DIYで快適な生活空間をつくる! 暮らしのヒントがいっぱいのホームセンター活用術

中野に引越したらまず足を運びたいのが「島忠 中野店」。都心のホームセンターの中では抜群の品揃えを誇る。例えば押入の湿気対策に使いたい「すのこ」。サイズや素材別に15種類以上もあるから、自分の部屋の収納に合わせて選べる。キャスター付きもあって、押入れの出し入れが楽になる。

湿気対策に使える「すのこ」。工夫次第でいろんな使い方ができるのも魅力。ベランダに置いて観葉植物を飾ったり、ベッドの下に置いて湿気対策と収納に、重ねて一枚板を置いたらテーブルに・・など自分なりにアレンジしてみて。

DSC_7625
島忠 中野店
1
湿気対策に使える「すのこ」。/ 引越したら真っ先に買うのが収納ボックス。高さや幅など部屋のサイズによって選べます。

住まいをお手軽に変身させるグッズが人気

古い物件が多い中野。「リフォームしているため、扉など見た目はクローゼットでも、実は押入れのリフォームという収納が多いんです。クローゼット用が欲しいというご要望には、サイズに間違いがないか確認します」とスタッフの三戸さん。古い和室を洋風に変えたい、との要望も多く、畳の上に敷くだけで簡単にフローリングにできるウッドカーペットが人気だそう。
取材チームが驚いたのが、障子紙の豊富さ!桜の花柄や格子柄など、障子紙がインテリアのひとつになりそうなほどおしゃれ!

DSC_7579
床に敷くだけでフローリングになるウッドカーペットは人気商品。
DSC_7583
障子紙の種類も豊富

DIYにチャレンジしてみよう

新しい暮らしをきっかけにチャレンジしたいのは「DIY」。
2×4(ツーバイフォー)木材専用のジョイントパーツを買えば、あとは店内で販売されている2×4木材とドライバーだけで、自分オリジナルのシェルフが簡単に作れる。DIYコーナーの木材は、店内でカットもしてくれる。実際に部屋に置いた姿をイメージしながら、自分で家具を設計するのって、とっても楽しそう。
女性でも簡単にDIY! 好みの木材を組み合わせるだけでオリジナル家具が作れます。

賃貸の部屋の退去時に役に立ちそうなグッズを発見!フローリングの少しのキズなら自分でもなおせそうです。

2
島忠中野店では、購入した木材を好みの長さにカットしてくれます。(有料)
3
組み合わせて使えるシンプルな木製ボックス。階段のように組み合わせて本棚にしても良いかも。

一人暮らしでも安心の防犯・防災用品も揃ってる

防災用品は、一式をセットにしたものやバラ売りもあって、品揃えが豊富。持っているけど押入れにしまいこんでいるという人も、これを機会に不足がないかチェックしてほしい。防犯グッズもいろんなタイプが揃うから、一人暮らしの女性に心強い。

DSC_0052
防犯グッズも大充実。ドアや窓のタイプに合わせて最適な防犯グッズを選んで。

島忠 中野店

住所: 東京都中野区中野2-10-11
営業時間: 10時~20時
休み: なし

1階がホームセンター、2階が家具売り場。大きな荷物は有料で配送可。往復1時間以内で戻れる場合のみ、無料で小型トラックレンタルのサービスも。詳しくはお店に問い合わせてみて。

DSC_0076
ベランダでも育てられるハーブ類。緑に癒されて、育てて食べられて一石二鳥。香りが強いので害虫があまり寄ってこないとか。

23区内で人口密度第2位の街! 東西南北で変わる住宅街の雰囲気

駅前はとにかくいつも人が多い! サラリーマンや年配女性達のグループ、学生など、世代も職業もバラバラなのが印象的。街を見ると、北口はサンモールやブロードウェイの商店街、東側に飲み屋街、さらに東は築30年以上の古い木造家屋が多い住宅地が続く。駐車場完備の低層マンション、会社の寮などもちらほら。道も狭い。
北口に飲食店街は小さなお店がひしめきあっています。中野に引越したら、外でのごはんはバラエティ豊かに楽しめそう!

一方西側は、塀に囲まれていた警察大学校跡地が再開発され、開放的な街として生まれ変わったエリア。大学や大手企業の本社などが入る真新しい商業ビル、公園ができ、東西連絡路を行き来する人の流れが絶えない。

4
中野駅の様子。どの時間帯も人がいっぱい!中野に引越したら、まずはその人の多さにびっくりすると思います。/ 北口に飲食店街の様子

迷路のような住宅街

南口、中野通りの東側は、駅近くに歓楽街、銀行などがある。さらに東は住宅街。古い都営住宅や一軒家が目立つ。南側を東西に走る大久保通りに向かって、うねった小径の下り坂が続き、迷路のようになっている。
中野の住宅街は細い道が入り組んでいるので、引越し直後は迷わないように気を付けて!南側は特に坂道も多いので自転車利用は覚悟を!

中野通り沿いはマルイなどの高層ビルが建ち、そこから西に登る「レンガ坂」には個性的な飲食店が並ぶ。坂の上の一角には、高級住宅街も。そこから南・南西に行くと小さな木造家屋や単身者用のマンションが多い住宅密集地となっている。

中野駅近くには懐かしい雰囲気の団地もあります。棟間隔が広くて豊かな植栽は団地ならではの風景ですね。

5
入り組んだ路地と団地
DSC_0295
レンガ坂の様子。夜は素敵な飲み屋街になります。

新宿まで5分! 中野の魅力は都心であること!

JR中野駅は、新宿まで中央線(快速)で1駅4分。総武線なら中野始発もある。地下鉄東西線が乗り入れていて、地下鉄なのにホームがJRと並んでいるのが便利。終電が遅いのもポイントで、中央線(各停)は新宿発が深夜1時1分(2013年4月19日現在)。深夜のタクシーだと、新宿から2000円前後で中野へ帰れる。

大久保通りの南に位置する青梅街道沿いには、丸ノ内線の新中野駅や東高円寺駅がある。JR中野駅まで歩ける距離なので、そちらの住民がJR中野駅を利用することも多いそう。駅前が常に人でにぎわっている理由のひとつかも。

※2013年04月25日の情報です。最新の情報は訪れる前にご確認ください。

■関連記事

DIYに挑戦!ホームセンターで花台作りをしてみる。
DIY可の賃貸物件のときに注意したいこととは?探し方から契約の仕方
壁をダイナミックに塗る! 「ポーターズペイント」で色とたわむれながら、ストレス解消する休日
家賃抑え目でもインテリア次第で豪華に!新婚生活にぴったりな間取りとインテリア
居心地のいい部屋をつくる インテリアの選び方

DSC_7635_2
こちらは有名な中野五差路交差点。歩行者も車の交通量も終日多いことで有名なんです。

公開日: