注文、戸建て、マンションで満足度が高い住まいはどれ?

今回購入した家に対する総合的な満足度を尋ねたところ、注文住宅、新築分譲一戸建て、新築分譲マンションのいずれも「非常に満足している」「やや満足している」の満足層が7割を超え、満足度が高い結果となりました。しかし内訳は、住まいのタイプによって少々異なっています。

Q26住まいのタイプ別に見た、購入した家に対する総合満足度 【単一回答】
住まいのタイプ別に見た、購入した家に対する総合満足度 【単一回答】

「非常に満足している」人の割合が最も多かったのは新築分譲マンションでした。一方で新築分譲一戸建てでは約10ポイント下回ります。新築分譲一戸建ては「どちらともいえない」を含めると、他の住まいのタイプに比べてやや満足度が低めの結果に。

それではもしやり直しができるとしたら、今度は同じ家を購入するのでしょうか。

やり直せるとしたら同じ家を購入する?

「間違いなく同じ家を購入すると思う」という回答は注文住宅において、19.2%と最も多く見られました。「おそらく同じ家を購入すると思う」まで含めると、新築分譲マンションで73.6%と同じ家を購入すると思う人が多い結果となりました。一方で、新築分譲一戸建てにおいて、同じ家を購入すると思う派がやや少ない傾向が見られました。新築分譲一戸建てでは、満足度も他の住まいのタイプに比べてやや低い傾向が見られました。それも影響した結果と言えるのかもしれません。

Q27住まいのタイプ別に見た再購入意向 【単一回答】
住まいのタイプ別に見た再購入意向 【単一回答】

ではどうすればよかったと考えているのでしょうか? 最後に、最初からやり直したとしたらどうするか聞いてみました。同じ家を購入すると回答した方からも、違う要望がいくつも挙がりました。

注文住宅:もっと主張すればよかったと後悔する人が多数

もっと自分の意見を主張したい
もっと自分の意見を主張したい

■もっと自分の意見を主張したい
「人の意見を聞きすぎるのは良くない。結局自分のわがままを通した方が愛着が湧いたり気に入ったりする」(35歳男性)
「とにかく自分が作りたい家の完成図をメーカーに渡して、極力近づけてもらう」(36歳女性)
「主人に負けずもっと意見を通したい」(42歳女性)

■既製品でよかった?
「設計士は自分のこだわりを押し付けやすい。メーカーで決まったものにすればよかった」(40歳女性)

■信頼できる方に設計を
「建築家との打ち合わせを何度も重ねて、デザイン重視の家を建ててみたい」(46歳男性)
「自分の意見を設計に活かしてくれる設計士さんとじっくり住みやすさを追求して、建てたい」(43歳女性)

注文住宅では、自分の要望よりも設計士さん等の意見に押し切られてしまい、後悔している人が続出しました。だからこそ、きちんと意見を聞いてくれそうな会社を見つけることが重要と感じている人がいるようです。

他にはこんな人も・・・。

■注文住宅以外も検討
「地下鉄近郊、子供の保育園近郊で中古物件」(39歳女性)

■もっとここを見直せばよかった
「採光を考えて土地を選びたい。外回り、特に自転車置き場のことをちゃんと考えたい」(37歳女性)
「外構に力を入れて、子供たちが勝手に入ってこないような造りにしたい。シュークローズやウォークインなど、収納スペースに力を入れたい」(37歳女性)
「理想だけでなく実用性をもう少し考えたうえで間取りを考える」(31歳男性)

■知識を身に付けたい
「家事動線や収納などをすべてこちらが主導で打ち合わせに持っていくために、電気配線などの知識を得ておく」(35歳女性)

■とにかく虫が嫌
「虫が少ない地域を探し、そこに土地を買いたい」(25歳女性)

新築分譲一戸建て:周辺環境や近隣の方は重要

続いて新築分譲一戸建てを見ていきましょう。

隣近所との距離は気になるもの
隣近所との距離は気になるもの

■周辺環境や近隣の人を確認しておきたい
「とにかく密集地はやめる」(37歳女性)
「近隣の人を事前に調べておく」(41歳女性)
「周辺環境も含めて情報収集し、同世代の人がもう少しいる地域で選ぶと思う」(32歳女性)
「もっと見学して本当に納得のいく場所にある家を買えるようにしたいと思います」(26歳男性)

■もっと資金計画を綿密に
「もっと資金をためてから購入するか、実家をリフォームして暮らすようにするとおもう」(41歳女性)
「予算を決めた後すぐに住宅ローンの相談をある程度進めてから、物件探しを行う」(41歳女性)

■耐震構造を把握したい
「設計図をしっかり確認して、耐震構造がしっかりとれている家を選ぶと思う」(31歳男性)

■もっと時間をかけたい
「進め方は変わらない。時間の掛け方が伸びるだけだと思う」(49歳男性)

住んでみたら近隣に、自分たちよりも世代が上の家族が多かったという人も。新築分譲一戸建ては注文住宅に比べて価格が安いことが多いですが、隣近所との距離が近かったという人も多いようです。ご近所付き合いは住んでから始まるもの。あらかじめ周辺にどんな人が住んでいるのかを見ておきたいですね。

新築分譲マンション:騒音や眺めを事前に想定しておきたい

騒音を事前に調べておこう
騒音を事前に調べておこう

■周辺の騒音を調べておく
「夜の周辺の騒音を事前に調べておく。担当者は夜は静かと言っていたが、静かな日もあるが、近くの飲食店が打ち上げなどでうるさい日もあるため」(20歳女性)

■家からの眺めが気になる
「同じマンションブランドで近所に眺めがよいものができたのでそちらを選ぶと思う。家からの眺めって意外と気になる」(39歳男性)

■さらに交渉力を磨く
「いろいろな物件を見てさらに価格交渉やオプションをつけてもらえるように努力すると思う」(40歳男性)

■好きな部屋を選びたかった
「もっと早く見に行って好みの部屋を購入してた」(36歳女性)

■マンションよりも戸建て派だった
「マンションではなく都心から少し離れても戸建てにする」(36歳男性)

他の住まいのタイプよりも比較的、利便性が良い場所にあることが多い新築分譲マンション。だからこそ、騒音が気になったり眺めがいまひとつなことも。

住まいのタイプを悩んでいる人や購入になかなか踏み出せない人は、まずは経験者の失敗談から見ていくのもいいのではないでしょうか。後悔にこそ、ヒントがたくさん詰まっています。

調査概要

【調査実施期間】2016年8月10日
【調査対象者】事前調査で「過去5年以内に、注文住宅、新築分譲一戸建て、新築分譲マンションのいずれかを購入した」と回答した人
【調査方法】インターネット調査
【有効回答数】720サンプル

記事の利用や掲載についてはこちら→ info-media@LIFULL.com

関連記事

資産価値はどちらが高い?マンションと土地付き一戸建てを徹底比較
【不動産プロが教えるマンション選び:自宅投資編】 資産価値が落ちにくい物件とは?
櫻井幸雄の誰も書かなかった新築一戸建て購入術
引越しを決める前に再確認!子育て世帯の住宅選びのポイント
備えあれば憂いなし?老後の住まいを見据えた住宅購入

公開日: