部屋干しの嫌な臭いも解消?! 快適部屋干し生活

フルタイムで働くアラフィフ主婦の私は、ほぼ毎日洗濯をしています。雨の日はもちろん、今は晴れているのに天気が悪くなりそうな日も。

きっと私と同じように、いろんな理由で部屋干ししている人は少なくないと思います。今回、その部屋干しに着目して、私流の「快適な部屋干しライフのポイント」をまとめてみました。あなたの部屋干しライフにも、ぜひ取り入れてみてください。

雨の日だって洗濯したい! 我が家の部屋干し事情とは?

我が家は夫と学生の子ども2人、そして私の4人で暮らしています。そんな我が家は、子どもの体操服や、部活のTシャツやタオルなどもあるので、洗濯物は毎日それなりの量があります。

汗で汚れた衣類を置いておきたくないので、私は基本的には洗濯はマメにしたいタイプ。晴れの日も、雨の日もほとんど毎日洗濯することになります。

そうなると、困るのはやっぱり雨の日。まずは、「どこに干すのか」「どんなふうに干すのか」の2つを押さえておきたいところ。

どうすれば快適に部屋干しできるのか。ひとくちに部屋干しといっても主婦にとってはなかなか奥が深い世界なんです。私はいろいろ試してみて、我が家の部屋干しの場所や方法が決まりました。そう、だいたいのパターンさえ決めてしまえば、こちらのもの! 忙しい出勤前でも、さっと部屋干しをして出かけています。

ただしここで、気を付けておくべきポイントがあることも、だんだんわかってきました。この押さえるべきポイントが「快適な部屋干しライフ」には大事なんです。もう梅雨の時期だって、花粉症で外に干したくないときだって、部屋干しのポイントさえ押さえておけば大丈夫です。

部屋干しライフの一番の悩み、それは気になる「臭い」

私にとって、いえ、部屋干しをする人にとっての悩みの種。

それは、部屋干ししたときにだけ発生する部屋干し臭です。晴れた日に外で干すとほとんど気にならないのに、部屋干しをするとなぜだか衣類やタオルの臭いが気になるときがあるんです。

「どうして部屋干しのときにだけ、臭いがするんだろう」私はなんとか快適に部屋干しをしたかったので、気になるあの臭いはどうやって発生しているのかを探りました。

部屋干しするときに発生する気になる臭い
屋外で干すときには気にならないのに、室内で干すと気になるあの臭い。

せっかく洗濯をしてきれいにしても、部屋干しをしてあの臭いがすると清潔でない気がして、晴れた日にまた洗い直しているときもありました。

その臭いの原因。それは雑菌とカビでした。

乾いていたらおとなしくしていて、湿っていると活発になるこの2つ。

洗濯物は、晴れている日に外で干すと、太陽の光と風で早く乾きますが、部屋干しすると乾くまでに時間がかかってしまい、雑菌やカビが増えてしまうのです。

太陽光には殺菌力があることも知られています。部屋干しでは太陽光も風もないため、雑菌やカビが増殖しやすい環境になりやすいのです。

そう、部屋干しするときの気になる臭いを防ぐには、雑菌やカビの発生を抑えるのが大事なポイント! ここはしっかり押さえておきましょう。さあ、原因がわかれば次はいよいよ対策です。ここからは、7つの方法を提案してみます。

部屋干しの臭いはこれで解決! 私がおすすめする7つの方法とは?

ではさっそく、私がおすすめする部屋干しの臭いの解決方法を7つご紹介します。

1.洗浄力の高い洗剤を使う

洗濯物に皮脂などの汚れが残っていると、それが部屋干し臭の原因になってしまいます。

洗剤に粉末酸素系漂白剤が入ったものを選ぶと、洗剤の洗浄力も上がり、軽く除菌効果も期待できるので部屋干しにはおすすめです。
(例:エコ洗剤 善玉バイオ浄JOEデオクリン)

2.除菌、抗菌対応の洗剤を使う

最近スーパーなどで見かけるようになりましたが、菌の繁殖を抑えたり、除菌や抗菌効果のある成分を配合した洗剤を使うことで、部屋干し臭を抑えることが期待できます。
(例:アタックNeo 抗菌EX Wパワー、抗菌剤配合 部屋干しトップ除菌EX)

3.粉末酸素系漂白剤を使用する

黒ずんでいると目で見てわかる衣類や、臭いがきついものがあれば、洗剤で普通に洗濯を済ませてから、粉末酸系漂白剤と約40度のお湯を使ってしっかり除菌・漂白します。

目で見えるレベルの黒ずみなどは、この方法がおすすめです。

4.セスキ炭酸ソーダでつけ置き洗い

最近流行りのナチュラル洗剤を使ってみます。

セスキ炭酸ソーダでつけ置き洗いすると、アルカリの働きで皮脂の汚れを落とすことができます。また、優しい抗菌力の働きも期待できます。

5.室内用物干し器具を利用する

エアコンの吹き出し口にかけるタイプのもの、突っ張りタイプのもの、軽く折りたためば移動しやすいものなどいろいろ種類があります。

部屋干しのときにだけ使うものや屋外でも兼用のものなど、お家のスタイルに合わせて利用してみてはいかがでしょうか。

6.サーキュレーターや扇風機を使う

サーキュレーターや扇風機の風で、短時間である程度まで乾燥させることができます。 

私は部屋干しをするときには、3~4時間タイマーをかけ、扇風機なら「強」にして回しておきます。

この方法を取り入れると、部屋干しの臭いの発生度合いが激減しました。

サーキュレーターなら、洗濯物の下側に置き、上に向けて風を送ると乾きやすいです。

7.エアコンの乾燥機能を利用する

最近のエアコンには、洗濯物の「部屋干しコース」があるものも出ています。冷風や温風が出るので乾きやすくなるだけでなく、風の向きも調整でき、タイマー機能もあるので、長時間湿った状態を回避できおすすめです。

今回紹介した方法などを駆使した上で、抗菌力のある洗剤、最近流行りのナチュラル洗剤であるセスキ炭酸ソーダや酸素系漂白剤など、上手に使いながら、衣類を菌やカビから守りたいですね。

そして、案外見落としがちなところ。それは、洗濯の最後のすすぎです。

このすすぎが不足すると、汚れが落ちきらず衣類に残ってしまうことになります。

いくら抗菌力のある洗剤を使ったり、早く乾かす努力をしても、衣類に汚れが残っていては本末転倒というもの。部屋干しのときには、いつもよりすすぎの水を多めにしたり、すすぐ回数を増やしてしっかりすすいで、衣類に汚れが残らないようにすることをおすすめします。

ご紹介した室内物干しなどの洗濯グッズも取り入れながら、洗剤との合わせ技で利用するのもおすすめです。我が家も併用して清潔な部屋干しライフをめざしています。

また洗濯物の干し方も工夫することで気になる臭いを防ぐことができます。

洗濯物の干し方の工夫

私は洗濯物の干し方も工夫しています。なるべく洗濯物に風が通りやすいように、洗濯物同士の間隔をできるだけあけて干すようにするんです。

洗濯物同士の間隔をあけることで、風の通り道ができ、衣類に直接風が当たるようになります。通気性が良くなって少しでも早く乾かすことができるので、雑菌の繁殖を防ぐことになります。

ここまでご紹介したことを、あなたのお家でもできる範囲で取り入れて工夫してみてくださいね。

快適な部屋干しライフに欠かせないものとは?

私が考える快適な部屋干しライフに欠かせないもの。

それは、洗濯物を手早く干せて、衣類の清潔さを保つことができる環境です。単純なことなのに案外難しいのは、室内の空間の確保や、ちょっとした工夫やアイデアが必要になってくるからでしょう。

朝の忙しい時間に手間をかけず、けれど衣類を清潔さを保ちつつ早く乾くように干したいという思いは、私だけではなく部屋干しライフを送るあなたも同じではないでしょうか。

毎日雨が降る梅雨の時期でも、快適に洗濯物を干すことができる2つの物件条件をご紹介します

室内に物干しスペースがある

意外と重要なのは、室内に洗濯物を干すスペース。
ハンガーラックやカーテンレールにかけることもできますが、準備もなかなか大変です。

室内物干しスペースがあることで、快適に部屋干しをすることができます。

浴室乾燥機付き

梅雨時期の他にも花粉症対策として、長期間部屋干しする方も多いと思います。

部屋干しのスペースを確保することができない、またお部屋に洗濯物を干すと、どうしても生活感が出てしまうため、浴室に干すこともおすすめです。

べじちゃん

べじちゃん

大阪在住のアラフィフ主婦。アトピー体質であることからナチュラル洗剤を取り入れつつ、グルテンフリーな食事も始めてみたり、ゆる~くナチュラルな暮らしを実践しています。フルタイム勤務で働きながらブログ「べじちゃん流ナチュラルな暮らし」を運営中。

※このページの内容は、2019年5月13日時点での情報です。掲載内容の実施に関してはご自身で最新の情報をご確認ください