がある街は、格安で商品が販売されていたり、安いグルメが楽しめたりする傾向があるようです。

調査実施期間

2019年11月29日 ~ 2019年12月3日

 

調査対象者

18 ~ 74歳男女

大阪府、兵庫県、京都府の居住者を対象とした

 

調査方法

インターネット調査

 

有効回答者数

22,707人

 

集計方法

実際の都県×性×年代の人口構成比に合わせ、回収数にウェイトバックを実施

「街(駅)」の回答は、入力した文字から合致する候補を提示し、その中から1つを選ぶ選択式設問形式

 

調査主体

株式会社LIFULL

 

ランキングの利用や掲載についてはこちら

 

公開日: