江戸時代初期、ウグイスの放鳥が行なわれた

1830年に記された『新編武蔵風土記稿』では、江戸時代初期、1688~1704年ころの元禄年間に、上野寛永寺の門主がこの地に鶯を放ったのが鶯谷の名の起こり、としています。

当時の江戸では、ウグイスは珍しい鳥ではありません。それをわざわざ放鳥した理由は、飼っているウグイスの鳴き声をよくするため。周囲のウグイスが美声であれば、飼っているウグイスもその声を真似て美しく鳴くようになるとされ、平安時代ころから、京都の公家の間で行なわれていた風習です。現代の研究でも、野鳥の鳴き声は先天的なものではなく後天的に学習するものとされ、同じ種類の野鳥でも、地域によって鳴き声に違いがあることが指摘されています。平安貴族が行なっていた「美声のウグイスを放鳥して、飼っているウグイスに鳴き声の学習をさせる」のは、科学的にも正しいことなのです。

寛永寺の門主は親王などが京都から江戸へ下向して務めるのが慣例。そして「江戸のウグイスは鳴き声が武骨で訛りがある」と、京都からウグイスを運ばせ放鳥したのです。それにしても、門主が気に入らなかった当時の江戸の野生ウグイスはいったい、どのような鳴き方をしていたのでしょうか。少しばかり、気になるところです。

2)ホーム南側の高台には寛永寺墓地が迫る
ホーム南側の高台には寛永寺墓地が迫る

そもそも「鶯谷」とはどこ?

実は、「鶯谷」という駅名は、駅付近の地名によるものではなさそうなのです。そもそも「鶯谷」がどこにあったのかも、明確にはわかっていません。

1829年に徳川幕府がまとめた地誌書 『御府内備考』では、「谷中初音町」という項目の中で、「七面坂から南、御切手同心組屋敷の間の谷を鶯谷という」と記されています。『新編武蔵風土記稿』には、「谷中在町方分」という項目に、「信濃岩村田藩内藤氏抱屋敷の裏の坂を鶯谷という」と記されています。

どちらの史料も、主な地域名の紹介のなかで、坂道の名称として「鶯谷」が記されているだけです。しかも、これらの場所は鶯谷駅からかなり距離があり、隣駅である日暮里駅、あるいは2駅離れた西日暮里駅の方が近い場所です。この史料にある「鶯谷」を、駅名の由来とするには違和感があります。

もし、周辺の地名を駅名として採用するのであれば、駅南側一帯の「桜木」か、駅の所在地となっている台東区根岸の「根岸」。あるいは駅の東側一帯の「入谷」となります。どれも古くから知られた歴史的地名であり、駅名として採用されるにふさわしい地名となるでしょう。なのに、地元にはない「鶯谷」の駅名が採用されたということですから、そこには何か事情があったのかもしれません。

3)下谷エリアには昭和初期の長屋建築が現役で残っている
下谷エリアには昭和初期の長屋建築が現役で残っている

1日あたりの乗車人数は、山手線で最下位

鶯谷は、実は山手線の中の駅としての乗車人数のポジションは微妙です。

鶯谷駅の乗車人数は、2015年のデータでは2万4447人となっています。山手線29駅中の最下位で、ワースト2の目白駅(3万8008人)に1万4000人あまりの差をつけられ、他の追随を許さないダントツの最下位です。山手線で唯一、1日あたりの乗客数が3万人に満たない駅なのです。

乗車人数が少ない理由のひとつとして、「他のJR線や私鉄、地下鉄などに接続していない」ということがあります。こうした駅を単独駅といい、山手線では鶯谷駅のほか、目白と新大久保の両駅が単独駅です。そしてこの3駅が、利用者数の少ない駅のワースト3を占めています。
鶯谷には京浜東北線も停車するのですが、鶯谷で山手線から京浜東北線に乗り換えても隣接駅に変化はないので、乗換駅とはみなされないのです。
京浜東北線も日中は快速運転のため鶯谷には停車しないので、この駅に確実に停車するのは山手線の電車だけということになります。

また、鶯谷駅には、「みどりの窓口」がありません。みどりの窓口は、新幹線などの特急券や指定券などを販売する窓口。最近では自動券売機やスマホのアプリでこれらのきっぷが購入できるようになって、窓口を利用する人は以前よりは減っているようですが、そもそも窓口が存在しないのは都心の駅では少数派。山手線29駅のうち、みどりの窓口がないのはここ鶯谷のほかは新大久保のみ。利用者数が少ないということもあるのでしょうが、駅の構造も関係していると思われます。鶯谷は橋上駅。新大久保は高架下で大久保通りに面している駅。いずれもスペースが限られており、新たな窓口の設置が難しいと思われるのです。

(2016/08/08)